Member 発酵 醸造

発酵途中の温度管理 - 液温を下げる

更新日:

ワインの発酵とその間の温度管理はきっても切り離せない、とても重要な関係にあります。

ブドウを搾ったジュースがワインに変化していく発酵過程において、その間の液温が低すぎれば酵母が活動できずに思ったような発酵を得ることは出来ませんし、逆に液温が高すぎると今後は酵母の発酵が活発になりすぎ、ワインの香りを構成する上でとても重要な芳香系の成分が揮発してしまったりします。特に酵母の活動が強くなりすぎ、発酵の状態が暴走してしまうことはワインの醸造面から見て絶対に避けたいため、発酵中の温度は比較的低めに留めることが最近では多くなっています。

この傾向は香りがより繊細な白ワイン系でより顕著で、白ワインの発酵時の管理温度は16~18度程度、赤ワインでは20~25度程度とするワイナリーが多いのではないでしょうか?

ちなみに赤ワインの発酵温度が白ワインの発酵温度よりも高いのは、赤ワインが香りを気にしていないというわけではなく、赤ワインに適した酵母の適正活動温度が白ワイン用の酵母よりも高めの領域にあることに加え、赤ワインの場合は果皮などからの抽出をかける必要があるためです。また、一般的には赤ワイン用のブドウの方が収穫時の果汁糖度は白ワインの場合よりも高くなっている場合が多く、この高い糖度を残すこと無く完全に発酵させるためには白ワインの場合よりも高い酵母の活動量が必要になる、という側面もあります。

今回は、このワインの発酵時、もしくはその前後で行われる温度管理に関して、特に液温を低くする場合に焦点を合わせて詳しくみていきたいと思います。

ジュースの温度を冷やす時

一般的なワインの発酵を行う場合においては、この”ジュースの温度を適度に冷やす”というケースが最も多くなります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 発酵, 醸造
-, , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.