醸造

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。

引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。

ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。

 

一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香りの幅が広いせいか、特徴的である割に特定しにくい、分かりにくい、と思われている方も多いように感じます。

筆者自身もドイツに居住し、リースリングを主体としたワイナリーに勤務して日常的にリースリングに触れていますが、いざその特徴を端的に説明しろ、と言われると少々、戸惑います。

 

 

そこで今回は、リースリングに特徴的な香りの成分を化学的な面からみていきます。

主役はMonoterpen (モノテルペン) 類とNorisoprenoid (ノルイソプレノイド) 類。横文字が多くなりますが、どうぞお付き合いください。

 

ワインの香りと化学物質

ワインには多くの香りが含まれていますが、それらの香りはすべて、化学物質に由来しています。

ワインに含まれる香りのもとになる化学物質は1000種類を超えると言われていますが、その中でも重要なものとして次の3種類が挙げられます。

  • Isoprenoide (イソプレノイド)
  • Methoxypyrazin (メトキシピラジン)
  • Mercaptan (Thiol) (メルカプタン / チオール)

今回の記事で取り上げるモノテルペン類とノルイソプレノイド類はどちらも上記のイソプレノイド系の化合物に分類されています。また、メトキシピラジンやチオールについては別の記事で扱っていますので、ご興味ある方はそちらも参考にしてください。

ワインにおけるメトキシピラジン量と環境要因

はじめまして。 読者の中にはもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 Nagi's Wine Worldのライターとして招待して頂いた奥村嘉之と申します。 詳しいライター情報はライター一覧 ...

続きを見る

メンバー限定記事 | チオールと銅の関係

こちらの記事はNagiが主宰するサークル「醸造家の視ているワインの世界を覗く部」メンバーの方限定の記事となります。 こちらの記事およびサークルにご興味をお持ちいただける方はぜひ覗いてみてください。 ▼ ...

続きを見る

 

なお、面倒くさいのですが、モノテルペン類にしてもノルイソプレノイド類にしても「~ 類」と書いているようにある特定の化学物質を指しているものではなく、ある特徴をもった化学物質の群を意味する総称です。

 

マスカット系品種に特徴的なMonoterpen類

モノテルペン類、もしくはモノテルペンアルコール類と呼ばれる群に属する化学物質の中で特にワインにおいて重要なのがlinalool (リナロール) とgeraniol (ゲラニオール) です。

 

リナロールはスズランやラベンダー、ベルガモット、オレンジ様の香りの原因物質であり、ワインに限らず香料として一般的に広く利用されています。

ゲラニオールはバラの香りをもつ化学物質です。ゼラニウムから発見された物質で、こちらも香水などに広く利用されています。

 

これらのモノテルペン類を多く含むブドウ品種ではマスカット香が強く感じられます。またアロマティック系品種と呼ばれるブドウ品種の多くもこのモノテルペン類を多く含む品種となっています。

モノテルペン類の含有量をブドウ品種ごとに測定した研究が1986年に行われており、その結果は以下のように報告されています。

マスカット系品種 (マスカット・アレキサンドリア、ゲルバー・ムスカテラーなど): > 6 mg/L
マスカット系品種以外のアロマティック系品種 (リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ヴィオニエなど): 1 ~ 4 mg/L
マスカット系の香りを持たない品種 (シャルドネ、ピノノワール、シラーなど): < 1 mg/L

 

フルーティーさを感じさせるNorisoprenoid類

ノルイソプレノイド類もしくはノルイソプレノイド誘導体と呼ばれる群で重要とされているのが、ß-Damascenon (β-ダマセノン)、ß-Ionone (β-イオノン)、そして1,1,1-trimethyl-1,2-dihydronaphtalene、つまりペトロール香の原因物質として知られるTDNです。TDNについては以前、詳しく解説した記事を書きました。

徹底解説 | ぺトロール香

「ぺトロール香」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?   主にワインのテイスティング、特に年代物のRiesling (リースリング) のワインをテイスティングしている際などに耳にすること ...

続きを見る

 

β-ダマセノンはリンゴのコンポートや花、パイナップルやバナナを思わせるトロピカルフルーツ系の甘い香りを、β-イオノンはイチゴやラズベリー、キイチゴなどベリー系の香りやスミレの香りを持ちます。この2つのノルイソプレノイド系化合物はある種の甘藷焼酎の香気成分としても報告されているそうです。

 

ノルイソプレノイド誘導体に属する芳香系化学物質は全体的にヒトが感知できる閾値が低いことも特徴です。

β-ダマセノンはワインの中では50 ng/L 程度、β-イオノンはワイン中で90 ng/L 程度から知覚されることが報告されています。この一方でβ-イオノンは25 ~ 50%のヒトが知覚することが出来ないともされています。

ちなみにβ-イオノンはブルゴーニュのピノ・ノワールに特に多く含まれていることも知られています。

 

リースリングにみるNorisoprenoid系化合物

モノテルペン類にしてもノルイソプレノイド誘導体にしても各化学物質がそのままブドウの中に存在していることは余り多くありません。これらの化学物質はその多くが糖と結合した配糖体、グルコシド (Glucoside)として存在しています。

配糖体として存在している状態ではその化学物質は無味無臭な状態ですので、そのままではワインに含まれていても香りを感じることはありません。このためこれらの芳香系化合物が実際にその香りを出すためには何らかの方法でこれらの配糖体が糖と芳香系成分に分割される必要があります。

 

特にノルイソプレノイド誘導体はほとんどのブドウ品種で配糖体を形成した結合状態でのみ存在しています。しかしこれに対して、リースリングでは遊離型のノルイソプレノイド誘導体が有意に多く存在していることが確認されています。

また結合型の含有量もシラーやシャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、マスカット品種よりも多くなっています。

 

複数の研究結果を横断的に比較してみると、遊離型と結合型の合計の含有量ではセミロン (Semillon) が265 μg/kg ともっとも多かったのですが、リースリングではこれに次いで214 μg/kg となっていました。

メモ

この比較の対象となったノルイソプレノイド誘導体は、Hydroxy-3-ß-Damascenon, oxo-3-α-Ionol, oxo-4-ß-Ionol, Hydroxy-3-ß-Ionol, Hydroxy-3-dihydro-7,8,-ß-Ionolです

 

ここからはモノテルペン類やノルイソプレノイド類がどうやってワインの中に入ってくるのか、どのような過程を通して香りを感じられるようになるのか、といった点を見ていきます。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

Member ワイン

2020/9/13

Rieslingに特徴的な香りを考える | モノテルペンとノルイソプレノイド

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。 引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。 ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。   一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香 ...

Member 醸造

2020/9/5

アスコルビン酸の添加がワインに及ぼす影響

先日公開した記事「ワインのオフフレーバー | UTA / ATA」で、まだ若いはずの白ワインで熟成したようなニュアンスを感じたらそれはUTAと呼ばれるオフフレーバーの1つかもしれない、というお話をしました。 またこの際に、UTAを回避するための対策の1つとしてアスコルビン酸を添加する手法を紹介しています。 ワインのオフフレーバー | UTA / ATA ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることに ...

ワイン 栽培 醸造

2020/9/5

ワインのオフフレーバー | UTA / ATA

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当はもう少し寝かせておいた方がいいと分かっていながらもついつい我慢できずに取り出してきたのがこのワイン。まだ早いんだろうなぁ、と頭の片隅で考えながらもコルクを抜いて、さぁお楽しみの時間!と思ったらなんだか違う。 まるで何年も寝かせていたような、酸化したようなニュアンスがある。自分の保管方法が悪かったのだろうか?ち ...

コラム

2020/8/21

とても楽しい時代に生きている | アルコール度数はTerroirを表すのか

ワインに関わると避けることのできない単語というものがいくつかあります。残糖量、酸度といった味を表すものから、アロマ、ニュアンスなどといった香りを表す単語。これ以外にもきっと、いくらでも、それこそ時間が許す限り数多くの単語があげられるのではないかと思います   そんな中でも筆頭格なのが、「Terroir (テロワール)」ではないでしょうか。   「Terroir (テロワール)」とは今さら言わずと知れたフランス語の語彙で、これに相当する言葉は日本語にも英語にもないと言われています。ドイツ ...

Member ワイン

2020/7/24

ワインとアレルギー

ワインといえばブドウだけから造られているので、アルコール以外にアレルギーの心配はない、と思われている方は少なくないのではないでしょうか。 ところが事実はこのような認識からは少し離れたところにあります。   ワインに含まれるアレルギーの原因となる成分であるアレルゲンとしては、酸化防止剤の名前で知られる二酸化硫黄が有名です。SO₂という表記もされるこの化学物質は頭痛の原因物質であるという、間違った俗説でワイン業界における最大の悪役に一躍上り詰めてしまった添加物の一種ですが、ワインにはこうした原料のブ ...

Member 醸造

2020/7/18

ワイン造りにポンプは悪なのか

ワイン造りの現場ではしばしば、Gravity flow (グラヴィティ フロー) という単語を耳にします。 特に新しくワイナリーを立ち上げる場合には頻出の単語だといえるものですが、皆さんはご存知でしょうか?   このGravity flowというものはワイナリーで利用される果汁やワインを搬送するための技術の一つで、Gravity (重力)、flow (流す)という言葉の通り、ポンプなどの機械を使わずに重力で液体を移動させる手法のことを指しています。一般にポンプなどを使うよりも送られる液体にかかる ...

Member スパークリングワイン ワイン 醸造

2020/6/14

スパークリングワインとベースワイン

夏の暑い日に暑気払いとして飲みたくなるのは白ワインの炭酸割りですが、食前酒としてなら断然、スパークリングワインです。    スパークリングワインとしておそらく世界で最も有名なのはシャンパンとも呼ばれるシャンパーニュですが、世界中には沢山のスパークリングワインが存在しています。  スパークリングワイン、つまり、炭酸ガスを含んだ発泡性のワインの1番の特徴はこの発泡性。冒頭の白ワインの炭酸割りは通常の白ワインを炭酸水で割ることで後付けで発泡性を持たせますが、スパークリングワインでは醸造方法、つまり造り ...

Member 醸造

2020/5/24

低コスト醸造が生み出すもの | 安いワインの含有成分を考える

前回の記事、「安いワインと頭痛の関係 | ワインあるある」では値段が手ごろなワインを飲むと頭痛を感じるのは実はこのカテゴリーのワインが「安い、うまい」を備えたワインだからこそ、という話を書きました。これはいわば飲酒量という、量の視点から見た場合のことでした。一方で、頭痛という体調への影響を及ぼす可能性を検討するには量だけではなく、質の面から目を向けることが必要です。 特に、頭痛だけにこだわることなくその他のアレルギー性の反応を対象とするのであればこの点は絶対に避けて通ることは出来ません。 今回の記事ではこ ...

Free ワインあるある

2020/5/17

安いワインと頭痛の関係 | ワインあるある

安酒を飲むと頭が痛くなる、というのと同じ論調で、安いワインを飲むと頭が痛くなる、ということを時々聞きます。 安酒を飲むと頭が痛くなる理由はわかりませんが、安いワインを飲むと頭が痛くなる理由は分かります。それは、そこに頭が痛くなる原因の物質が含まれているからです。もしくは単純に量を多く飲みすぎているからです。ちょっと斜め上に行くものでは、単なる思い込み、という可能性も完全には捨てきれなかったりもします。   一方で、これらの理由はどれもワインが高いか安いかには起因しません。   高いワイ ...

Member 徹底解説 醸造

2020/5/1

なぜロゼワインは分かりにくいのか

以前、ロゼのワインは産地や品種が分かっていても内容が想像しづらい、という話題を見かけたことがあります。 これはとても興味深い半面、ワインを実際に造っている側からすると、「あぁ、まぁそうかもしれないな」と納得できてしまう点でもありました。ではなぜ、ロゼは仮に飲む前から産地や品種が分かっていてもそこと実際のワインを結び付けることが簡単ではないのでしょうか? 今回はそんな疑問に対して、「ワイン造りの方法に基づく理由」に焦点を当ててみていきたいと思います。 普段からロゼを飲んでいてどうもモヤモヤすることがある、と ...

© 2020 Nagi's Wineworld