Member 栽培

気温の上昇で被害が続出 | ブドウの日焼けとはなんなのか

更新日:

夏の時期を迎え、畑ではブドウの樹が成長を続けています。

これをうけて今畑では伸びた副梢の除去や除葉、そして成長点の切り落としなどの作業が同時並行的に進められています。

 

そんななか、去る6月26日および6月30日の2日にわたってドイツでは最高気温が40℃に迫る、もしくはところによってこれを超える事態となりました。

 

もともと冷涼な土地といわれているドイツにおいて6月末のこの時期にこれほど気温が高くなるのは極めて異例なことです。加えてこれ以前から雨が少なく非常に乾燥した状況であったことも災いし、ブドウ畑では若い樹を中心にとある被害が広がりました。

 

ブドウの日焼けです。

 

実際にはブドウの実はまだ結実したばかりに近くまだまだ果実といえるほどの状態ではないのですが、今回はその結実したばかりのまだほぼ花弁といえるくらいのものにも被害が出てしまっています。

 

今回はこのブドウの日焼けというものがどのようなものなのか、どうすれば回避できるものなのかといった点に焦点を当てて解説を行っていきます。

 

気候変動が頻繁に話題に上るようになり、併せて地球の温暖化が強く訴えられている現在、ブドウの日焼け問題はますます身近でかつ対処が求められる問題でもあります。

この記事を読んでいただくことでこの問題への対処方法も見えてくるはずです。

 

メモ

この時期の被害は日焼けと乾燥ストレスとの区別がまだ難しい部分もありますが、逆に言えばこれほどの高温になった状況では両者はほぼ同様の意味を持ちますので、今回は「日焼け」として扱います

 

なおブドウの日焼けの概要については以前にも「ぶどうの日焼け」という記事で扱っています。そちらも併せて読んでみてください。

 

ブドウの日焼けは現代病か

日焼けが問題といわれると、どうしても気象変動とその結果としてもたらされる温暖化に目が向きがちです。

その流れでこの「日焼け」という問題自体が最近になって見られるようになった現代病のように思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際には1840年代にすでにブドウの日焼けに関する報告がなされた事例があり、決して新しい被害の種類ではないというのが実情です。

 

一方で最近になって被害の報告事例が増加していることは事実です。

 

ドイツにおいては2016年に国内全土で極めて多数の、かつ被害状況の大きい事例としての報告がなされています。

現代病ではないけれど、最近になって話題の中心になることが増えてきた被害事例、それが「ブドウの日焼け」問題なのです。

 

日焼けの原因

ぶどうの日焼け」の記事でも書きましたが、ブドウが日焼けする原因はよく言われる「紫外線 (UV光)」 ではなく、「温度」です。

 

より厳密にいうのであれば、日射量と温度の複合的影響です。

 

所要な原因は温度、つまり熱量にあります。

日射量という因子もその大部分は太陽光が吸収されることによってそこに含まれるエネルギーが熱になり、ブドウの表面温度を上げるという方法で作用します。

 

一つの例を挙げると、地表2mの高さにおける外気の最高気温が34.8度を記録した2016年8月27日のドイツのブドウ畑におけるブドウの果実の表面温度は、最高で45度に達していました。

これを見てもわかるように、もしくは直射日光の下に立ってみれば容易にわかるように、物体の受ける温度は周囲の空気の温度に加えて、直接体表面で吸収する熱量からも影響を受けます。

 

このため日焼けの原因は直接的には「温度」ですが、その温度に直接的、間接的に影響をもたらすものとして「日射量」があげられるのです。

 

日焼けのメカニズム

ではこのような温度の変化によってブドウがどのような影響を受けた結果として「日焼け」をしてしまうのでしょうか?

 

日焼けの被害を受ける箇所は明確にされています。

ブドウの果皮における「表組織 (Epidermis) とその下に存在する「柔組織・細胞 (parenchyma)」 がその場所です。

 

ある一定の温度以上になるとこれらの組織が影響を受け、その構造を変えてしまいます。

この結果としてブドウの果皮の表面にあるワックス層が変質してしまうのです。

 

ワックス層は果皮の外側から果実内にものが侵入することを防止していますが、同時に果実に含まれる水分などが外部に向かって蒸散してしまうことを防ぐ役目も持っています。

 

日焼けの被害を受けたブドウでの果皮ではワックス層がその構造を変えることでその役目を果たすことができなくなってしまうのです。

つまり、果実に含まれる水分を果実内にとどめておくことができずに蒸散させてしまうようになってしまいます。

 

この結果、日焼けの被害を受けた房では果粒が徐々に水分をなくしてしぼんだ様になっていき、最終的には日焼け被害を受けた場合の典型的な症状である干からびた見た目となるのです。

 

日焼けしやすい品種とタイミング

日焼けは果皮表面に存在するEpidermisおよびParenchymaで生じます。このため、一般的には果実の大きな品種の方が日焼けの被害を受けやすいとされています。

 

これは果実の大きな品種ではブドウの粒の体積に対して果皮の割合が少なく、相対的に加熱されやすいためとみられています。

 

また日焼けの被害が出やすい時期というものも存在しており、結実した実が柔らかくなる直前くらいが最も被害が出やすい時期として知られています。このほかにも果実の熟成が始まるくらいの時期も被害が出やすい傾向にあり、この場合には日焼けがさらに進行した「火傷」といえるほどの状態になることもあります。

 

逆に言えば、まだ結実したかどうかというくらいの今の時期にすでにそれとわかるほどの被害が出るのはかなり異例な事態といえます。

 

日焼けに効果的な対策とはなんなのか

すでに述べてきたように日焼けの原因は上がりすぎたブドウの表面温度です。

 

このため極めて単純に言ってしまえばブドウの果実の表面温度を下げてやることができれば、それは有効な対策となります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。 https://www ...

2

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

3

2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品がメダルを獲得 ...

-Member, 栽培
-, , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld