Member ワインあるある

ワイングラスが変わるとワインの味は変わるのか? | ワインあるある

更新日:

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。

このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っていること、時に白ワインのほうが平凡な赤ワインよりも豊かな芳香を含むにも関わらず白ワインを飲むときには赤ワインよりも小さなグラスを使う、という「一般常識」に疑問を持っていたことなどがこのグラスをプロデュースするきっかけになったそうです。

 

グラスの大小はともかく、実際にワインの現場では使うグラスを変えると同じワインでもその表情が大きく変わるということはよく言われますし、実際に多くの方に経験的に理解されていることでもあります。

 

では実際のところ使うグラスによってワインの味は変わるのでしょうか?

もし味が変わるとしたらそれはなぜなのでしょうか?

 

今回はそんな疑問について解説をしていきます。

 

使うグラスによってワインの味は変わるのか?

結論から言うと、使うグラスが変わってもワインの本来的な味に変化はありません

 

これは仮に使用するワイングラスを変えても、そのグラスとワインがなんらかの化学的な反応をしてワインの「質」を変えることは通常、無いからです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, ワインあるある
-, , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.