ブドウ品種 白ワイン用ブドウ品種

SILVANER ‐ シルヴァーナー

更新日:

Foto: Rebschule Frytag

概要

Grüner Silvaner、Sylvanerとも呼称、表記されるドイツにおいて350年以上栽培され続けている伝統品種。オーストリアが原産と考えられている。トラミナー種とオーストリア系の土着品種であるエスタライヒッシュヴァイス (Österreichisch Wieß) の自然交配種。

安定的に収穫量を見込むことができる品種であるため、1970年代にはドイツにおけるワイン用ブドウの全耕作面積の30%以上を占める最大耕作品種でもあった。

Blauer Silvaner (ブラオアー シルヴァーナー) は色味における変異種。

 

特徴

房は円筒形をした中くらいの大きさで、コンパクトで粒は詰まり気味。果皮は固い。果粒はやはり中ほどの大きさで丸い形をしており、熟成の半ばまでは黄緑色をした果皮をしている。

樹勢は比較的強め、枝の節間は短め。このため副梢は出やすい。

花振るいしにくく、安定した収穫量を見込むことができるが、そのぶん房はコンパクトに詰まりやすいという特徴がある。なお、現在はよりバラ房で収穫量を抑えることのできるクローンの選定が進められている。

Foto: Rebschule Frytag

 

ワイン

非常に多彩な香りを表現することのできる品種。マルメロや植物の茎や草のような緑の香りからスパイシーな香りまで、エレガントなものからクリーミーな印象のものまで醸造方法によって実現することが可能。

Silvanerの品種の特徴として酸が少なめであるため、飲みやすいワインになりやすい。

 

植栽適正

石灰質である程度以上の保水性をもった土壌に適している。逆に乾燥性が強い土壌には向かない。

耐寒性はあまり高くない。

 

主なクローン

  • N62
  • St90
  • N60
  • Wa95
  • Wü92 など

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

2

ここ20年ほどで欧州においてブドウが遅霜による被害を受ける事例が増えてきています。ドイツで見てみれば、1997年、2003年、2011年、2017年と4度もの大被害を記録しているのです。 今年も4月に ...

3

最近は耳にすることが幾分か減ってきている気もしますが、ワインに含まれる酸化防止剤、つまり亜硫酸や亜硫酸塩と呼ばれる添加物がワインを飲んだ際に生じる頭痛の原因だとする言説があります。 まことしやかに囁か ...

-ブドウ品種, 白ワイン用ブドウ品種
-, ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2019 All Rights Reserved.