Member 品質管理 徹底解説

ワインの天敵、硫化臭の正体と取り除き方

更新日:

 

注意ポイント

金属系化合物のワインへの添加に関しては食品衛生法等の法律によって規制されている場合もあります。

行う際にはこれらの法律を遵守し、適正な方法および量に注意した上で実行してください。

 

ワインの醸造をしていると、どんなに気をつけていても何らかのエラーが発生してしまうことがあります。

そんなエラーの中でも特に発生頻度の高いものの一つが、硫化臭です。

 

硫化臭はいわゆる腐ったタマゴの匂いであり、臭いの種類としてとても目立つものでもあります。ボトルを開けたときにこの臭いが出てしまうとそれだけでワインに対するイメージを低下させる可能性の高いものでもありますので、ワインを造る側としては絶対に避けたいオフフレーバーの一つです。

 

そんなワイン造りにおいて厄介な硫化臭ですが、予防する手段発生してしまっても取り除く手段があります。

この問題は発生頻度が高いだけに、ドイツに限らず多くの国のワイナリーでも行われていることです。

 

今回は硫化臭の発生を予防する手段と発生してしまったときの対策方法をご紹介します。

 

どちらかといえばワインの造り手の方に対して重要な内容になりますが、飲み手の方にも応用していただくことが可能な内容です。

この方法を知っていれば、仮にワインに硫化臭が出てしまってもそれを取り除き、美味しくワインを楽しんでいただくことができますのでぜひおさえておいてください。

 

硫化臭の原因物質

硫化臭の発生する原因は、ワインに硫黄系の化合物が存在することにあります。

この硫黄系の化合物は複数の経路によって生成される可能性があるもので、そのすべては実はまだ完全にはわかっていません。

 

しかしそんな中でも代表的なものが以下の4つの起点です。

 

天然由来の硫化系化合物

硫化系結合を含んだアミノ酸の存在

ブドウ畑にて散布された硫黄系薬剤

醸造過程にて添加された亜硫酸



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 品質管理, 徹底解説
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.