Circlepost Member 発酵 醸造

自然発酵における注意点 | 天然酵母をどう使うか

投稿日:

先日、こちらので記事で乾燥酵母と野生酵母について触れました。

酵母はワインの味を「変えて」しまうのか

写真はこちらのサイトのものをお借りしました <https://www.sciencenews.org/article/scientists-move-closer-building-synthe ...

続きを見る

 

記事でも触れている通り、野生酵母の選択はあくまでも醸造手段の一つです。ですのでこの選択肢を選ぶこと、もしくは選ばないことに決まった理由はありません。その時のブドウやその果汁の状態を見たうえで造ろうとするワインのスタイルを考え、そのためにベストと思われる選択肢を都度、選び取っていくにすぎません。私も一部のタンクでは野生酵母を使った自然発酵を取り入れています。

今回は実際に私が2020年のワイン醸造で野生酵母を使った自然発酵を行った事例を参考に、天然酵母を使用する場合の醸造的な注意点を中心に具体的なお話をさせていただこうと思います。

 

ここから先はNagiが主宰するサークル「醸造家の視ているワインの世界を覗く部」メンバーの方のみご覧いただけます。

こちらの記事およびサークルにご興味をお持ちいただける方はぜひ覗いてみてください。皆さんのご参加をお待ちしております。

▼サークルへのご参加はこちらから

https://note.com/nagiswine/circle



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

この記事を執筆するにあたりまず一番先に書いておかなければならないことがあります。それは、筆者は「アンチ自然派」と呼ばれる類のいかなる派閥にも属しておらず、「自然派ワイン」が極端に嫌いなわけでもないとい ...

2

  ワインの味はブドウの味であり、その味は畑で作れらます。だからこそワインメーカーは畑での仕事に力を入れるのです。 しかし、ワインの味はケラーで作られるものでもある、ということはご存知でしょ ...

3

Foto: bitt24/Shutterstock ドイツの冬といえば、グリューワイン(Glühwein)がとても有名です。 特にドイツ各地で開かれるクリスマスマーケットでは無くてはならない定番のもの ...

-Circlepost, Member, 発酵, 醸造
-, , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld