Member スパークリングワイン 醸造

ブリティッシュ・スパークリングワイン | ブドウ栽培北限の国の戦略

更新日:

ワインの勉強をしているとほぼ確実に耳にするであろう、”ワイン用ブドウ栽培の北限”と呼ばれる地域が最近、従来北限と言われていた国よりもさらに北にシフトしつつあることを以前の記事で書きました。これは主に世界中に影響を及ぼしている気候変動に伴う温暖化が原因となっており、最近における新たな北限はイギリスであったりスウェーデンであったりしています。

一方でこれら、新たなワイン用ブドウ栽培における北限の国々におけるブドウの栽培は楽なものではありません。ブドウを栽培できることと、ワインとして満足できる品質を確保できることとは全く別のことだからです。そんな中で、非常に上手な戦略をもって市場におけるポジションを早々に固めつつある地域があります。それが、イギリスです。

今回はイギリスの戦略を参考に、これら北限とも呼ばれる、ブドウの栽培が難しい地域におけるワイン造りの方向性を見ていきたいと思います。

イギリスにおけるブドウ栽培

イギリスにおけるワイン用ブドウの栽培は実は最近始まったわけではなく、まだまだドイツがワイン用ブドウ栽培の北限の地だといわれていた時代である1970年代にも細々とではあってもブドウの栽培は行われていました。それが活発化し始めたのが、1990年代に入ってからのことです。

もともとはイギリスでもドイツと同様に甘口スタイルの白ワインがメインで造られていたそうですが、気候変動とその結果の温暖化の影響を受け、徐々に国際品種の栽培が増えていったという背景があります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, スパークリングワイン, 醸造
-, , , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.