Member 栽培

土壌というもの

更新日:

メモ

この記事は2018年4月23日に公開したものに加筆修正を行った記事となります

 

日本でワインの紹介する際に、ワインの個性の1つとしてどのような土壌の畑で栽培されたブドウから造られたワインなのかに言及されることが多いように感じます。こういった傾向はもちろん日本だけに限った話ではないのですが、それでも日本ではその傾向が強いように思えます。

またテイスティング・ノートを見ていても花崗岩が、とか、堆積岩が、という記述に続いて、だからワインの味が、香りが、という所見が語られているのを見かけます。
事程左様に日本では土壌というものがワインを見ていく上で重要視されている印象が強いわけですが、この土壌というものは実際のところどれほど影響しているものなのでしょうか。

今回は「土壌」というものに注目していきます。

 

ブドウの根は岩を貫くのか

ブドウに限らず植物が土の中に伸ばしているものがあります。「」です。

この根の役割はいろいろありますが、重要なのはその植物が成長していく上で必要となる水と栄養を取得することです。例えばブドウの場合であれば、「フィロキセラ禍」として知られるものがまさにこの根の持つ役割が阻害されてしまったために大被害が引き起こされた事例です。

根は水を求めて土中に伸びていきます。
水がすぐそこにあれば浅くまで、水が深いところにしかなければ深くまで伸びていきます。

ここで考えていただきたいのですが、ブドウの根は花崗岩を貫通できるでしょうか。仮に花崗岩を貫通したとして、その岩の中にお目当ての水はあるでしょうか。

 

一般的に考えてみれば、答えは否です。ブドウの根は岩を貫きませんし、その岩から水と一緒に何かを吸い上げることはありません。この意味において、畑の土のなかに花崗岩があろうと堆積岩があろうと、関係ありません。ブドウはそれらの岩を避けて根を張りますし、仮に岩しかないような岩盤にはブドウは成長できません。

ここで重要になってくるのが、岩の風化というプロセスです。

 

土壌とはなにか

皆さんは「土壌」という言葉を聞いた時に何を思い浮かべるでしょうか。

非常によく誤解されていることですが、土壌というものは地面のことを意味しません。また岩盤のことでもありません。
極めて簡単に言ってしまえば、土壌とは地面表層部に存在している土、「表土」のことです。土ですので、そこには基本的に「岩」は含まれません。表土の下に存在する岩石類などは「地質」と呼ばれます。しかしその一方で、ワインの話に出てくる土壌は常に「岩」、つまり「地質」にまつわるものがその大半を占めています。これはどういうことなのでしょうか。

 

土壌を構成する三要素

岩の存在感の理由を理解するためにはまず土壌というものが何によって構成されているのかを知る必要があります。

本来土壌というものは無機物、有機物、気体、液体、生物の混合物として理解されますが、その中でも学問的に土というものを見ていくと、砂、沈泥 (シルト)、粘土という3つの要素の混合物と理解されます。このそれぞれの要素の混合比率に応じて出来上がる土の性質が変わり、異なる土、異なる土壌と判断されます。

 

この3つの要素を分けているもの、それは粒度、つまり一粒あたりの大きさです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 栽培
-, , ,

© 2020 Nagi's Wineworld