Member 栽培

土壌というもの

更新日:

メモ

この記事は2018年4月23日に公開したものに加筆修正を行った記事となります

 

日本でワインの紹介する際に、ワインの個性の1つとしてどのような土壌の畑で栽培されたブドウから造られたワインなのかに言及されることが多いように感じます。こういった傾向はもちろん日本だけに限った話ではないのですが、それでも日本ではその傾向が強いように思えます。

またテイスティング・ノートを見ていても花崗岩が、とか、堆積岩が、という記述に続いて、だからワインの味が、香りが、という所見が語られているのを見かけます。
事程左様に日本では土壌というものがワインを見ていく上で重要視されている印象が強いわけですが、この土壌というものは実際のところどれほど影響しているものなのでしょうか。

今回は「土壌」というものに注目していきます。

 

ブドウの根は岩を貫くのか

ブドウに限らず植物が土の中に伸ばしているものがあります。「」です。

この根の役割はいろいろありますが、重要なのはその植物が成長していく上で必要となる水と栄養を取得することです。例えばブドウの場合であれば、「フィロキセラ禍」として知られるものがまさにこの根の持つ役割が阻害されてしまったために大被害が引き起こされた事例です。

根は水を求めて土中に伸びていきます。
水がすぐそこにあれば浅くまで、水が深いところにしかなければ深くまで伸びていきます。

ここで考えていただきたいのですが、ブドウの根は花崗岩を貫通できるでしょうか。仮に花崗岩を貫通したとして、その岩の中にお目当ての水はあるでしょうか。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 栽培
-, , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.