Member 醸造

プレスのはなし

更新日:

ワインを生産するために欠かすことの出来ない装置、というものは複数存在しています。そんな中でも特に重要度の高いものがプレスでしょう。

 

赤ワインでは多少状況は変わるのですが、概要的にみれば狭義のワイン造りはぶどうを搾り、ジュースを得ることから始まります。この、ぶどうを搾る、という行為に欠かすことの出来ない装置、それがプレスです。

 

 

プレスの種類

プレスにはいろいろな種類があります。

これは製造メーカーの種類、という意味だけではなく、その機構の種類、という意味でも同様です。

 

 

昔、むかし。プレスの起源の頃に遡れば、ワイン造りにおけるプレスはまだ人が足でぶどうを踏み潰す行為を指していました。それが徐々に機構を持った装置になり、機械化が進んで今日に至っています。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 醸造

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.