Member 栽培

栽培技術 | ブドウ栽培における病気への対策 - 防除の方法

更新日:

本格的な夏が近づき、日々気温が高くなるこの時期、ブドウはぐんぐんと成長していきます。

ブドウの成長が進むと畑では芽掻きやワイヤー上げ、副梢の除去などに加えて下草の刈り込みや土の鋤起こしなどやることが膨大になりますが、その中でもとても重要なのが病気への対策です。

 

病気への対策方法はいくつかありますが、今回はそのなかでも中心的な位置にある薬剤の散布について取り上げます。

 

病気の防除として薬剤を散布することをスプレーと呼びます。この記事でも以下、スプレーという単語を使って話を進めていきます。

なおスプレーの内容、つまり散布する薬剤については防除の対象となる疾病の種類によって異なります。今回の記事ではブドウ栽培における最も代表的な疾病であるベト病 (downy mildew)、うどん粉病 (powdery mildew / Oidium)、そして灰カビ病 (Botrytis) を中心に取り上げますが、記事の内容としてはスプレーを行うタイミングにも焦点を当てていきます

 

この記事はどのタイミングでスプレーを行えばいいのか、そもそもどうやってスプレーをすればいいのかわからない、という方に対しての回答となります。

また過去にスプレーで失敗をしたことがある方、減農薬や無農薬にこだわることでスプレーをしないことを目標に置きたい方にとっても、何をどのタイミンでスプレーすることがどのような意味を持つのかを知ることは極めて重要です。

 

スプレーとはなんなのか

ブドウ栽培におけるスプレーとは、カビ系をはじめとした各種病気や昆虫などによる被害を防除するために対策となる薬剤を散布することを言います。

多くの場合は液状のものや粉状の薬剤を水に溶いて濃度調整した上で噴霧します。

 

「薬剤」といってしまうとすぐに「農薬」というイメージに繋がってしまうかもしれませんが、散布するものの内容は化学的なものに限りません。自然由来のものなどもこの「薬剤」の範疇に含まれています。

 

スプレーにおける大原則

スプレーには大原則があります。

 

それは、「定期的に実施する」ということです。

 

病気がまだ出てないからいいだろう、薬剤の使用量を減らしたいからとりあえずシーズン中に3回くらい撒いておけばいいだろう、ということではないのです。このようなスプレーの方法は一切の意味を持たず、単に薬剤と作業のコストを畑に無駄にばら撒いているにすぎません

 

一度始めたスプレーは基本的には一定期間ごとに定期的に収穫の一定期間前まで継続して行う必要があります。

 

スプレーの方法

スプレーを行うための道具にはいくつかの種類がありますが、方法としては以下の2つに大別されます。

 

  • 手作業
  • トラクターなどの機械を使った作業

 

機械を使う方法には代表的なトラクターを使う方法の他にも、トラクターが入れない急斜面などではヘリコプターを使う方法などがありますし、最近ではドローンを使って行う方法も考案されています。

 

一方で手作業の方は、手押し式のポンプがついた小型タンクを作業者が背負って行う完全マニュアルの方法と、タンクとポンプはトラクターにつけて作業者は噴霧器を取り付けたホースを持って畑に入り、スプレーを行う半マニュアルの方法とがあります。

 

作業品質は機械作業のほうが上

そもそもトラクターなどを入れられない立地の畑では作業者が手作業で行わなければならないので選択肢はないのですが、そのような立地などによる制約がない状況においてはスプレー作業にはトラクターなどの機械を使うことが圧倒的に有利です。

 

これは作業速度や作業者の吸引リスクによる健康被害防止という意味もあるのですが、それ以上に作業品質的に優れるためです。

 

スプレー作業においてはブドウの列のどの場所においてもムラの無いように全面に、かつ一定した量が均一に噴霧されることが極めて重要です。

この作業品質を維持するために重要なのが噴霧圧噴霧器の位置なのですが、手作業の場合にはこの両方が瞬間ごとに非常に大きなバラツキを持ちます。このためどうしても薬剤の量が多い場所と少ない場所のバラツキが出るだけでなく、全く噴霧されていないムラの箇所が出てしまうのです。

ちなみにこのムラをなくそうとすると今度はどうしても面積あたりの噴霧量が増える傾向になります。薬剤の使用量にはルールがありますし、極力使わないに越したことはない、という感覚からもムラを無くすために使用量を増やすというのは褒められたことではありません。

 

トラクターでのスプレーも使う器材の種類や設定、走行速度などによって噴霧圧などにバラツキは出ますが、こちらは手作業の場合のものよりも遥かに一定化しやすいものです。

 

このような理由から、可能であればスプレー作業にはトラクターを利用することを強くおすすめします

 

スプレー計画はどう作るか?

すでに書いたように、スプレーの大原則は必要なものを必要なタイミングで継続的に散布することです。

このためには事前にスプレー計画を作成し、その計画に基づいて実施していくのがもっとも確実でかつ楽な方法といえます。また計画をあらかじめ作っておくことでシーズン中に必要となる薬剤の種類や大体の量がわかりますので、こういったものも事前に準備しておくことが可能となります。

 

計画作成に重要な情報とは

スプレーの計画は闇雲に作れるものではありません。

 

例外は化学品の使用にまったく拒否感がなく、積極的にもっとも効果的な組み合わせでの使用を行っていく場合です。この場合には栽培家が自分で計画を考える必要は原則としてなく、主に薬剤メーカーが提供しているスプレー計画に従って指示通りの薬剤を指示通りの時期に指示された量で散布していけば問題ありません。

使用する薬剤の種類や量が多くなりがちなのでコストは高くなりますが、ブドウの健康状態を守るという意味ではもっとも安全性の高い方法です。

 

一方で栽培家が自身で計画を作る際には以下のような情報に気を使う必要があります。

 

  • スプレーの対象とその罹患状況
  • 薬剤の有効期間
  • それぞれの薬剤の親和性
  • 耐性回避のための注意事項
  • 残留期間

 

それぞれを詳しく見ていきます。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。 https://www ...

2

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

3

2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品がメダルを獲得 ...

-Member, 栽培
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld