醸造

ワインの醸造段階におけるトラブルの種類は実はそれほど多くありません。

もしかしたら微生物汚染という言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。しかしこれは厳密に言えば発酵の前後の時点で起きるもので、発酵段階ではまず発生しません。

 

なぜでしょうか?

 

発酵中は原則として酵母が液中で支配的な立場にいてガンガン糖分を消費し、アルコールと二酸化炭素ガスを排出しているからです。アルコールも炭酸ガスも一般的な微生物にとっては毒でしかありません。

最終的には酵母自体もこの二つの要因で死滅します。そんな状態ですので一部の例外を除いてワインを汚染するような微生物が生息、繁殖することが出来ず、結果として微生物汚染も生じないのです。

 

ではこの時点において何が一番の問題かといえば、酵母の動きが止まることです。

 

酵母の動き (これを代謝といいます) が止まる、もしくは鈍くなると酵母の支配体制が崩れます。そうするとそれまで抑えつけられていた様々な連中が動き出し、それはもう、いろいろな問題を引き起こします。しかも酵母自身も多大なストレスを受けて害になる行動を始めるので手が付けられません。

何もかもが悪い方向に転がりだしかねない状態です。

 

発酵にとってもっとも怖いこと

ブドウの収穫が終わり、いよいよジュースをワインに変えていく重要な工程である発酵。この時にワインメーカーが最も恐れ、最も気を使うことが何か分かるでしょうか?   ワインが微生物に汚染されてしま ...

続きを見る

 

ですので、我々醸造家が発酵状態に入ったワインに対して最も気を付けなければならないのは、酵母のその勢いを殺さずに一気に発酵を完了させてしまうことです。誤解を恐れずに言えば、この点をしっかり管理できれば味も香りもそうそう悪いことにはなりません。まずまず標準的な品質のワインは出来上がります。

 

これだけを言えば全てが簡単に出来るように思われるかもしれませんが、世の中そうそう甘くはありません。必ず、どこかしらで問題が起きるものです。

ここからは今年、2020年ヴィンテージで実際に私が管理しているワインの状況を交えつつ、お話を進めていきます。

 

発酵が遅い

2020年のブドウの収穫はすでに終わっていますが、醸造所の中ではいまでも発酵が続いています。9割方のタンクでは順調に発酵が進行し、完了しました。

いまでも動いているのは残りのおよそ1割のタンクです。これらのタンクのなかで一部のものが発酵が極端に遅くなり頭を抱えています。

 

 

ちなみに発酵が「遅い」という基準ですが、ドイツでよく言われる目安では、発酵によって消費される1日当たりの糖分がエクスレ度で2度を下回った時に発酵が遅延状態にあると判断されます。

上記のPostに書いた問題児のタンクでは5日経ってもエクスレ度の減少が3度に留まっているタンクがありますので、立派に発酵遅延中です。

 

問題なのは、これらの遅延タンクの中に何が何でも辛口に仕上げなければならないものが2つほどあることです。容量は1つのタンクが1100L、もう1つが3000L。どちらも当ワイナリーにとっては売れ筋の商品になる予定のタンクですので、TwitterのPostのようになるようにしたら中辛口になっちゃいました、は通用しません。

 

再発酵をどう促すか

酵母の代謝が鈍ったタンク内で酵母の活動を再度活発にさせる方法はいくつかあります。

 

  1. 酵母への栄養の添加
  2. 酵母の再添加
  3. タンク内温度の引き上げ
  4. 別のタンクと合わせての再発酵

 

ざっと上げるとこんな感じでしょうか。

それぞれの方法に長所と短所がありますし、試してみるべき順番もあります。またそれぞれの手法に使用条件もあるため、いつでもどこでも好きなものを好きなように試してみる、というわけにはいきません。

 

さらになぜそのタンクで発酵が停滞しているのかの原因をある程度でも把握しないと有効な対策はとれません。ここが把握できるかどうかは日々の管理の状況によります。

これが原因だ、とは分からなくても、少なくともこれとこれは原因ではないはず、ということが分かっていることが重要です。

 

それでは実際に私の管理しているワインを例に考えていきます。

 

次のページ以降では以下の内容に沿って説明を続けます。

  • なぜ発酵が停滞したのか
  • とれる対策はなんなのか
  • 管理温度を引き上げる
  • 発酵再開のカギは野生酵母
  • 技術としての汎用性はあるのか



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

Member 発酵

2020/11/17

発酵が止まってしまったら | 再発酵の方法を考える

ワインの醸造段階におけるトラブルの種類は実はそれほど多くありません。 もしかしたら微生物汚染という言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。しかしこれは厳密に言えば発酵の前後の時点で起きるもので、発酵段階ではまず発生しません。   なぜでしょうか?   発酵中は原則として酵母が液中で支配的な立場にいてガンガン糖分を消費し、アルコールと二酸化炭素ガスを排出しているからです。アルコールも炭酸ガスも一般的な微生物にとっては毒でしかありません。 最終的には酵母自体もこの二つ ...

Member 醸造

2020/11/17

自然な?ワインの造り方

先だってこんなTwitter上にこんなPostをしました。   今週はこの2枚の写真に関係する内容で久しぶりにきちんとした醸造関連の記事を書く予定でいます 仮題: 「自然?なワインの造り方」 pic.twitter.com/wNDzg58DQh — Nagi@ドイツでワイン醸造家 (@Gensyo) November 7, 2020   この記事を読んでくださっている皆さんは、この2枚の写真の違いがお分かりになるでしょうか? 今日はこの写真とそこに関わる「自然な?」ワインの造り方につい ...

Circlepost Member 発酵 醸造

2020/10/20

自然発酵における注意点 | 天然酵母をどう使うか

先日、こちらので記事で乾燥酵母と野生酵母について触れました。 酵母はワインの味を「変えて」しまうのか 写真はこちらのサイトのものをお借りしました <https://www.sciencenews.org/article/scientists-move-closer-building-synthetic-yeast-scratch> 連日、ワインの醸造を続けています。 ドイツ国内、もしくは私が所属するワイナリーと同じ地域のワイナリーでもすでに収穫収量の声があちらこちらで聞こえ始めており、我々も来 ...

Circlepost Member

2020/10/9

酵母はワインの味を「変えて」しまうのか

写真はこちらのサイトのものをお借りしました <https://www.sciencenews.org/article/scientists-move-closer-building-synthetic-yeast-scratch> 連日、ワインの醸造を続けています。 ドイツ国内、もしくは私が所属するワイナリーと同じ地域のワイナリーでもすでに収穫収量の声があちらこちらで聞こえ始めており、我々も来週には2020年の収穫を完了させる予定でいます。今のペースで行くと、ケラー内のワインがすべて発酵を終え ...

Circlepost Member

2020/10/2

リースリングにおけるMLFの実施をどう考えるか

先日Twitter上で、リースリングのMLFについてのPostをしました。   行わない、なら分かるけど、行えない、と言ってしまうのは違うかな... <RT 実際のところはMLFしているリースリングもあります — Nagi@ドイツでワイン醸造家 (@Gensyo) September 25, 2020   リースリングといえば酸が特徴的なブドウ品種でもあるので、酸を抑えてしまう方向に動くMLFはしないものと思われている方も多いと思います。しかし、上記のPostにも書いているように ...

醸造

2020/9/26

ワインにおけるアルコール度数の調整 | 加水を考える

気候変動の影響で地球全体で気温が上がり、それにともなってワイン用のブドウの生長が速くなってきています。 冬が暖かくなったためにブドウの芽吹きが早まり、さらに暑い夏を通して今まで以上に熟したブドウを収穫できる。なんとも夢のある話に聞こえますが、ワイン造りの現場ではこの一見いいことのように思える動きに頭を抱える機会が増えてきています。   それが、ブドウの過熟によるワインのアルコール度数の上昇です。   年々早まる収穫の時期 本日のリースリング まさか10月の声を聞く前にこんなに熟したリー ...

Member ワイン

2020/9/13

Rieslingに特徴的な香りを考える | モノテルペンとノルイソプレノイド

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。 引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。 ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。   一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香 ...

Member 醸造

2020/9/5

アスコルビン酸の添加がワインに及ぼす影響

先日公開した記事「ワインのオフフレーバー | UTA / ATA」で、まだ若いはずの白ワインで熟成したようなニュアンスを感じたらそれはUTAと呼ばれるオフフレーバーの1つかもしれない、というお話をしました。 またこの際に、UTAを回避するための対策の1つとしてアスコルビン酸を添加する手法を紹介しています。 ワインのオフフレーバー | UTA / ATA ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることに ...

ワイン 栽培 醸造

2020/9/5

ワインのオフフレーバー | UTA / ATA

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当はもう少し寝かせておいた方がいいと分かっていながらもついつい我慢できずに取り出してきたのがこのワイン。まだ早いんだろうなぁ、と頭の片隅で考えながらもコルクを抜いて、さぁお楽しみの時間!と思ったらなんだか違う。 まるで何年も寝かせていたような、酸化したようなニュアンスがある。自分の保管方法が悪かったのだろうか?ち ...

コラム

2020/8/21

とても楽しい時代に生きている | アルコール度数はTerroirを表すのか

ワインに関わると避けることのできない単語というものがいくつかあります。残糖量、酸度といった味を表すものから、アロマ、ニュアンスなどといった香りを表す単語。これ以外にもきっと、いくらでも、それこそ時間が許す限り数多くの単語があげられるのではないかと思います   そんな中でも筆頭格なのが、「Terroir (テロワール)」ではないでしょうか。   「Terroir (テロワール)」とは今さら言わずと知れたフランス語の語彙で、これに相当する言葉は日本語にも英語にもないと言われています。ドイツ ...

© 2020 Nagi's Wineworld