スパークリングワイン

ご注意

各製造方法において記載している熟成などの期間および各種条件は特に断りがない場合、ドイツのワイン法に基づいた日数を記載しています

 

スパークリングワインってどうやって造っているんだろう、という疑問に対してきちんと工程をおさえて解説している日本語の記事が意外にないようだったのでこの記事でその疑問に答えたいと思います。

なおざっくりとした造り方の解説は「スパークリングワインのいろいろ」という記事で、ドイツにおけるスパークリングワインの味に関する規定については「スパークリングワインの”トロッケン”は辛口か?」という記事でそれぞれ取り上げていますので、そちらも参考にしてみてください。

スパークリングワインのいろいろ

スパークリングワインといえば、シャンパンがその作り方である瓶内二次発酵という言葉と共にとても有名です。しかし、この瓶内二次発酵という作り方、実はいくつかのヴァリエーションがあることはご存知でしょうか? ...

続きを見る

スパークリングワインの"トロッケン"は辛口か?

  Trocken (トロッケン)という表記はドイツワインにおいては辛口のことです。なので、スパークリングワインのエチケットにこの表記があると、やはり辛口のことだろう、と思ってしまいがちです ...

続きを見る

 

製法別のスパークリングワインの種類

ここではスパークリングワイン自体がどういうものかについては触れませんが、基本的にスパークリングワインはその”泡”をどういう方法で作っているかによって2つの種類に大別できます。

 

  1. 炭酸ガスを充填することによって”泡”をもたせる方法: セッコ (Secco)、パールワイン (Perlwein) など
  2. 「発酵」によって”泡”をもたせる方法
    1. タンク内二次発酵方式: シャオムワイン (Schaumwein)、ゼクト (Sekt) など
    2. 瓶内二次発酵方式: シャンパーニュ (シャンパン)、ゼクトなど
      1. 完全瓶内二次発酵方式
      2. タンク利用方式 (トランスヴァジール方式)

 

炭酸ガスを元になるスティルワインに充填することでスパークリングワインとする方法に関してはこれ以上の分類はありませんが、発酵過程を通すことで炭酸ガスを発生させる方法に関してはさらに「タンク内二次発酵方式」と「瓶内二次発酵方式」に区分できます。

 

 

なお日本で話題になることが多い微発泡性のワインに「ペティアン (Petillant)」というものがあります。これはブドウ果汁をアルコール発酵 (一次発酵) させている最中に発酵の完了を待たずに瓶詰めし、一次発酵で生じた炭酸ガスを残すことで微発泡させているものになります。発泡性ワインという意味ではこれもスパークリングワインではありますが、この記事では別物として扱います。

アルコール発酵 (一次発酵) 時に生じる炭酸ガスの量に関しては、「発酵について語ろう」の記事で詳細を書いていますので参考にしてください。

発酵について語ろう

  今までに発酵を実質的に引き起こしている存在である酵母などについてはお話をしてきましたが、発酵それ自体については説明をしたことがなかったので、この機会に改めて発酵というものについて書いてみ ...

続きを見る



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.