ブドウ品種 白ワイン用ブドウ品種

SILVANER ‐ シルヴァーナー

投稿日:12/07/2018 更新日:

Foto: Rebschule Frytag

概要

Grüner Silvaner、Sylvanerとも呼称、表記されるドイツにおいて350年以上栽培され続けている伝統品種。オーストリアが原産と考えられている。トラミナー種とオーストリア系の土着品種であるエスタライヒッシュヴァイス (Österreichisch Wieß) の自然交配種。

安定的に収穫量を見込むことができる品種であるため、1970年代にはドイツにおけるワイン用ブドウの全耕作面積の30%以上を占める最大耕作品種でもあった。

Blauer Silvaner (ブラオアー シルヴァーナー) は色味における変異種。

 

特徴

房は円筒形をした中くらいの大きさで、コンパクトで粒は詰まり気味。果皮は固い。果粒はやはり中ほどの大きさで丸い形をしており、熟成の半ばまでは黄緑色をした果皮をしている。

樹勢は比較的強め、枝の節間は短め。このため副梢は出やすい。

花振るいしにくく、安定した収穫量を見込むことができるが、そのぶん房はコンパクトに詰まりやすいという特徴がある。なお、現在はよりバラ房で収穫量を抑えることのできるクローンの選定が進められている。

Foto: Rebschule Frytag

 

ワイン

非常に多彩な香りを表現することのできる品種。マルメロや植物の茎や草のような緑の香りからスパイシーな香りまで、エレガントなものからクリーミーな印象のものまで醸造方法によって実現することが可能。

Silvanerの品種の特徴として酸が少なめであるため、飲みやすいワインになりやすい。

 

植栽適正

石灰質である程度以上の保水性をもった土壌に適している。逆に乾燥性が強い土壌には向かない。

耐寒性はあまり高くない。

 

主なクローン

  • N62
  • St90
  • N60
  • Wa95
  • Wü92 など

 

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

ブドウ栽培をしていくうえで、単位面積あたりに何本のブドウの樹が植えられているのか、という点は畑全体をデザインしていくうえで重要な情報になります。とはいっても畑の形状は千差万別。しかも周囲との状況によっ ...

2

二酸化硫黄、もしくは亜硫酸、という単語は、最近の日本のワイン業界では蛇蝎のごとく忌み嫌われる不健康ワードの代表のようになってしまっている印象を受けます。その一方で、これらの酸化防止剤を添加しない、二酸 ...

3

  このBlogでも度々話題にしている二酸化硫黄、やはり注目度の高い話題のようで、多くの方に御覧頂いているようです。ただその一方で、この物質を正しく解説したものが少ないからなのか、この二酸化 ...

-ブドウ品種, 白ワイン用ブドウ品種
-, ,

© 2020 Nagi's Wineworld