Member 発酵 醸造

発酵途中の温度管理 - 液温を下げる

投稿日:12/17/2018 更新日:

ワインの発酵とその間の温度管理はきっても切り離せない、とても重要な関係にあります。

ブドウを搾ったジュースがワインに変化していく発酵過程において、その間の液温が低すぎれば酵母が活動できずに思ったような発酵を得ることは出来ませんし、逆に液温が高すぎると今後は酵母の発酵が活発になりすぎ、ワインの香りを構成する上でとても重要な芳香系の成分が揮発してしまったりします。

 

特に酵母の活動が強くなりすぎ、発酵の状態が暴走してしまうことはワインの醸造面から見て絶対に避けたいため、発酵中の温度は比較的低めに留めることが最近では多くなっています。

この傾向は香りがより繊細な白ワイン系でより顕著で、白ワインの発酵時の管理温度は16~18度程度、赤ワインでは20~25度程度とするワイナリーが多いのではないでしょうか?

 

ちなみに赤ワインの発酵温度が白ワインの発酵温度よりも高いのは、赤ワインが香りを気にしていないというわけではなく、赤ワインに適した酵母の適正活動温度が白ワイン用の酵母よりも高めの領域にあることに加え、赤ワインの場合は果皮などからの抽出をかける必要があるためです。

また、一般的には赤ワイン用のブドウの方が収穫時の果汁糖度は白ワインの場合よりも高くなっている場合が多く、この高い糖度を残すこと無く完全に発酵させるためには白ワインの場合よりも高い酵母の活動量が必要になる、という側面もあります。

 

今回は、このワインの発酵時、もしくはその前後で行われる温度管理に関して、特に液温を低くする場合に焦点を合わせて詳しくみていきたいと思います。

 

ジュースの温度を冷やす時

一般的なワインの発酵を行う場合においては、この”ジュースの温度を適度に冷やす”というケースが最も多くなります。

 

まず、白ワインの製造過程においては収穫してきたブドウをプレスに入れて搾って得られたジュースを清澄するのにまず冷やします。これは、ジュースの液温を下げたほうがジュース内の不純物を沈殿させるのに効率が良くなるためです。

これは水に塩や砂糖を溶かすことを想像してもらえれば理解しやすいかと思います。水の温度が高いと塩や砂糖はより多くの量溶け込みますが、温度が下がると溶けた塩や砂糖は析出してきて容器のそこに沈殿します。

また、ゼラチンなども温度が高いと溶けますが、温度が下がると凝固します。

 

ジュースの清澄もこれと同じで、ブドウの果汁に含まれる余分な成分や混ざりものを析出させたり凝固させたりすることで沈殿させたいので、液温を下げる、というわけです。

 

発酵中も液温を下げる

すでに上にも書きましたが、白ワインの適正発酵温度は20度を下回っているために発酵中も液温を下げることがよくあります。

 

次のページ以降では以下の内容に沿って説明を進めていきます。

  • 発酵中も液温を下げる
  • 液温をもっと下げる時
  • 今回のまとめ



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

▼ 会員の方はこちらからログインして下さい
ログイン

▼ 今なら月500円ですべての記事と動画が読み放題!
会員登録はこちらから

次のページへ >

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

この記事を執筆するにあたりまず一番先に書いておかなければならないことがあります。それは、筆者は「アンチ自然派」と呼ばれる類のいかなる派閥にも属しておらず、「自然派ワイン」が極端に嫌いなわけでもないとい ...

2

  ワインの味はブドウの味であり、その味は畑で作れらます。だからこそワインメーカーは畑での仕事に力を入れるのです。 しかし、ワインの味はケラーで作られるものでもある、ということはご存知でしょ ...

3

Foto: bitt24/Shutterstock ドイツの冬といえば、グリューワイン(Glühwein)がとても有名です。 特にドイツ各地で開かれるクリスマスマーケットでは無くてはならない定番のもの ...

-Member, 発酵, 醸造
-, , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld