ワイン

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)"の内容に基づいて書かれています

 

生き馬の目を抜くようなペースで世の中の嗜好が変化をしていっている昨今、どんなに愛されてきた長寿ブランドであっても長くても10年周期で商品をリニューアルしていくことが必須だと言われています。

この一方で、ブランドは変化を余儀なくされていたとしても、そのブランドが属しているカテゴリーは長いこと変化をしていないことはよくあります。「ワイン」はこの「長いこと変化していないカテゴリー」の中でも特に長い歴史を持つものの一つと思われているのではないでしょうか。

 

実際には「ワイン」というカテゴリーもその長い歴史の中では定義の変化を含めて大小さまざまな変化をしてきています。またその変化の道筋はワイン法の歴史に見て取ることができます。

それ以外にも各国や地域で同じ「ワイン」カテゴリーであってもその意味が違っているケースは多くあります。

 

「ワイン」というカテゴリーは各時代と場所によって、その意味も定義さえも変化し続けてきているのです。そして今、その定義がまた大きく変わろうとしています。

 

ワインの概念を牛耳る欧州での変化

本題に入る前に少しだけ寄り道をします。

少し細かい話ですが、カテゴリーとしての定義とその単語を構成する一般的な概念が一致していないケースがあります。ワインはまさにこのケースに該当していると筆者は考えています。

 

ワインは長い歴史を持つアルコール飲料です。その歴史の大部分は欧州に根ざしており、ワインといえばヨーロッパ、その中でも特にフランス、と無意識に思い込んでいる場合も多いのではないでしょうか。

 

このためにフランスもしくは欧州のルールがそのままワインとしての世界共通のルールと思われる場合がありますが、これは違います。

ルールは何かしらの公的な規制に基づいて設定されるもので、それはワインでは多くの場合、ワイン法によって定められています。これは概念ではありませんし、世界共通のものでもありません。あくまでもその法律が効力を持つ域内でのみ通用する、いわばローカルルールです。

 

しかしここがワインの面倒な部分でもあるのですが、前述のようにワインの概念的な部分は世界中の多くの人にとって欧州に根ざしています。世界中の国々で施行されているワイン法の多くが欧州のそれに倣ったものになっているのもそれが故です。

 

本来は世界中でその意味が違っていてもおかしくはなかった「ワイン」という言葉が世界の共通言語として成り立っているのは偏に、長い歴史とそこで積み重ねた経験と実績を背景に圧倒的な存在感を持つ欧州がこのカテゴリーの実質的な支配権を持っているためでもあります。

 

本来は参考対象にしか過ぎない存在が、実質的に実用面を支配する存在になっているのです。

 

そして現在、この世界の参考対象にしてカテゴリーの本丸をなす存在がその軸足を変える、決して小さくない一歩を踏み出そうとしています。

 

 

ワイン法の改定内容

EU農相とEU議会との会談が行われ、EUのワイン法の一部改定が話し合われました。現時点では決定事項ではありませんが、その内容は一部に非常に重要なものを含んでいます。

今回の議題として上げられているのは以下のような内容です。

 

  1. ラベル表示義務内容の変更
  2. ブドウの新規植え付け許可制度の延長
  3. 対象ブドウ品種の拡大
  4. ノンアルコールワインの取り扱い
  5. 補酸の容易化
  6. アルコール濃度規定

 

この中でも特に重要と思われるのが、ラベル表示義務内容の変更、ブドウ品種の拡大、そしてノンアルコールワインの扱いです。

実はこれらは非常に大きな内容でありながら、一部では今更感のある内容でもあります。なぜなら、一部はすでにこれまでにも自主的に、また一部ではすでにそれに近しいことが事実上行われてきているからです。つまり今回の動きはこうしたすでにはじまっていた動きを法的に明文化しようとするものとも捉えられるのです。

 

新たな表示義務

ワインのラベル上に新たに表示されるべき内容として、カロリー量と添加物が検討されています。

カロリー量はワインボトルに貼付されるラベル上に明記されなければならないのに対して、添加物リストは必ずしもラベル上でなければならないとはされておらず、ラベル以外の貼付物や2次元バーコードなどを利用してのインターネット上での表示も許可される方向で議論されているようです。

 

ワインは補糖 (チャプタリゼーション) への誤解や、残糖量との関係などから「ワインを飲むと太るのか?」との疑問の声をよく耳にします。こうした一般消費者の方が持つことが多いであろう疑問への解消という意味では、カロリー量の表示義務付けは決して悪いことではありません。

一方で、これまで明確には示されていなかった正確なカロリー量を目にすることで消費者の方の手が伸びにくくなる、もしくはそれに対応するために低カロリーを謳うワインが造られるようになる、という可能性は否定できません。またカロリーの測定は従来のワインの一般測定項目には含まれていませんでしたので、これを測定するコストや、従来のラボの機材での対応可否などは新たな仮題となってくるであろうことも想像されます。

 

ワイン用ブドウ品種の拡大

今回の改正議論における最大のポイントと言えるのが、ワイン用ブドウ品種の拡大です。

 

次のページ以降では以下の内容に沿って説明を続けます。

  • ワイン用ブドウ品種の拡大
  • ノンアルコールワイン用区分の新設
  • 今回のまとめ | 生産側だけに留まらない変化



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

Member コラム

2020/11/27

変わりつつあるワインの世界 | EUワイン法の視点から

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)"の内容に基づいて書かれています   生き馬の目を抜くようなペースで世の中の嗜好が変化をしていっている昨今、どんなに愛されてきた長寿ブランドであっても長くても10年周期で商品をリニューアルしていくことが必須だと言われています。 この一方で、ブランドは変化を余儀なくされていたとしても、そのブランドが属し ...

コラム 栽培

2020/10/24

ワイン造りを取り巻く環境 | 果たして変わらないものはあるのか

同じ畑で収穫された同じ品種のブドウを使って造った収穫年違いのワインを飲み比べてみるテイスティングの方法を、「垂直試飲」といいます。この垂直試飲の目的は2つです。 1つは新しい年のワインと古い年のワインとを比較して、その畑のブドウから造られたワインの熟成の仕方や癖を知ること。そしてもう1つが、各年の気候の違いなどがブドウに与えた影響と、その結果としてワインにどのような違いが出たのかを知ることです。 私はワインを造っている仕事柄、この垂直試飲を比較的よく行います。そうした中で、最近、自分はこの垂直試飲を通して ...

Circlepost Member

2020/10/9

酵母はワインの味を「変えて」しまうのか

写真はこちらのサイトのものをお借りしました <https://www.sciencenews.org/article/scientists-move-closer-building-synthetic-yeast-scratch> 連日、ワインの醸造を続けています。 ドイツ国内、もしくは私が所属するワイナリーと同じ地域のワイナリーでもすでに収穫収量の声があちらこちらで聞こえ始めており、我々も来週には2020年の収穫を完了させる予定でいます。今のペースで行くと、ケラー内のワインがすべて発酵を終え ...

Circlepost Member

2020/10/2

リースリングにおけるMLFの実施をどう考えるか

先日Twitter上で、リースリングのMLFについてのPostをしました。   行わない、なら分かるけど、行えない、と言ってしまうのは違うかな... <RT 実際のところはMLFしているリースリングもあります — Nagi@ドイツでワイン醸造家 (@Gensyo) September 25, 2020   リースリングといえば酸が特徴的なブドウ品種でもあるので、酸を抑えてしまう方向に動くMLFはしないものと思われている方も多いと思います。しかし、上記のPostにも書いているように ...

醸造

2020/9/26

ワインにおけるアルコール度数の調整 | 加水を考える

気候変動の影響で地球全体で気温が上がり、それにともなってワイン用のブドウの生長が速くなってきています。 冬が暖かくなったためにブドウの芽吹きが早まり、さらに暑い夏を通して今まで以上に熟したブドウを収穫できる。なんとも夢のある話に聞こえますが、ワイン造りの現場ではこの一見いいことのように思える動きに頭を抱える機会が増えてきています。   それが、ブドウの過熟によるワインのアルコール度数の上昇です。   年々早まる収穫の時期 本日のリースリング まさか10月の声を聞く前にこんなに熟したリー ...

Member ワイン

2020/9/13

Rieslingに特徴的な香りを考える | モノテルペンとノルイソプレノイド

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。 引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。 ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。   一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香 ...

Member 醸造

2020/9/5

アスコルビン酸の添加がワインに及ぼす影響

先日公開した記事「ワインのオフフレーバー | UTA / ATA」で、まだ若いはずの白ワインで熟成したようなニュアンスを感じたらそれはUTAと呼ばれるオフフレーバーの1つかもしれない、というお話をしました。 またこの際に、UTAを回避するための対策の1つとしてアスコルビン酸を添加する手法を紹介しています。 ワインのオフフレーバー | UTA / ATA ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることに ...

ワイン 栽培 醸造

2020/9/5

ワインのオフフレーバー | UTA / ATA

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当はもう少し寝かせておいた方がいいと分かっていながらもついつい我慢できずに取り出してきたのがこのワイン。まだ早いんだろうなぁ、と頭の片隅で考えながらもコルクを抜いて、さぁお楽しみの時間!と思ったらなんだか違う。 まるで何年も寝かせていたような、酸化したようなニュアンスがある。自分の保管方法が悪かったのだろうか?ち ...

ワイン

2020/8/11

[速報] ブドウの収穫が開始 | 2020年ハーヴェストの幕開け

Foto: DWI 熱波の影響で30℃後半の気温が続く暑いドイツですが、本日、さらにホットなニュースが駆け抜けました。 DWI(Deutsches Weininstitut / Wines of Germany) によると、本日8月10日にプファルツのヴァイゼンハイム (Weisenheim) という町で今年最初のブドウの収穫が行われたというのです。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マ ...

Free ワイン

2020/8/3

参考図書: ワイン法関連

こちらのサイトやnote上にて公開している記事のいくつかでワイン法に関する内容を取り扱っています。 「日本ワイン」という呼称はガラパゴスの入り口な気がする|Nagi@ドイツでワイン醸造家|note 最近の日本ではワインがブーム。かなりの数のワイナリーが毎年新しく起ち上げられ、この業界に関わろうとする方々の数もまさにう… https://note.com/nagiswine/n/n574bcdf4084a 一方で、筆者自身は造り手として必要となるワイン法の知識は修めていますが、専門家と言う訳ではありません。 ...

© 2020 Nagi's Wineworld