Member 徹底解説

徹底解説 | ぺトロール香

更新日:

ぺトロール香」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

主にワインのテイスティング、特に年代物のRiesling (リースリング) のワインをテイスティングしている際などに耳にすることの多い単語なのではないかと思います。

人によってはテイスティングの試験などでこの香りをかいだ瞬間に、そのワインに使われたブドウ品種をRieslingだと確定した経験をお持ちの方もいるかもしれません。

 

ワインに関係する特殊な香りの中では比較的有名なペトロール香ですが、これが具体的にどういうもので、何が原因で発生するものなのか、ということまでご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

 

「ぺトロール (petrol)」とはそのままガソリンのことです。

ワインのシーンで言う「ぺトロール香」とはこのぺトロール、つまりガソリンのような香りのことを指していて、ほかにも重油香、灯油香、ケロジン香などとも呼ばれます。

香りはそのままガソリンやまさに灯油のような香りで、空港の飛行機発着場の近くに漂っている香り、といってもいいかもしれません。

 

ワインと灯油、まったくイメージがつながらない両者ですが、実際に一部のワインからはこの香りをかぐことができます。

今回はなぜそんなガソリンのような香りがワインからするのか、という疑問を徹底解説します。

 

この記事を読んでいただくことでぺトロール香とは何なのか、どうしてワインの中からそんなにおいがするのか、そしてこの香りを避けるためにワイナリーではどのようなことをしているのか、ということを知っていただくことができます。

 

シンナーやワックスの香りの好みが人それぞれであるように、ぺトロール香も好みの差がはっきりと出る類の香りです。

この香りが好きでも嫌いでも、その正体を知ることでコルクを開ける前からある程度その存在の可能性を予想できるようになるはずです。

 

そして、この記事を読んだ後には「ぺトロール香 = Riesling」という構図は頭の中でその存在感を随分と薄くしているはずです。

 

ぺトロール香はRiesling特有の香りなのか

「ぺトロール香」というとRieslingの代名詞のように言われることが多々あります。

人によってはブラインドテイスティングでこの香りを嗅いだ瞬間にブドウ品種をRieslingと確定するくらい、この両者の関係は強いものと認識されています。

 

では、ぺトロール香はRiesling特有の香りなのでしょうか?

答えはNoです

 

確かにRieslingのワインからはこの香りがすることが多いのですが、この香りはRieslingにしか出ない香りというわけではありません

可能性という意味では赤ワイン用品種、白ワイン用品種に関わらずどのブドウ品種から造られたワインからでも検出され得るものです。

 

ぺトロール香はRieslingの香り、という構図はまさにステレオタイプだということをまずは確認してください。

 

ぺトロール香の出やすいワイン

ぺトロール香が出やすいワインにはある程度条件があり、それは以下のようなものです。

 

  • Rieslingを使ったワイン
  • 特定の酵母を使って発酵させたワイン
  • 熟成を経たワイン
  • 暑い地域のワイン
  • 暑い年のワイン
  • 比較的高い温度環境下で保管されたワイン

 

これらの理由は以下の説明のなかで明確にしていきます。

一方で仮にぺトロール香のするワインが好みに合わない場合には、単純に上記の各種条件に一致しないワインを選べばまずこの香りに当たることはありません。

 

ぺトロール香の正体とはなんなのか

ワインの勉強をしている方にはぺトロール香の原因はTDNである、という話を聞かれたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

TDNとは1,1,6-trimethyl-1,2-dihydronaphthalene (トリメチルジヒドロナフタレン) の略です。

長い名前に読むことにさえ嫌気がさしそうですが、末尾の「naphthalene」という単語に注目してください。そう、ナフタレンです。

 

ナフタレンといえば原油から精製されるナフサから作られる物質、もしくは防虫・殺虫剤の成分として有名です。この辺りから、この物質を含むことでガソリンのような香りがする理由が分かっていただけるのではないでしょうか?

 

余談ですがこのTDN、人間が知覚できる閾値はおよそ2μg/L程度といわれています。これに対して熟成したRieslingのワインでは50μg/Lを超えるTDNが検出されることもあるほどです。

この「熟成したRieslingのワインには多量のTDNが含まれる傾向が強い」という事実が、TDN (ぺトロール香) = Rieslingという図式を作る大きな要因となっています。

 

さて、ぺトロール香の原因物質がTDNであることはすでに明確です。

このため多くのサイトでもこのTDNが含まれることが原因でぺトロール香がする、という解説がなされているのですが、この説明はブドウの栽培およびワインの醸造的側面から見れば間違いではないのもののいささか物足りません。

 

TDNはぺトロール香の原因ですが、このオフフレーバーがワインに含まれてしまう根本原因では厳密にはないからです。

 

注目すべきはTDNではなくCarotinoid

「TDNはぺトロール香の原因であるが、オフフレーバーの根本原因ではない」、という一文に混乱していらっしゃる方も多いかもしれません。

 

すこし整理しましょう。

 

まず、ぺトロール香の原因物質はTDNです。 (ここがそもそも分かりにくいのですが、TDN自体がぺトロールのようなにおいがします。TDNがワイン中で何かをすることでこの灯油のような香りが生じているわけではありません)

一方で、ぺトロール香のするワインに含まれるTDNの多くは、収穫および発酵等の醸造時点ではブドウの果汁内には含まれていません

 

TDNの多くは発酵後(もしくは醸造後)の熟成段階で生成されます

つまり栽培、醸造段階でTDNをどうにかしようとしてもそれは不可能です。なぜならこの時点でTDNはまだほとんど存在していないからです。

 

ここで重要なのは、TDNとはいわば副生成物のような存在である、ということです。この意味で、TDNはオフフレーバーの根本原因ではないのです。

 

では何が根本的な原因物質なのかというと、それがCarotinoid (カロテノイド) です。

 

Carotenoidから作られるTDN

Carotenoid (カロテノイド)とは人参に含まれていることで有名なβ-カロチンなどを含む天然色素の一群のことです。

「一群」と書いているように、Carotenoidはある特定の物質を指す単語ではなく、およそ800種類近くもの物質群を表す総称です。

 

Wikipediaによると、

カロテノイド(カロチノイド、carotenoid)は黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群である。微生物、動物、植物などからこれまで750種類以上のカロテノイドが同定されている。 (中略) 自然界におけるカロテノイドの生理作用は多岐にわたり、とくに光合成における補助集光作用、光保護作用や抗酸化作用等に重要な役割を果たす

とされています。

 

ブドウに含まれているのはTDNではなくこのCarotenoidです。

 

このCarotenoidがブドウの成長中もしくは発酵、ワインとしての熟成中に分解され、その分解されて生じた成分が酵素等による反応などを経て再合成することでTDNを含むNorisoprenoid (ノルイソプレノイド)と呼ばれる香気成分群がブドウ内もしくはワイン内に生じます

 

Carotenoidを出発点として合成される物質(Norisoprenoid)はTDNだけではありません。

一方でブドウ中に含まれるCarotenoidの量が増えるとそれだけTDNの合成確率が相対的に高くなりますので、結果としてぺトロール香の出る可能性が高くなります。

一般的なCarotenoidの構造 (Wikipediaより)

 

必ずしもネガティブではないNorisoprenoid

TDNはNorisoprenoidのうちの一つではありますが、すべてではありません。

Norisoprenoidにはほかにもβ-Damascenoneやα-およびβ-iononeを含むvitispiraneという物質も含まれます。

 

中でもβ-Damascenoneはそれ自体がフルーティーな香りを持つだけでなく、他のフルーティーな香りを持つ成分をより強調させる効果があるとして赤と白両方のワインにおいて有用な成分であることが分かっています。

つまり、どんなワインにもCarotenoidを出発点として生成されたNorisoprenoidが含まれています。これはそのまま、どんなワインにもTDNが含有される可能性がある、という意味になります。

 

またTDNにしても微量であれば含有されていてもワインに複雑みを与えるとしてポジティブにとらえられることもあります。

この辺りは嗜好品として人それぞれ異なった好みがあるためとしか言えない部分でもあります。

主要なNorisoprenoid

 

Carotinoidとは何なのか、なぜ作られるのか

これまでの説明でTDNを減らすためにはその原因物質であるCarotinoidを減らしてやればいい、ということに気が付かれた方も多いのではないでしょうか?

 

ではCarotinoidを減らすには具体的にはどうすればいいのでしょうか?

それを知るためにはCaroteinoidがブドウ中に含まれている理由を知る必要があります。

 

そもそもCarotinoidが存在する理由は前述のWikipediaからの引用にもあったCarotinoidの働きにあります。

もう一度振り返ってみましょう。

 

Carotinoidの役割は、

  • 光合成における補助集光作用
  • 光保護作用
  • 抗酸化作用

といったものです。

つまり色を持つことで太陽光の吸収を上げ光合成の効率を補助する一方で、その集めた光によるダメージを軽減すること、といえます。

 

これはいわば以前の「徹底解説|赤ワインはなぜ赤いのか?」などでも触れた、フェノールと同じ側面を持っているということでもあります。太陽光からのダメージが大きくなる地域、つまり紫外線の強い地域においてCarotenoidはより多く作られる傾向があります。

徹底解説 | 赤ワインはなぜ赤いのか?

  赤ワインはなぜ赤いのか?   こんな疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか? この疑問の回答を得るべく調べてみると、割と簡単に得られるのが以下のような情報です。 & ...

続きを見る

 

逆に言えば、ブドウが紫外線からダメージを受けることを何らかの手段で防ぐことができれば相対的にCarotenoidの生成量を抑制することができる、ということでもあります。

この辺りの対策はブドウの日焼け対策にも通じる部分です。ブドウの日焼けとその対策については「気温の上昇で被害が続出 | ブドウの日焼けとはなんなのか」の記事にまとめています。

気温の上昇で被害が続出 | ブドウの日焼けとはなんなのか

夏の時期を迎え、畑ではブドウの樹が成長を続けています。 これをうけて今畑では伸びた副梢の除去や除葉、そして成長点の切り落としなどの作業が同時並行的に進められています。   そんななか、去る6 ...

続きを見る

 

強い紫外線以外のCarotinoidの生成を促す要因としては、

  • 高温
  • 乾燥
  • 特定の栄養素の不足

などがあげられます。

これらの要因を見ていただくとわかる通り、Carotinoidの生成にはストレス要因が強く関わっています

 

なぜRieslingはTDNが出やすいのか

Carotenoidの性質はフェノールに似ている、ということを書きました。

お互いがともにUVからの保護物質であり、紫外線が強くなるとその生成量が多くなるという共通点があります。

 

実はこれ以外にもこの両者には共通点があります。

それはそれぞれが生成され、蓄積される場所です。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。 https://www ...

2

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

3

2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品がメダルを獲得 ...

-Member, 徹底解説
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld