Member ワイン

アルコールフリーワイン

更新日:

ワインを売る立場でお客さんと接していると、そこまで多くはなくとも多少の驚きを感じる程度の頻度でアルコールフリーのワインについての質問を受けます。

筆者個人としては、日本にいた頃から”アルコールフリー梅酒”とか”アルコールフリービール”というものを目や耳にすると、口には出さないまでもそれはもう梅”酒”でもビールでもないだろ、という感想を持っていたこともあり、このアルコールフリーワインというものに対する需要に対しても、それならブドウジュースでいいんじゃないか?というある意味で失礼な感想を心の中で呟いたりしていました。

 

しかし、実際にはこの”アルコールフリー”というやつはワインでもビールでも最近の市場においては無視できない勢いを持っています。ワインはまだそこまで多くはないものの、ビールなどはビール大国であるはずのドイツにおいてさえ、スーパーの棚でそれなりの面積を確保しているほどです。アルコールフリービールを飲むなら、麦茶でも飲んだほうがいいんじゃないか、なんてことを言う人間は、徐々にその立場を隅っこの方に追いやられていく運命にあるのです。

 

 

アルコールフリーワイン = ブドウジュースか?

アルコールフリーワインとは、当然ながらアルコールを含まないワイン、という意味です。実際には製造方法やその管理方法によって0.05%程度のアルコールが残留しているようですが、基本的にはこの値を下回っていれば表記上は”アルコールフリー”をうたえるようです。

 

そして、このようにごくごく微量の残留アルコールを含むことからも、アルコールフリーワインはブドウジュースではありえません。なによりも、一度発酵過程を踏んでいる、という事実が名称的な部分はともかくとして、これらの液体が含有しうる成分という意味での内容的にこの両者を大きく隔てています。発酵過程を経ることで、香り成分を中心に複数の成分が生成されているためです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, ワイン
-, , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.