Keber Kolling | ケーバー コーリング

更新日:

多品種のぶどうを栽培する、ナーエのワイナリー

私達のワイナリーはナーエにある小さな町、ゾンマーロッホにあります。

8haのブドウ畑を所有しており、ECOVINの定める規則に則った有機栽培によるぶどうの栽培を行っています。除草剤や化学農薬は一切用いていません。ぶどうの垣根の間には畑の土壌環境を改善し、かつ益虫たちがより多く生息できるように、花々の種をまき、育てています。

 

フィロソフィー

有機栽培に基づいたぶどう畑での作業、そして十分に管理した上で極力手を入れないワイン作りが私達のフィロソフィーの中核となっています。自然を理解し、その摂理を知ることで我々は高品質のブドウを栽培、収穫しています。また、これらの取り組みはブドウ畑における植物や動物、昆虫そして微生物の多様性を実現することにもつながっています。

私達のワインはセラーにおいて静かに、十分な時間をかけながら熟成され、より高いレベルで調和したものとなっていきます。

 

ワイン

自然に寄り添い、自然と調和した中で健康に成長した私達のブドウは高品質のワインを生み出す最高の原料となります。高品質の実だけを選んで収穫し、可能な限り丁寧に加工していくことで、私達はブドウが持ちうるすべてのポテンシャルが引き出し、個性的で滋味の溢れる、最高の味わいを持ったワインとして仕上げているのです。

 

ワイン紹介

2019/8/5

2018 SommerChiller

Keber Kolling | 2018 SommerChiller | 白、辛口 ワインData ワイン: 2018 SommerChiller タイプ: 白、辛口 ブドウ品種: Cuvée (多品種混合) 産地: Nahe / ナーエ 年代: 2018 等級: QbA 残糖, 総酸量, アルコール度数: 5.5 g/l, 5.5 g/l, 11.5 %      

ReadMore

2019/8/5

2018 Würzer spätlese Roxheimer Berg

Keber Kolling | 2018 Würzer spätlese Roxheimer Berg | 白、甘口 ワインData ワイン: 2018 Würzer spätlese Roxheimer Berg タイプ: 白、甘口 ブドウ品種: Würzer 産地: Nahe / ナーエ 畑: Roxheimer Berg 年代: 2018 等級: spätlese 容量: 750 ml 残糖, 総酸量, アルコール度数: 73 g/l, 5.8 g/l, 9.5 %    

ReadMore

2019/8/5

2017 Sommerlocher Weissburgunder trocken

Keber Kolling | 2017 Sommerlocher Weissburgunder trocken | 白、辛口 ワインData ワイン: 2017 Sommerlocher  Weissburgunder trocken タイプ: 白、辛口 ブドウ品種: Weissburgunder / Pinot Blanc 産地: Nahe / ナーエ 地域: Sommerlocher 年代: 2017 等級: QbA 残糖, 総酸量, アルコール度数: 4.2 g/l, 7.3 g/l, 13.0 ...

ReadMore

2019/8/5

2017 Steinrossel Riesling Auslese

Keber Kolling | 2017 Steinrossel Riesling Auslese | 白、甘口 ワインData ワイン: 2017 Steinrossel Riesling Auslese タイプ: 白、甘口 ブドウ品種: Riesling 産地: Nahe / ナーエ 畑: Steinrossel 年代: 2017 等級: Auslese 残糖, 総酸量, アルコール度数: 100.5 g/l, 10.7 g/l, 8.0 %      

ReadMore

 


ワイナリー詳細


ワイナリー名: Keber Kolling

地域: Nahe / ナーエ

ブドウ畑の所有面積: 8 ha

その他: Ecovine 認定取得

コンタクト:

所在地: Schulstraße 6, 55595 Sommerloch, germany





あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.