Member ワイン

ワインのボトルは何で閉めるか

更新日:

棚に並んでいるワインのボトルを見ていると、実に様々な種類の栓を使ってボトルが密閉されていることがわかります。コルク、合成コルク、スクリューキャップなどなど。最近は技術の発展に併せてシリコン系のものも出てきています。

 

どんなワインにどんな栓を使うのか

そこにどんな意味があるのか。

 

もしくはどんなワインにはどの栓を使えばいいのか

 

ワインを楽しむ側も、造る側もそんな疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

 

ふと気になってデータを調べていたところ、少し古いですが2017年にドイツで使われていた栓の種類とその使われ方の傾向に関する記事が見つかったので紹介したいと思います。

 

この記事を読んでいただければ、どんなワインにどの栓を使うのかが分かるようになります。

 

栓の選択には各地域における歴史的な背景もある

ニュージーランドに行くと、白ワインでも赤ワインでもほぼすべてのワインがスクリューキャップで閉じられています。価格帯の高いワインであってもこの傾向は同様で、高いワイン、特に高価格帯の赤ワインは天然コルクを使うもの、というイメージを持っていると驚かされます。

 

この理由は醸造的なものではなく、歴史的な背景によるものです。

 

かつてまだニュージーランドがワインの生産を拡大し始めた頃、生産者はフランスなどの歴史的なワイン生産国を見習い、天然コルクを使うことを選択していたそうです。

しかしこの時期にまだまだニュージーランドなどのワイン新興国を侮っていたコルクメーカーから品質の劣るコルクを掴まされてしまい、大規模なTCA被害で大変苦労をしたためにコルクの使用量が激減、国全体でほぼスクリューキャップを使う現在の状況になりました。

 

このような状況下では使う栓の種類に選択肢はあってないようなものなので、そういうもの、として納得するしかありません。

 

一方で、昔からワインを造っていた国においてはこのような人的要因に基づく被害の経験がないため、様々な理由から複数の異なる種類の栓を選択することが可能となっています。

 

調査データの詳細

今回の記事の執筆に際して参考としているデータは、ワインの評価を行っている、DLG-Bundesweinprämierung という団体のものです。データ自体は das deutsche Weinmagazin 2018年2月10日号に掲載された記事から引用しています。

 

このデータでは、各種の栓の使用状況を

 

  • 栓の種類
  • ワインの種類
  • 生産地域
  • ワインの等級
  • ボトルのサイズ
  • ボトルの種類
  • 価格帯

 

の分野ごとにまとめています。

 

なおこの調査はドイツ国内で生産されているワイン全量を対象に調査したものではなく、2017年にDLGに寄せられた評価用サンプル4000種を対象にまとめられたものであることには注意が必要です。

 

最も多く使われていたのはスクリューキャップ

この調査の対象となったワインでは、実に63%のワインでスクリューキャップが使われていました。これについで多かったのが天然コルクで24%でした。

なおここでいう“スクリューキャップ”とはBVS-longcapと呼ばれる長いタイプのもののみを指しています。一部のジュースの蓋などに見られるようなより簡易的な短いタイプのスクリューキャップはMCAといい、区別しています。

 

左: BVS-Longcap / 右: MCA

 

この両者で全体の9割弱を抑えてしまっており、その他の栓は多くても5%程度、ほとんどが1~3%程度の使用率にとどまりました。

 

スクリューキャップは以前から使用率が増える傾向にあります。

5年前に天然コルクを抜いて最も使用される栓の種類となってからもその伸び率こそ小さくなりはしたものの、依然として使用率は増加傾向にあります。

 

スクリューキャップが使用される理由としては以下のようなことが考えられます。

 

高い密閉性とそれに伴う酸化防止効果

安価であること

TCAフリーであること

開栓しやすく、再度閉めることが容易であること

 

特に最後の開けやすさ、閉めやすさは顧客側がスクリューキャップを受け入れる大きな要因となっています。この顧客側の受け入れ、というものがこのタイプの栓の利用拡大の大きな原因の1つであることは間違いありません。

 

高級なイメージを持つ天然コルク

安価、容易といったイメージが付いているスクリューキャップに対して、天然コルクはワイナリー側、顧客側ともに伝統的、高級といったイメージを持たれています。

特にこの調査ではコルクを抜くときの音に対して顧客側が良好なイメージを持っている、ともしています。こういったポジティブな感情的要因が天然コルクに対して良好なイメージをもたせ、そのイメージに沿ったワインに使われる、という循環が出来上がっています。

 

天然コルクの代替品として使われ始めているDIAMに代表されるような合成コルクは、今回の調査では全体の5%程度の使用率に留まりました。

 

利用率のまだ低いガラスコルク

以前このサイトで記事にしたこともあるVinolockのようなガラスコルクの使用率は1%程度でした。ガラスコルクは性能面で優れており、スクリューキャップや天然コルクの代替候補として挙げられることも多いものですが、実際の使用率はまだ低いのが現状のようです。

コルクは呼吸をしない?

先日、とあるワイナリーのワインメーカーさんとお話しをさせていただいた際にとても興味深いお話を耳にしました。コルクが”呼吸をする”というのはまったくの間違いだ、というのです。 コルクが呼吸をするというの ...

続きを見る

 

このタイプの栓の使用率がなかなか高まらない理由としては、以下のようなものが挙げられます。

 

値段が高い

ボトル、特に口の部分の形状が栓に適合している必要がある

ボトリング装置が対応している必要がある

 

ワイン生産地域における利用の傾向

今回の調査結果を見ていて特に面白いと感じたのが、この区分です。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, ワイン
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld