ワイン法

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。

記事閲覧のみが可能となるお得なワンコインプランもご用意していますので、この機会にぜひご参加ください。

 

さて皆さんはワインが

"Der Wein ist der fermentierte Traubensaft (発酵させたぶどうジュース)"

と呼ばれる場面に出会った経験はあるでしょうか?

 

この呼び方が世界共通のものかどうかは残念ながらわかりません。しかし少なくとも筆者はドイツでワインの教育を受けている期間、何度かワインをこう表現する場面に出会いました。

発酵させたぶどうジュース。なんとも言い得て妙な呼び方です。

 

個人的にはとても好きな呼び方で、時々使ってもいました。しかし最近ではこの呼び方をすると、ワインではない、別の製品カテゴリーのことだと思われることが増えてきました。

"ノンアルコールワイン" です。

 

ノンアルコールワインはその特徴から、ワイン以上にこの呼び方がぴったりと当てはまる最近人気の製品カテゴリーです。

今回の記事ではこの古くも新しい分野に注目します。

 

世界で注目されるアルコールフリー

本来アルコールを含む酒類からアルコールを除去した、アルコールフリーなお酒は現在、世界中で注目を集めています。日本でもビールや梅酒、日本酒に至るまでアルコールフリーのものが販売されています。また日本ではハンドルキーパーに対する酒類の提供をかなり厳格に制限していますので、ご自身がこうしたノンアルコールビールやノンアルコールカクテル (モクテル)のお世話になった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

一方でこうした動きは最近始まったばかりのもの、というわけではありません。

例えばワイン。ドイツでは今から100年ほど前の1907年にはラインガウ (Rheingau) のリューデスハイム (Rüdesheim am Rhein) に拠点をおく、Carl Jung GmbH (https://www.carl-jung.de/en/startseite-english/) がアルコールを低減したワインの製法を開発し、ノンアルコールワインの製造に先鞭をつけています。

 

ノンアルコールワインとは何なのか

ノンアルコールワイン、アルコールフリーなワイン、アルコールを含まないワイン。

言葉遊びのようなものですが、案外難しいのがこのカテゴリーの定義づけです。

 

ノンアルコールワインを定義付けるうえで判断の基準となるポイントが2つほどあります。どちらにも関しても重要なのは「ワイン」であることです。

さてこの記事をお読みくださっている皆さんはこの「ワイン」という単語を定義付けることはできるでしょうか?

 

これまでにもいくつかの記事で書いてきていますが、ここ欧州では「ワイン」という単語はワイン法によって定義付けられます。そしてEUのワイン法上では

 

「ワイン」とはブドウを発酵させたもの

 

であることが明確に規定されています。そして同時に最低アルコール度数もまた規定されています。

一度整理すると、公的にワインと名乗って販売されていいものとは最低限度次の2つの条件を満たしたものになります。

 

  1. ブドウを原料とし発酵工程を経ているもの
  2. 1. の結果として規定された最低アルコール度数を満たしているもの

 

一方でノンアルコールワインは最低でも2.の条件を満たしませんので、公的に「ワイン」としては認められず、あくまでも"ワインを原料として作られた飲料"の範囲に留まるものです。

 

こうなってくるとすでにどうやっても「ワイン」にはなりえないので、だったら1.の条件も無視してしまっていいじゃないかと思えます。確かに製品の管理カテゴリー上はそうしていても何の問題も生じませんが、そうするとそれは

 

発酵させていないぶどうジュース = つまり普通のぶどうジュース

 

になってしまいます。ノンアルコールワインではなく、ノンアルコールぶどうジュースになってしまうわけです。

これではノンアルコールワインという製品カテゴリーにさえ当てはまらなくなってしまいますので、最低限度、上記の1.の条件を満たしていることが必要と考えられています。

 

また直近の動きとして、EUワイン法の見直し議論にこのノンアルコールワインが該当するカテゴリーの新設が議論されています。この見直し案が採択され場合、ノンアルコールワインはワイン法の範囲内として扱われることとなりますので、1.の条件を満たすことは必須とされる可能性が高くなります。

変わりつつあるワインの世界 | EUワイン法の視点から

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)" ...

続きを見る

 

つまり、ノンアルコールワインとはいろいろな側面からも

発酵したぶどうジュース

でなければならないのです。

 

次のページ以降では以下の内容に沿ってお話を続けていきます。

  • アルコールフリーなワインの造り方
  • 蒸留と成分の揮発
  • 揮発成分の戻し方
  • 一緒に蒸発させないという考え方
  • 今回のまとめ | ノンアルコールワインはワインのなのか



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

Member 醸造

2020/12/3

ノンアルコールワインの造り方 | ワインがワインであるために

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。 記事閲覧のみが可能となるお得なワンコインプランもご用意していますので、この機会にぜひご参加ください。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。 https://note.com/nagiswine/circle   さて皆さんはワイン ...

Member コラム

2020/11/27

変わりつつあるワインの世界 | EUワイン法の視点から

この記事はドイツで発刊されている専門誌"der deutsche weinbau" #23/20に掲載された記事、"Kalorien sollen aufs Etikett (Seite: 8-9)"の内容に基づいて書かれています   生き馬の目を抜くようなペースで世の中の嗜好が変化をしていっている昨今、どんなに愛されてきた長寿ブランドであっても長くても10年周期で商品をリニューアルしていくことが必須だと言われています。 この一方で、ブランドは変化を余儀なくされていたとしても、そのブランドが属し ...

醸造

2020/9/26

ワインにおけるアルコール度数の調整 | 加水を考える

気候変動の影響で地球全体で気温が上がり、それにともなってワイン用のブドウの生長が速くなってきています。 冬が暖かくなったためにブドウの芽吹きが早まり、さらに暑い夏を通して今まで以上に熟したブドウを収穫できる。なんとも夢のある話に聞こえますが、ワイン造りの現場ではこの一見いいことのように思える動きに頭を抱える機会が増えてきています。   それが、ブドウの過熟によるワインのアルコール度数の上昇です。   年々早まる収穫の時期 本日のリースリング まさか10月の声を聞く前にこんなに熟したリー ...

Free ワイン

2020/8/3

参考図書: ワイン法関連

こちらのサイトやnote上にて公開している記事のいくつかでワイン法に関する内容を取り扱っています。 「日本ワイン」という呼称はガラパゴスの入り口な気がする|Nagi@ドイツでワイン醸造家|note 最近の日本ではワインがブーム。かなりの数のワイナリーが毎年新しく起ち上げられ、この業界に関わろうとする方々の数もまさにう… https://note.com/nagiswine/n/n574bcdf4084a 一方で、筆者自身は造り手として必要となるワイン法の知識は修めていますが、専門家と言う訳ではありません。 ...

Member ワイン

2020/8/31

ハイブリッド品種は「不味い」のか | フォクシーフレーバーを考える

ワインの旧世界と呼ばれる欧州から日本のワイン業界を見ていると感じる大きな違いの一つに品種に関するものがあります。 国や地域によって栽培しているブドウの品種は違うものの、EU圏内のワイン法によってワインを生産している国では「ワイン」として認められるためには最低限、Vitis viniferaと呼ばれる種に区分される系統のブドウ品種でなければならないとされています。一方で日本ではVitis labruscaなど、アメリカ系品種と呼ばれる品種やこうした品種との直接交雑種であるハイブリッド品種を使ったワインをよく ...

Member ワイン

2020/7/24

ワインとアレルギー

ワインといえばブドウだけから造られているので、アルコール以外にアレルギーの心配はない、と思われている方は少なくないのではないでしょうか。 ところが事実はこのような認識からは少し離れたところにあります。   ワインに含まれるアレルギーの原因となる成分であるアレルゲンとしては、酸化防止剤の名前で知られる二酸化硫黄が有名です。SO₂という表記もされるこの化学物質は頭痛の原因物質であるという、間違った俗説でワイン業界における最大の悪役に一躍上り詰めてしまった添加物の一種ですが、ワインにはこうした原料のブ ...

Free 醸造

2020/5/1

ドイツにおける赤ワインと白ワインの混合

Twitter上でPostした、ドイツ国内で赤ワインと白ワインを混ぜてロゼが造れるってお話は間違いですよ、というPostが意外に反応が多かったので、念のため一次情報と合わせて記載しておきます。   あぁ、分かった ロゼではないケースの話か... ロゼとして売ってはいけないものはワインとしても”ロゼ”ではないので、これをロゼの製造方式として考えてはダメなやつですね 誰が広めたのか知りませんが、完全に解説ミスだと思われます ”ロゼ”は赤と白の混合は認められていません ご注意ください — Nagi@ド ...

Member 徹底解説 醸造

2020/5/1

なぜロゼワインは分かりにくいのか

以前、ロゼのワインは産地や品種が分かっていても内容が想像しづらい、という話題を見かけたことがあります。 これはとても興味深い半面、ワインを実際に造っている側からすると、「あぁ、まぁそうかもしれないな」と納得できてしまう点でもありました。ではなぜ、ロゼは仮に飲む前から産地や品種が分かっていてもそこと実際のワインを結び付けることが簡単ではないのでしょうか? 今回はそんな疑問に対して、「ワイン造りの方法に基づく理由」に焦点を当ててみていきたいと思います。 普段からロゼを飲んでいてどうもモヤモヤすることがある、と ...

Free ワイン

2020/5/1

濁ったワインは何が悪いのか

  「濁りワイン」 日本では意外に市民権を得ている印象の強いワインのカテゴリーですが、これは日本独特な動きと言えます。 注意 「濁りワイン」という名称はもしかしたら特定の造り手に帰属する商標となっているかもしれません。今回の記事ではこの特定の商品を指しているわけではなく、積極的に「濁っている」ことを前面に押し出したワインのこと全般を指しています もちろん世界にも醸造過程を通してフィルターろ過を行わない「unfiltered」のワインは多く存在していますし、一部ではこのようなスタイルがブームのよう ...

ワイン

2020/8/7

アイスワイン | 希少性の上がり続けるその理由とは

まず皆さんに質問です。   世界的に見て、最も造りにくいワインといえばどんなワインかわかるでしょうか?   例えば、ドイツワインを見てみましょう。 今までにも何度か見てきたように、ドイツワインには以下のような等級があります。   QbA カビネット シュペートレーゼ アウスレーゼ ベーレンアウスレーゼ アイスワイン トロッケンベーレンアウスレーゼ   等級としてはTBAとも呼ばれるトロッケンベーレンアウスレーゼが最も高い位置に置かれています。等級の高いワインというこ ...

© 2020 Nagi's Wineworld