ワイン

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。

https://www.decanter.com/wine-news/natural-wine-receives-formal-recognition-vin-methode-nature-435358/?fbclid=IwAR0s7vQayGJrNC-fWgxTqV4NYCX7EY7Vcpk_RMdzLuTVOK8eGojS_RbjW-M

 

こちらのサイトでもナチュラルワインをテーマにするたびに公式の定義がなく不安定な枠組みの中にあるものだ、という点に触れてきましたが、今回の一件はその不安定さが解消される第一歩になる可能性があります。一方で今回採用された定義は実際にはそれほど目新しい内容というわけではなく、大勢に影響するほどのものとも思えない部分があります。

 

今回はこの新しく採用された定義の内容を確認しつつ、その意義について考えていきたいと思います。

 

ナチュラルワインの新定義と従来の定義の比較

今回の報道によれば、フランスで認められたナチュラルワインの定義は以下のような内容になります。実際には名称やロゴの使用などについての規定もありますが、ここでは醸造に関わる内容のみにフォーカスしています。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

Member ナチュラルワイン

ナチュラルワインの定義とそこに見る意味

Member ナチュラルワイン 徹底解説 醸造

ビオとナチュラル | 醸造面から見たその違い

Free ランキング ワイン

ドイツワインランキング | 年間優秀ワイナリーを探す

Member ワイン

アイスワイン | 希少性の上がり続けるその理由とは

Free ワイン

ここが分かりにくいよ、ドイツワイン | もっと優しくドイツワイン

Free ワイン

ドイツワインを難しくする? VDPとその等級 | もっと優しくドイツワイン

Free ワイン

シュペートレーゼなのに甘くない?!その理由を知ろう | ドイツワインの味と等級のルールとは

Free ワイン

ドイツワインは難しい? | ドイツワインのカテゴリーを知ろう

Member ワイン

テイスティングのキーポイント?ティピシテを考えてみる

Free ワイン

補糖したワインは太るのか? 補糖とカロリーの関係

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.