Member ワイン

マグナムボトルであることの意味

更新日:

マグナムボトルというものをご存知でしょうか?

主にワイン用に使われるボトルには様々な種類があり、それらは主に内容量によって区別されています。”マグナムボトル”とはまさにこの「内容量」に基づく区分の一つで、通常のワインボトルの2倍の大きさをもつボトルのことを意味しています。ワイン用に使用される最も一般的なボトルのサイズは750mlですので、マグナムボトルはこの2倍、つまり1500mlの内容量を持つボトルのことになります。

一般的にマグナムボトルに詰められたワインは、通常サイズのボトルに詰められた同一のワインの価格よりも容量単価でみて高い値段がつけられます。これはなぜなのか、醸造的な視点を交えつつ見ていきたいと思います。

世界で統一されているボトル規格

ところで、ワインボトルのサイズが世界で標準化されていることはご存知でしょうか?

この750mlを基準とした世界標準のルーツはイギリスとフランスにあるとされています。イギリスのガロン(4500ml: 4.5L)とフランス、ボルドーの樽(225000ml: 225L)の関係から決まったとされているのです。イギリスは歴史的にボルドーワインの一大消費地だったため、この両者の関係が元になって規格化がなされた、というのは非常に納得しやすいところです。

一方で、日本はこの規格から外れています。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, ワイン
-, , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.