Member 栽培

Ecoの隣りにある問題

更新日:

前回は主にドイツにおけるEcoとBioの違い、そしてEcoの認証をとるために求められる条件についての説明をしました。

 

 

今回は、ワイナリーが苦労して取得したEcoの認証が最近ではかえって問題になっているケースについてお話しをしたいと思います。これらの問題は、場合によってはワイナリーの経営自体を揺るがす可能性もある問題であり、決して軽く考えることの出来ないものです。ワイナリーはこの問題に際して、Ecoの認証を守るべきなのか、その認証を捨ててでも対応するのか、重要な決断を迫られています。

 

 

物議を醸す、銅の散布量

前回の記事に書いた条件にある、畑における銅の散布量が最近は毎年のように物議を醸しています。

というのも、最近の気候変動を原因に夏の高温と長雨が常態化しつつあることで、ブドウ畑におけるカビ系の病気のリスクが非常に高くなっているためです。

 

銅を散布している、などと聞くと顔をしかめる方もいるかも知れませんが、昔からよく聞かれるボルドー液というものにはそもそも銅が配合されています。昔はボルドー液を使うこともあったのでしょうが、このボルドー液に配合されている消石灰が問題視されていることから、最近のドイツでは銅が直接散布されているのです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 栽培
-, , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld