Member ワイン

アイスワインを造るというギャンブル。果たして気温は下がるのか

更新日:

この記事は2018年12月2日に公開したものに一部加筆修正したものです

異様なまでに暑く、乾燥した夏を経験した2018年のドイツ。そんな気候から一転して湿度の高い冬に、多くのワインメーカーが頭を抱えています。

 

最近は世界的にも辛口のワインが存在感を増してきているとは言っても、外から見たらまだまだ甘口ワインの印象が強く残るドイツのワイン。そんなドイツの甘口ワインの中でも毎年その生産の可能性が話題になるのが、アイスワイン(Eiswein)です。

 

 

アイスワインは凍らせるものではなく、凍ったもの

そもそもこのアイスワインというワイン、”アイス”という名前が付いているがために凍らせるワインだという勘違いを受けることが往々にしてあります。アイスワインとは”凍らせた”ものでも”凍らせる”ものでもなく、自然に”凍った”ブドウから作ったワインのことを言います。アイスワインを造る際の規定に関しては、「カビネットって甘いんですよね?」の記事にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

カビネットって甘いんですよね?

  ドイツワインでカビネットやシュペートレーゼと聞くと、ほぼ自動的に甘いワインのこと、と思ってしまう方はワインの勉強をしている方でも多いようです。ワインの説明をしていると、たびたび聞かれます ...

続きを見る

 

その”凍った”とする条件も、外気温がマイナス7度以下になることとワイン法で明確に規定されており、冬にこの気温まで外気温が下がらない年にはアイスワインはいくら造りたいと思っていても造ることができません。毎年このアイスワイン造りに挑戦するワイナリーはそれなりの数あります。しかし彼らの期待や祈りとは裏腹に冬中を通して気温が下がることはなく、待っているうちにブドウが傷んでしまったりして泣く泣く諦める姿を見ることも多くあります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, ワイン
-, ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.