Member 仕事の流儀

アイスワインの収穫

更新日:

新たな2019年の年が明けて3週間、多くのワイナリーが半分以上も諦めながらそれでも待ちに待っていた情報が流れました。気温が一気に下がったのです。

天気予報が伝えたドイツ各地の最低気温は軒並みマイナス7度を下回り、場所によってはマイナス10度にまでなりました。アイスワイン用のブドウを収穫することが許された瞬間でした。

 

一気に下がった外気温

この線グラフはラインガウ (Rheingau) 地方に数あるブドウ産地のなかでも、有名なワイナリーが多く集まっているラインガウの中心地の一つとも言えるエアバッハ (Erbach) における最高気温と最低気温を表したものです。赤い線が最高気温、青い線が最低気温です。データは収穫がこの地方でブドウの収穫が行われた時期である2018年9月1日から2019年1月26日までのものを使用しました。

グラフをみていただくと明確なように、2019年1月半ばまでは一日の最低気温がマイナスになることは少なく、年が変わってからも5度前後まで上がる日が続いていました。最高気温に至っては10度前後であり、冬とは思えないまるで春先のような天候が続いていたのです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 仕事の流儀
-, , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.