Circlepost Member

リースリングにおけるMLFの実施をどう考えるか

投稿日:

先日Twitter上で、リースリングのMLFについてのPostをしました。

 

 

リースリングといえば酸が特徴的なブドウ品種でもあるので、酸を抑えてしまう方向に動くMLFはしないものと思われている方も多いと思います。しかし、上記のPostにも書いているようにMLFを行ったリースリングも世の中には存在しています。

今回はこの、「リースリングワインの醸造におけるMLF実施の意味」について思うところを書いていきます。

 

ここから先はNagiが主宰するサークル「醸造家の視ているワインの世界を覗く部」メンバーの方のみご覧いただけます。

こちらの記事およびサークルにご興味をお持ちいただける方はぜひ覗いてみてください。皆さんのご参加をお待ちしております。

▼サークルへのご参加はこちらから

https://note.com/nagiswine/circle



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当は ...

2

ドイツに住んで、ワイン関係の立場にいるとちょくちょく日本からの観光客の方からこんな質問をいただきます。まぁ、一般的な日本人からすればドイツと言えばビールにソーセージ、そしてサッカー。ワインのイメージな ...

3

まず皆さんに質問です。   世界的に見て、最も造りにくいワインといえばどんなワインかわかるでしょうか?   例えば、ドイツワインを見てみましょう。 今までにも何度か見てきたように、 ...

-Circlepost, Member
-, , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld