Member 栽培

ブドウ栽培の北限の現在

更新日:

当サイトの”ドイツはブドウ栽培の北限の地か…?”という記事がありがたいことに非常に多くの方に興味を持っていただき、読んでいただけています。

こちらの記事で指摘したことなのですが、最近のワイン用ブドウの栽培における世界地図を語るうえで、北限、もしくは南限はドイツがブドウ栽培の北限と呼ばれていたころと比較して、気候変動を背景により北へ、南へとシフトしています。今回はこの栽培地シフトの様子を、もう少し具体的な状況を交えつつ、見ていきたいと思います。

以前の記事はこちらから。

昔の北限はドイツだった

まずはおさらいです。

以前、ブドウ栽培における北限はドイツと言われていました。これは、具体的には、ブドウ栽培は北は北緯30 ‐ 51度のなかで行われており、その中でも耕作地域が北緯47‐ 52度の範囲内にあるドイツでのブドウ栽培は、ブドウ栽培地域における北限にあたる、という意味です。

実際にドイツにおける一大ブドウ生産地域であるラインガウ (Rheingau) は北緯50度にあたり、年間平均気温10.6度、年間日照時間1600時間、年間平均降水量50mm (データはWines of Germanyによるものを参照) です。同様のデータをフランスのボルドーと比較してみると、ボルドーは年間平均気温13.3度、年間日照時間2000~2200時間、年間平均降水量82mmとされていますから、ドイツのラインガウがいかに冷涼な気候なのかがわかります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 栽培
-, , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.