Member スパークリングワイン 醸造

ブリティッシュ・スパークリングワイン | ブドウ栽培北限の国の戦略

更新日:

ワインの勉強をしているとほぼ確実に耳にするであろう、”ワイン用ブドウ栽培の北限”と呼ばれる地域が最近、従来北限と言われていた国よりもさらに北にシフトしつつあることを以前の記事で書きました。これは主に世界中に影響を及ぼしている気候変動に伴う温暖化が原因となっており、最近における新たな北限はイギリスであったりスウェーデンであったりしています。

一方でこれら、新たなワイン用ブドウ栽培における北限の国々におけるブドウの栽培は楽なものではありません。ブドウを栽培できることと、ワインとして満足できる品質を確保できることとは全く別のことだからです。そんな中で、非常に上手な戦略をもって市場におけるポジションを早々に固めつつある地域があります。それが、イギリスです。

今回はイギリスの戦略を参考に、これら北限とも呼ばれる、ブドウの栽培が難しい地域におけるワイン造りの方向性を見ていきたいと思います。

イギリスにおけるブドウ栽培

イギリスにおけるワイン用ブドウの栽培は実は最近始まったわけではなく、まだまだドイツがワイン用ブドウ栽培の北限の地だといわれていた時代である1970年代にも細々とではあってもブドウの栽培は行われていました。それが活発化し始めたのが、1990年代に入ってからのことです。

もともとはイギリスでもドイツと同様に甘口スタイルの白ワインがメインで造られていたそうですが、気候変動とその結果の温暖化の影響を受け、徐々に国際品種の栽培が増えていったという背景があります。

 

イギリスのブドウ産地

イギリス国内でワイン用ブドウの優良な産地として挙げられる地域は、サセックス (Sussex)、ケント (Kent)、サリー (Surrey)など南部に集中しています。

いくら温暖化の影響でブドウが栽培できるようになったとはいえ、やはりまだまだ果実が熟しにくい地域のことです。少しでも気温が高く、日照時間の長い南部の方がブドウ栽培に適しているというのは無理からぬことでしょう。

 

注目されるブリティッシュ・スパークリング

そんなイギリスで造られるワインの中でも、特に注目されているのがスパークリングワインです。

イギリスでももちろんスティルワインが造られているにもかかわらず、スパークリングワインにばかり注目が集まるのはなぜなのでしょうか。

実はそこに、北限の国がとるべき戦略があるのです。

 

二次発酵という裏技が北限を助ける

当たり前と聞こえるかもしれませんが、スパークリングワインの醸造工程において二次発酵という工程は絶対に欠かすことが出来ません。

この”二次発酵”という工程こそ、ブドウの栽培が難しい北限に位置する国々におけるワイン造りで決定的な意味を持つ工程になり得るのです。ちなみにこの二次発酵がシャンパーニュと同様に瓶内で行われていようと、タンク内で行われていようとそこはこの際関係はありません。単純に、二次発酵を行っている、ということこそが重要なポイントなります。

 

なぜ二次発酵が北限の国にとって重要な意味を持つ工程となり得るのでしょうか?



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, スパークリングワイン, 醸造
-, , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld