ライター

Masato Nagasawa (Nagi)

ワイン醸造家 / ブドウ栽培家 (エノログ)

ワインをきちんと知ったのはドイツに来てからという異色な経歴を持つ醸造家。

「ワインは所詮は酒であり、嗜好品の一つにすぎない」が口癖。嗜好品だからこそワインは美味しくあるべきだし、ワインメーカーはそこにこだわりを持たなければならないというのがワイン造りにおける行動原理。

周りからはアンチ自然派ワイン側にいると思われているが、実際は美味しければそこへのこだわりは全くもっていない。

 

ワインの”ワ”の字も正確には知らないまま一念発起してドイツのガイゼンハイム大学(Hochschule Geisenheim University)でワイン用ブドウの栽培学とワイン醸造学を学ぶために2013年秋に渡独。

2014年年初に大学入学資格のための条件となるドイツ語試験に合格後、Sylvanerのプロフェッショナルとしてその名を知られるラインヘッセンのワインメーカー、Michael Teschkeの元で研修を行う。

在学中にはドイツ国内をはじめ、ギリシャやニュージーランドのワイナリーで研修を行い、近代的なワイン造りのメソッドに加えてアンフォラを使用した古代ワイン造りについても知見と経験を持つ。

同大学を2018年2月に卒業。卒業論文のテーマは「Untersuchung zum Einfluss der Traubenlagerung auf die Weinqualität (ブドウの保管がワインの品質に与える影響について)」。

 

卒業後はナーエ産地に拠点を置くVDP所属ワイナリーであり、800年以上の歴史を持つドイツで最古の個人所有ワイナリーにエノログとして勤務。

主にブドウの栽培と醸造を担当。

 

その一方で、フリーランスとしても活動中。

ワインに関する質問やドイツワインの購入代行、ドイツ国内でのワインツアーのアテンドからブドウ栽培、ワイン醸造などに関する相談も承っています。

どんなことでもお気軽にご連絡ください。

 

このライターの書いた記事を見る

 

ご質問、ご相談はこちらから

 

Yoshiyuki Okumura

吟遊酒人

京都大学農学部卒。ViniferaEuroMaster (Vinifera MSc) 在学。

ワインを趣味にすべく20歳でJSAワインエキスパートを受験したが、経験値が足りなかったため2次試験を突破できず一時断念。学部時に土壌学研究室で土壌の研究を経たのち、Vinifera MScへと交換留学生として参加し、その後編入を果たす。

フランスのモンペリエ、ボルドーおよびドイツのガイゼンハイムにて教養課程を終え、現在ポメリーの傘下であるDomine Royal de Jarrasにて修士論文の研究を行っている。

研究内容は「ロゼワインにおける光量とピラジン量の関係」

客観的な事実、データに基づく解釈をベースとした記事を執筆し、科学に基づくワイン造りを推奨すると共に、日本ワイン業界全体の科学への入り口を広げることも目標としている。一方で科学の限界も感じており、官能評価の重要性を説くことも多い。

卒業後は一度ワインからは少し離れ、日本酒学を1から学ぶことを目標としていますが、日本ワイン業界を下支えする活動も行っていきます。

ワイン会、リサーチ業務、講座等のご依頼がありましたらこちらから。

資格:WSET Advanced、土壌医検定2級、簿記2級

 

このライターの書いた記事を見る

 

ご質問、ご相談はこちらから

Copyright© Nagi's Wineworld , 2019 All Rights Reserved.