抽出

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。

引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。

ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。

 

一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香りの幅が広いせいか、特徴的である割に特定しにくい、分かりにくい、と思われている方も多いように感じます。

筆者自身もドイツに居住し、リースリングを主体としたワイナリーに勤務して日常的にリースリングに触れていますが、いざその特徴を端的に説明しろ、と言われると少々、戸惑います。

 

 

そこで今回は、リースリングに特徴的な香りの成分を化学的な面からみていきます。

主役はMonoterpen (モノテルペン) 類とNorisoprenoid (ノルイソプレノイド) 類。横文字が多くなりますが、どうぞお付き合いください。

 

ワインの香りと化学物質

ワインには多くの香りが含まれていますが、それらの香りはすべて、化学物質に由来しています。

ワインに含まれる香りのもとになる化学物質は1000種類を超えると言われていますが、その中でも重要なものとして次の3種類が挙げられます。

  • Isoprenoide (イソプレノイド)
  • Methoxypyrazin (メトキシピラジン)
  • Mercaptan (Thiol) (メルカプタン / チオール)

今回の記事で取り上げるモノテルペン類とノルイソプレノイド類はどちらも上記のイソプレノイド系の化合物に分類されています。また、メトキシピラジンやチオールについては別の記事で扱っていますので、ご興味ある方はそちらも参考にしてください。

ワインにおけるメトキシピラジン量と環境要因

はじめまして。 読者の中にはもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 Nagi's Wine Worldのライターとして招待して頂いた奥村嘉之と申します。 詳しいライター情報はライター一覧 ...

続きを見る

メンバー限定記事 | チオールと銅の関係

こちらの記事はNagiが主宰するサークル「醸造家の視ているワインの世界を覗く部」メンバーの方限定の記事となります。 こちらの記事およびサークルにご興味をお持ちいただける方はぜひ覗いてみてください。 ▼ ...

続きを見る

 

なお、面倒くさいのですが、モノテルペン類にしてもノルイソプレノイド類にしても「~ 類」と書いているようにある特定の化学物質を指しているものではなく、ある特徴をもった化学物質の群を意味する総称です。

 

マスカット系品種に特徴的なMonoterpen類

モノテルペン類、もしくはモノテルペンアルコール類と呼ばれる群に属する化学物質の中で特にワインにおいて重要なのがlinalool (リナロール) とgeraniol (ゲラニオール) です。

 

リナロールはスズランやラベンダー、ベルガモット、オレンジ様の香りの原因物質であり、ワインに限らず香料として一般的に広く利用されています。

ゲラニオールはバラの香りをもつ化学物質です。ゼラニウムから発見された物質で、こちらも香水などに広く利用されています。

 

これらのモノテルペン類を多く含むブドウ品種ではマスカット香が強く感じられます。またアロマティック系品種と呼ばれるブドウ品種の多くもこのモノテルペン類を多く含む品種となっています。

モノテルペン類の含有量をブドウ品種ごとに測定した研究が1986年に行われており、その結果は以下のように報告されています。

マスカット系品種 (マスカット・アレキサンドリア、ゲルバー・ムスカテラーなど): > 6 mg/L
マスカット系品種以外のアロマティック系品種 (リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ヴィオニエなど): 1 ~ 4 mg/L
マスカット系の香りを持たない品種 (シャルドネ、ピノノワール、シラーなど): < 1 mg/L

 

フルーティーさを感じさせるNorisoprenoid類

ノルイソプレノイド類もしくはノルイソプレノイド誘導体と呼ばれる群で重要とされているのが、ß-Damascenon (β-ダマセノン)、ß-Ionone (β-イオノン)、そして1,1,1-trimethyl-1,2-dihydronaphtalene、つまりペトロール香の原因物質として知られるTDNです。TDNについては以前、詳しく解説した記事を書きました。

徹底解説 | ぺトロール香

「ぺトロール香」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?   主にワインのテイスティング、特に年代物のRiesling (リースリング) のワインをテイスティングしている際などに耳にすること ...

続きを見る

 

β-ダマセノンはリンゴのコンポートや花、パイナップルやバナナを思わせるトロピカルフルーツ系の甘い香りを、β-イオノンはイチゴやラズベリー、キイチゴなどベリー系の香りやスミレの香りを持ちます。この2つのノルイソプレノイド系化合物はある種の甘藷焼酎の香気成分としても報告されているそうです。

 

ノルイソプレノイド誘導体に属する芳香系化学物質は全体的にヒトが感知できる閾値が低いことも特徴です。

β-ダマセノンはワインの中では50 ng/L 程度、β-イオノンはワイン中で90 ng/L 程度から知覚されることが報告されています。この一方でβ-イオノンは25 ~ 50%のヒトが知覚することが出来ないともされています。

ちなみにβ-イオノンはブルゴーニュのピノ・ノワールに特に多く含まれていることも知られています。

 

リースリングにみるNorisoprenoid系化合物

モノテルペン類にしてもノルイソプレノイド誘導体にしても各化学物質がそのままブドウの中に存在していることは余り多くありません。これらの化学物質はその多くが糖と結合した配糖体、グルコシド (Glucoside)として存在しています。

配糖体として存在している状態ではその化学物質は無味無臭な状態ですので、そのままではワインに含まれていても香りを感じることはありません。このためこれらの芳香系化合物が実際にその香りを出すためには何らかの方法でこれらの配糖体が糖と芳香系成分に分割される必要があります。

 

特にノルイソプレノイド誘導体はほとんどのブドウ品種で配糖体を形成した結合状態でのみ存在しています。しかしこれに対して、リースリングでは遊離型のノルイソプレノイド誘導体が有意に多く存在していることが確認されています。

また結合型の含有量もシラーやシャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、マスカット品種よりも多くなっています。

 

複数の研究結果を横断的に比較してみると、遊離型と結合型の合計の含有量ではセミロン (Semillon) が265 μg/kg ともっとも多かったのですが、リースリングではこれに次いで214 μg/kg となっていました。

メモ

この比較の対象となったノルイソプレノイド誘導体は、Hydroxy-3-ß-Damascenon, oxo-3-α-Ionol, oxo-4-ß-Ionol, Hydroxy-3-ß-Ionol, Hydroxy-3-dihydro-7,8,-ß-Ionolです

 

ここからはモノテルペン類やノルイソプレノイド類がどうやってワインの中に入ってくるのか、どのような過程を通して香りを感じられるようになるのか、といった点を見ていきます。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

Member ワイン

2020/9/13

Rieslingに特徴的な香りを考える | モノテルペンとノルイソプレノイド

ドイツワインを代表する白ワイン用ブドウ品種であるリースリング。 引き締まった酸と透明感のある果実味を持つワインを生み出す品種です。熟成をしていくと特徴的なペトロール香が出ることでも知られています。 ブラインドテイスティングの際にはこのペトロール香を頼りに品種を特定していく、という方も多いのではないでしょうか。   一方でリースリング自体はアロマティック系のブドウ品種としても知られています。特徴的な香りは白桃、レモン、アプリコット、白い花、はちみつ、トロピカルフルーツ。産地や造りによって出てくる香 ...

Member 醸造

2020/5/24

低コスト醸造が生み出すもの | 安いワインの含有成分を考える

前回の記事、「安いワインと頭痛の関係 | ワインあるある」では値段が手ごろなワインを飲むと頭痛を感じるのは実はこのカテゴリーのワインが「安い、うまい」を備えたワインだからこそ、という話を書きました。これはいわば飲酒量という、量の視点から見た場合のことでした。一方で、頭痛という体調への影響を及ぼす可能性を検討するには量だけではなく、質の面から目を向けることが必要です。 特に、頭痛だけにこだわることなくその他のアレルギー性の反応を対象とするのであればこの点は絶対に避けて通ることは出来ません。 今回の記事ではこ ...

Discussion Member

2020/4/10

オーク樽とステンレス、コンクリートタンクとの最大の違いは酸素接触量、は本当か

このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインして下さいログイン会員登録はこちらから

醸造

2020/8/7

カーボニックマセレーションという醸造手法

何かとフランス語の借用が多いため、分かりにくく馴染みにくいのがワインの醸造関連用語。 ですが、そんななかにあって“カーボニックマセレーション”という名前を何となく耳にしたことがある人は意外と多いのではないでしょうか?   カーボニックマセレーションとは、一般にはシャンパーニュ(シャンパン)と並んで日本でもひときわ知名度の高いワインである、「ボジョレー・ヌーヴォー」の生産手法として広く知られている醸造手法のことです。   日本ではカーボニックマセレーション (Carbonic macer ...

醸造

2020/8/7

醸造技術 | 低温マセレーションとはなんなのか

ワインの醸造技術の1つである、マセレーション。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?   一部では一般用語のようにも使われているこのマセレーション (Maceration) ですが、意外に正確な情報は少ないようです。 今回はこのマセレーションのバリエーションの1つである「低温マセレーション」を軸にこの醸造技術について解説をしていきます。   マセレーションとはなんなのか? 一言で言ってしまえば、マセレーションとは果皮浸漬のことです。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | N ...

徹底解説

2020/8/7

徹底解説 | オレンジワインの造りかた

前回、「オレンジワインは自然派ワイン? | ワインあるある」と題した記事でオレンジワインの定義や成り立ち、どうしてオレンジワインが自然派ワインと同一視されやすい環境が出来上がってしまったのかといった点について解説を行いました。   今回はより醸造的な側面からこのオレンジワインというものを解説していきたいと思います。   この記事を読んでいただくことで、醸造における基本的な注意点や特徴である色味の根拠とその抽出方法、適正なブドウ品種などについて知っていただくことが出来ます。 醸造家の視て ...

ワインあるある

2020/8/7

オレンジワインは自然派ワイン? | ワインあるある

オレンジワイン、という名前を聞いたことがある人は今やもう多いのではないでしょうか?   このオレンジワインという単語が聞かれはじめてそれなりの時間が経ちました。そういった流れの中で同じようによく聞くのが、オレンジワインは自然派ワイン、というものです。   実際にこの記事を読んでくださっている方の中にもオレンジワインは自然派ワインの一種だと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?   これは実は大いなる誤解です。 オレンジワインは厳密に言えば自然派ワインではありません。 ...

Free 徹底解説 醸造

2020/5/1

徹底解説 | 赤ワインはなぜ赤いのか?

  赤ワインはなぜ赤いのか?   こんな疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか? この疑問の回答を得るべく調べてみると、割と簡単に得られるのが以下のような情報です。   赤ワインの色の原因はアントシアニンという物質 より多くのアントシアニンを抽出するために赤ワインの醸造工程では果皮も漬け込んでいる   これは正しい回答です。 赤ワインが赤い理由は確かにアントシアニンを含んでいるからですし、このアントシアンの抽出を補助しているのがマセレーションと呼ばれる果 ...

品質管理 醸造

2020/8/7

発酵途中の温度管理 | 液温を上げるタイミングとその温度

ワインの醸造を行っていく場合に、ブドウを絞ったジュースや発酵後もしくは発酵中のワインの温度を意図的に上げたり下げたりすることがあります。 ジュースやワインの温度を下げるケースに関しては、「発酵途中の温度管理 - 液温を下げる」という記事でまとめました。   今回はこのケースとは逆のケース、温度を上げる場合についてそのタイミングと設定する温度について解説します。   発酵前に液温を上げる手法はもちろん白ワインの醸造においても意味を持つものですが、特に赤ワインの醸造において大きな意味を持ち ...

© 2020 Nagi's Wineworld