Member 栽培

次代のワイン大国?ポーランドの可能性

更新日:

この記事は2018年5月21日に旧ブログサイトにて公開したものに一部加筆して転載しています

今日から少し前になるのですが、5月10日にOSNABRÜCKER ZEITUNGというメディア上で、『Polen könnte der größte Weinproduzent in Europa werden』(”ポーランドは欧州における最大のワイン生産国になり得る” 元記事はこちら )と題した記事が掲載されました。

その内容は最近のワインを取り巻く世界の環境を考えればある意味ではそれほど驚くべきこともないものでしたが、別の意味では大きなショックをもって受け止めるべきものと思われましたので、このBlogでも紹介しておきたいと思います。

気象変動がもたらす典型的な事例 | ポーランドでのブドウ栽培

記事は、(アメリカの研究機関”National Academy of Sciences”による予想として)ポーランドは気象変動による温暖化の影響を受け、2050年までにヨーロッパで最大のワイン生産国(ブドウ栽培国)になる可能性がある、という一文から始まっています。

 

ポーランドという国は、現時点においてはワイン生産国としてそれほどメジャーな存在ではありません。

世界地図を広げてみれば明らかなように、ポーランドの国土のほとんどはドイツ中部よりも北に位置しており、従来的な考え方に基づくのであれば、ブドウを栽培するには寒すぎる地域です。ところが、近年の気象変動の影響による世界的な温暖化の恩恵を受けた結果ブドウ栽培地の北限が北上し、この”寒すぎる国”でもワイン用ブドウの栽培が可能となってきているのです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 栽培
-, , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.