ブドウ

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)"の内容に基づいて書かれています

 

生き馬の目を抜くようなペースで世の中の嗜好が変化をしていっている昨今、どんなに愛されてきた長寿ブランドであっても長くても10年周期で商品をリニューアルしていくことが必須だと言われています。

この一方で、ブランドは変化を余儀なくされていたとしても、そのブランドが属しているカテゴリーは長いこと変化をしていないことはよくあります。「ワイン」はこの「長いこと変化していないカテゴリー」の中でも特に長い歴史を持つものの一つと思われているのではないでしょうか。

 

実際には「ワイン」というカテゴリーもその長い歴史の中では定義の変化を含めて大小さまざまな変化をしてきています。またその変化の道筋はワイン法の歴史に見て取ることができます。

それ以外にも各国や地域で同じ「ワイン」カテゴリーであってもその意味が違っているケースは多くあります。

 

「ワイン」というカテゴリーは各時代と場所によって、その意味も定義さえも変化し続けてきているのです。そして今、その定義がまた大きく変わろうとしています。

 

ワインの概念を牛耳る欧州での変化

本題に入る前に少しだけ寄り道をします。

少し細かい話ですが、カテゴリーとしての定義とその単語を構成する一般的な概念が一致していないケースがあります。ワインはまさにこのケースに該当していると筆者は考えています。

 

ワインは長い歴史を持つアルコール飲料です。その歴史の大部分は欧州に根ざしており、ワインといえばヨーロッパ、その中でも特にフランス、と無意識に思い込んでいる場合も多いのではないでしょうか。

 

このためにフランスもしくは欧州のルールがそのままワインとしての世界共通のルールと思われる場合がありますが、これは違います。

ルールは何かしらの公的な規制に基づいて設定されるもので、それはワインでは多くの場合、ワイン法によって定められています。これは概念ではありませんし、世界共通のものでもありません。あくまでもその法律が効力を持つ域内でのみ通用する、いわばローカルルールです。

 

しかしここがワインの面倒な部分でもあるのですが、前述のようにワインの概念的な部分は世界中の多くの人にとって欧州に根ざしています。世界中の国々で施行されているワイン法の多くが欧州のそれに倣ったものになっているのもそれが故です。

 

本来は世界中でその意味が違っていてもおかしくはなかった「ワイン」という言葉が世界の共通言語として成り立っているのは偏に、長い歴史とそこで積み重ねた経験と実績を背景に圧倒的な存在感を持つ欧州がこのカテゴリーの実質的な支配権を持っているためでもあります。

 

本来は参考対象にしか過ぎない存在が、実質的に実用面を支配する存在になっているのです。

 

そして現在、この世界の参考対象にしてカテゴリーの本丸をなす存在がその軸足を変える、決して小さくない一歩を踏み出そうとしています。

 

 

ワイン法の改定内容

EU農相とEU議会との会談が行われ、EUのワイン法の一部改定が話し合われました。現時点では決定事項ではありませんが、その内容は一部に非常に重要なものを含んでいます。

今回の議題として上げられているのは以下のような内容です。

 

  1. ラベル表示義務内容の変更
  2. ブドウの新規植え付け許可制度の延長
  3. 対象ブドウ品種の拡大
  4. ノンアルコールワインの取り扱い
  5. 補酸の容易化
  6. アルコール濃度規定

 

この中でも特に重要と思われるのが、ラベル表示義務内容の変更、ブドウ品種の拡大、そしてノンアルコールワインの扱いです。

実はこれらは非常に大きな内容でありながら、一部では今更感のある内容でもあります。なぜなら、一部はすでにこれまでにも自主的に、また一部ではすでにそれに近しいことが事実上行われてきているからです。つまり今回の動きはこうしたすでにはじまっていた動きを法的に明文化しようとするものとも捉えられるのです。

 

新たな表示義務

ワインのラベル上に新たに表示されるべき内容として、カロリー量と添加物が検討されています。

カロリー量はワインボトルに貼付されるラベル上に明記されなければならないのに対して、添加物リストは必ずしもラベル上でなければならないとはされておらず、ラベル以外の貼付物や2次元バーコードなどを利用してのインターネット上での表示も許可される方向で議論されているようです。

 

ワインは補糖 (チャプタリゼーション) への誤解や、残糖量との関係などから「ワインを飲むと太るのか?」との疑問の声をよく耳にします。こうした一般消費者の方が持つことが多いであろう疑問への解消という意味では、カロリー量の表示義務付けは決して悪いことではありません。

一方で、これまで明確には示されていなかった正確なカロリー量を目にすることで消費者の方の手が伸びにくくなる、もしくはそれに対応するために低カロリーを謳うワインが造られるようになる、という可能性は否定できません。またカロリーの測定は従来のワインの一般測定項目には含まれていませんでしたので、これを測定するコストや、従来のラボの機材での対応可否などは新たな仮題となってくるであろうことも想像されます。

 

ワイン用ブドウ品種の拡大

今回の改正議論における最大のポイントと言えるのが、ワイン用ブドウ品種の拡大です。

 

次のページ以降では以下の内容に沿って説明を続けます。

  • ワイン用ブドウ品種の拡大
  • ノンアルコールワイン用区分の新設
  • 今回のまとめ | 生産側だけに留まらない変化



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

Member コラム

2020/11/27

変わりつつあるワインの世界 | EUワイン法の視点から

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)"の内容に基づいて書かれています   生き馬の目を抜くようなペースで世の中の嗜好が変化をしていっている昨今、どんなに愛されてきた長寿ブランドであっても長くても10年周期で商品をリニューアルしていくことが必須だと言われています。 この一方で、ブランドは変化を余儀なくされていたとしても、そのブランドが属し ...

Member ワイン

2020/9/13

Rieslingに特徴的な香りを考える | モノテルペンとノルイソプレノイド

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。 引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。 ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。   一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香 ...

ワイン

2020/8/11

[速報] ブドウの収穫が開始 | 2020年ハーヴェストの幕開け

Foto: DWI 熱波の影響で30℃後半の気温が続く暑いドイツですが、本日、さらにホットなニュースが駆け抜けました。 DWI(Deutsches Weininstitut / Wines of Germany) によると、本日8月10日にプファルツのヴァイゼンハイム (Weisenheim) という町で今年最初のブドウの収穫が行われたというのです。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マ ...

Member スパークリングワイン ワイン 醸造

2020/6/14

スパークリングワインとベースワイン

夏の暑い日に暑気払いとして飲みたくなるのは白ワインの炭酸割りですが、食前酒としてなら断然、スパークリングワインです。    スパークリングワインとしておそらく世界で最も有名なのはシャンパンとも呼ばれるシャンパーニュですが、世界中には沢山のスパークリングワインが存在しています。  スパークリングワイン、つまり、炭酸ガスを含んだ発泡性のワインの1番の特徴はこの発泡性。冒頭の白ワインの炭酸割りは通常の白ワインを炭酸水で割ることで後付けで発泡性を持たせますが、スパークリングワインでは醸造方法、つまり造り ...

ブドウ品種 栽培

2020/8/7

増え続けるブドウ品種 | PIWIというカテゴリー

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura、Muscaris、Souvignier gris。   これらの単語に聞き覚えはあるでしょうか? Cabernet~やMusca~、Souvi~という辺りからなんとなくワイン用のブドウ品種っぽいと思われた方も多いかもしれません。そうです、これらはすべてワイン用のブドウ品種の名前です。 現在はあまり ...

ワイン

2020/8/7

テイスティングのキーポイント?ティピシテを考えてみる

  ソムリエ試験をはじめ、ワイン関連資格を取る際にほぼ欠かすことが出来ないのがテイスティングではないでしょうか? 特にそのワインに関わる情報を開示されないまま目の前のグラスを利いてブドウの品種や産地、年代をはじめ味や香りに言及するブラインドテイスティングなどはその典型です。   ブラインドテイスティングを行う場合、みなさんはどうやってそのワインの品種や産地を特定していっているでしょうか? 過去に飲んだことがあり、記憶に鮮明に残っているワインがドンピシャで出題されればその経験に則って回答 ...

栽培

2020/8/7

ブドウの収量制限とはなんなのか | 考え方、方法、そして注意点

ブドウに限らず果樹や野菜の栽培をしていると、ほぼ必ず出くわす言葉があります。 収量制限 この言葉に聞き覚えはないでしょうか?ブドウの場合においては特にグリーンハーベスト(green harvest)、などと言われたりもします。 今回はこの収量制限というものについて解説をしていきます。 収量制限という取り組みは品質の向上を含めた多岐にわたる要素と非常に密接に関連しています。このため、意味をとり間違えてしまっている例も意外に多く見受けられます。 この記事では収量制限というものを少し厳密に規定し、その他の要素と ...

栽培

2020/8/7

気温の上昇で被害が続出 | ブドウの日焼けとはなんなのか

夏の時期を迎え、畑ではブドウの樹が成長を続けています。 これをうけて今畑では伸びた副梢の除去や除葉、そして成長点の切り落としなどの作業が同時並行的に進められています。   そんななか、去る6月26日および6月30日の2日にわたってドイツでは最高気温が40℃に迫る、もしくはところによってこれを超える事態となりました。   もともと冷涼な土地といわれているドイツにおいて6月末のこの時期にこれほど気温が高くなるのは極めて異例なことです。加えてこれ以前から雨が少なく非常に乾燥した状況であったこ ...

栽培

2020/8/7

ブドウの根に差はあるのか | 自根へのこだわり

Quelle: http://www.waxandgrafts.com/wax-and-grafting-process ワイン用ブドウの栽培家にはブドウの「根」に異様なまでのこだわりを見せる人が相当数いらっしゃいます。   彼らの見ているものは、「自根」のブドウです。   ワインの業界にいると相応の頻度で出会うのが、この「自根」を特別視する風潮です。誤解を恐れずに言えば、ワインを勉強している方であればあるほどこの風潮に流される傾向が強いようにも思えます。   では、この「自 ...

醸造

2020/8/7

暑すぎた夏の代償

ドイツの今年の夏が暑かったこと、そのせいでブドウの成長が例年にないほど早く進んだことはこれまでの記事でも折に触れて書いてきました。その結果として、実際に今年の収穫はドイツ各地で未だかつてないほど早く始まることとなり、筆者の勤めるワイナリーでもすでに収穫が開始されています。   よく夏が暑くてブドウの成長が早くなるのは悪いことなのか、と聞かれるのですが、これは簡単に答えるのが難しい質問です。   暑くなるとワインは力強くなる この質問の答えの一つが、ポルトガルやスペイン、イタリアといった ...

© 2020 Nagi's Wineworld