Member 仕事の流儀

トラクターを転がせ!

更新日:

この記事は2018年8月に投稿した記事を一部加筆修正したものです

 

「ワイナリーで仕事をする上で、欠かすことのできない道具を一つあげるとしたらそれは何でしょうか?」

 

もしも人からこんな内容の質問を受けたらまず間違いなく

それはトラクターです

と即答する自信があります。

 

ワインを造る上で必須の道具というものは実際のところ無数にあります。タンク、ホース、ポンプ、ハサミ、バケツといったまさに”必須!”というものから、フィルター、樽、長靴、手袋、防寒具などのようなあるに越したことはない、というものまでもうそれは枚挙にいとまがありません。

なのになぜ、トラクターこそが必須!と言ってしまうのでしょうか?

あれば便利なトラクター

実際にはトラクターというものは、むしろなくてもなんとかなるカテゴリーに区分される道具です。

特に小規模のワイナリーでは投資コストを考えれば必要ないもの、と判断される可能性はそれなりに高いですし、日本のように棚作りでブドウを栽培している場合にはそもそも使い所がありません。フランスのワイナリーなどで話題になることが多いですが、最近ではトラクターの使用を止めて牛や馬に鋤を引かせてブドウ畑を耕し始めた、なんて例まであります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 仕事の流儀
-, , ,

© 2020 Nagi's Wineworld