Member 栽培

ブドウ栽培の北限の現在

更新日:

当サイトの”ドイツはブドウ栽培の北限の地か…?”という記事がありがたいことに非常に多くの方に興味を持っていただき、読んでいただけています。

こちらの記事で指摘したことなのですが、最近のワイン用ブドウの栽培における世界地図を語るうえで、北限、もしくは南限はドイツがブドウ栽培の北限と呼ばれていたころと比較して、気候変動を背景により北へ、南へとシフトしています。今回はこの栽培地シフトの様子を、もう少し具体的な状況を交えつつ、見ていきたいと思います。

以前の記事はこちらから。

 

昔の北限はドイツだった

まずはおさらいです。

以前、ブドウ栽培における北限はドイツと言われていました。これは、具体的には、ブドウ栽培は北は北緯30 ‐ 51度のなかで行われており、その中でも耕作地域が北緯47‐ 52度の範囲内にあるドイツでのブドウ栽培は、ブドウ栽培地域における北限にあたる、という意味です。

実際にドイツにおける一大ブドウ生産地域であるラインガウ (Rheingau) は北緯50度にあたり、年間平均気温10.6度、年間日照時間1600時間、年間平均降水量50mm (データはWines of Germanyによるものを参照) です。同様のデータをフランスのボルドーと比較してみると、ボルドーは年間平均気温13.3度、年間日照時間2000~2200時間、年間平均降水量82mmとされていますから、ドイツのラインガウがいかに冷涼な気候なのかがわかります。

 

ブドウの生育に必要な条件

一方で、ブドウが育つために必要とされる条件は、成長期の平均気温が20度以上、生育期間における日照時間が1300時間以上、必要降水量35mm程度、とされています。

この条件は一般に白ワイン用ブドウに求められる条件で、赤ワイン用のブドウの場合には果皮にフェノール化合物の一種であるアントシアニンが蓄積される必要があるため、条件はもう少し厳しくなります。このアントシアニンという物質はブドウが紫外線に対する防御手段として生成する物質なため、より長い日照時間と高い気温が必要となるためです。

 

現在の気象状況

最近の世界的な傾向として、気象変動に伴う温暖化現象が頻繁に言われています。この温暖化現象には降雨状況の変化も多くの場合伴っており、降雨量の増加や降雨時期の変動が確認されています。

このような状況はドイツを含むヨーロッパ各国でも同様です。実際にドイツのラインガウにおける実測データを見てみると、ガイゼンハイムで年間降雨量48mm、年間平均気温12.4度となっています。2017年は非常に暑く乾燥した年だったため降雨量こそ平均を下回っていますが、平均気温は2度近くも高くなっていました。2016年、2017年を見ても年間平均気温が11度を超えていましたので、温暖化は確実に進んでいるのがわかります (各データはガイゼンハイム大学の測定値を引用)。

また日照時間に至っては、Wether Onlineのデータを見ると2018年で年間合計1922時間! (ガイゼンハイム) と平均を大きく上回っています。2017年の数字を拾ってみると年間で1622時間ほどなので、2018年が例外的に長かったとはいえ、多少は伸びる傾向にあることがわかります。つまり、以前はラインガウにおけるブドウの栽培は北限の名にふさわしく、ブドウの育成条件ぎりぎりの中での取り組みでしたが、現在ではある程度以上の余裕をもって育てることが可能となってきています。確かにドイツはまだまだワイン用のブドウを栽培するには冷涼な地域ではありますが、すでに北限というほど厳しい条件ではなくなりつつあるのです。

 

温暖化の波は北欧にもおよんでいる

合わせて、ドイツよりも北にある国の様子をいくつか見てみたいと思います。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 栽培
-, , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld