Member ワイン

マグナムボトルであることの意味

更新日:

マグナムボトルというものをご存知でしょうか?

主にワイン用に使われるボトルには様々な種類があり、それらは主に内容量によって区別されています。”マグナムボトル”とはまさにこの「内容量」に基づく区分の一つで、通常のワインボトルの2倍の大きさをもつボトルのことを意味しています。ワイン用に使用される最も一般的なボトルのサイズは750mlですので、マグナムボトルはこの2倍、つまり1500mlの内容量を持つボトルのことになります。

一般的にマグナムボトルに詰められたワインは、通常サイズのボトルに詰められた同一のワインの価格よりも容量単価でみて高い値段がつけられます。これはなぜなのか、醸造的な視点を交えつつ見ていきたいと思います。

世界で統一されているボトル規格

ところで、ワインボトルのサイズが世界で標準化されていることはご存知でしょうか?

この750mlを基準とした世界標準のルーツはイギリスとフランスにあるとされています。イギリスのガロン(4500ml: 4.5L)とフランス、ボルドーの樽(225000ml: 225L)の関係から決まったとされているのです。イギリスは歴史的にボルドーワインの一大消費地だったため、この両者の関係が元になって規格化がなされた、というのは非常に納得しやすいところです。

一方で、日本はこの規格から外れています。

日本におけるボトルの標準サイズは720ml。日本酒の単位である1合180mlが由来となって制定されている規格です。この規格の差が主に日本からワインを欧州に輸出する際に問題となっている部分もありますが、それは今回の記事の趣旨からは外れるため、別項に譲ります。

 

容量ごとに異なる名前がついている

すでにマグナムで見たとおりですが、それぞれの容量をもったボトルにはそれぞれに異なった呼び名があります。しかも場合によってはボルドーとシャンパーニュで同じ呼び方なのに内容量が違っている場合も一部であったりしているのでとても面倒です。

ただ一般的には以下の4種類を知っていれば十分かな、とも思います。

内容量 : 呼び方

  • 375ml : ハーフボトル
  • 750ml : フルボトル
  • 1500ml : マグナム
  • 3000ml : ダブル・マグナム

なお、具体的なフランスでの容量ごとのボトルの呼び方やボトルの種類にご興味がある方は以下のサイトが詳しいですので参考にしてみてください。

 

 

マグナムが高いのはなぜなのか

マグナムボトルに詰められたワインの販売価格は、まったく同じワインでフルボトルに詰められた場合の価格の2倍よりも高いことが一般的です。どのくらい違いが出るものなのか、以前の記事で書いた具体的な数字がありますのでそれを引用したいと思います。

 

 

2018年9月にドイツのBad Kreuznach(バードクロイツナハ)という街で行われたVDPというワイン生産者団体が主催で開催したワインオークションに、ドイツのみならず世界的にも有名なワインメーカーであるKeller (ケラー) というワイナリーの造ったTBA (Trockenbeerenauslese: ドイツにおける貴腐ワイン。詳細は上記の関連記事にて確認してください) がマグナムボトルおよびハーフボトルの二種類で出品されました。これらはボトルに詰められたワインは全く同じものでただ容量だけが違う、というものでした。

そしてそれぞれのボトルの落札価格は、

 

マグナムボトル: 6500ユーロ

ハーフボトル: 1000 ユーロ

 

でした。

ハーフボトルは容量的にはマグナムボトルの4分の1ですので、理屈上はそれぞれのボトルの価格差は4:1になっていなければなりません。ところが結果は上記の通り、6.5:1という大きな差がつけられたのです。

もちろんマグナムボトルはボトル自体の単価がフルボトルなどよりも高いなどコスト面で構成がフルボトルとは異なっています。ですのでそうした部材コストまで含めて考えた場合、単純に容量単価でフルボトルの2倍が適正価格というわけではないですが、それでも6倍も値段が違うということはありません。

これだけの価格差がつくということは、間違いなくマグナムボトルには何らかのファクターによる価格の上昇圧力がかかっている、ということです。

 

マグナムボトルには他のボトルにはない特別感がある

マグナムボトルはフルボトルの2倍の量があるだけあって、その存在感はなかなかのものがあります。この見た目や存在感が特別感に繋がり、その特別感が他のボトルにはない価値を生み出している、ということはマグナムボトルの価格が単純に容量単価でみた場合よりも高くなっているということの原因の一つになっていることは間違いがないのではないかと思います。

この”特別感”とは、

  • なかなか目にしないという非日常感
  • そもそもの生産本数が少ないという希少性
  • 単純に大きい、もしくは思いというサイズからくるインパクト

などを出発点にして高級感、プレミアム感を醸成し、買った側、渡した側、そして受け取ったもしくはもらった側にそれぞれ抱かれるものです。そうした数々のインパクトがポジティブな印象につながり、容量単価から見れば割高な価格を顧客に支払わせることに成功しているのです。

これらはいわば、マーケティングの側面からみたマグナムボトルの特別感だと言えます。

 

醸造面からみたマグナムボトルのメリット

ではマグナムボトルは単にマーケティング的に成功した事例でしかないのかといえば、それは違います。醸造の視点から見た場合にも、フルボトルとマグナムボトルとでは明確な違いがあり、その違いが価格差に反映される可能性があるのです。

フルボトルとマグナムボトルとの間にある明確な違い、それは「熟成のポテンシャル」です。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, ワイン
-, , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld