醸造

ロゼ?ワインのいろいろ、知っていますか? 其の弐

04/08/2018

前回、ロゼであってロゼでない、ドイツのこだわりの名称としてRotling (ロートリン) をご紹介しました。今回はロゼであるのにロゼでないように扱われるヴァイスヘルプストとブラン・ド・ノワールをご紹介したいと思います。

ロートリングに関する記事はこちら

ヴァイスヘルプストとブラン・ド・ノワール

次にご紹介するのがWeißherbst (ヴァイスヘルプスト) とBlanc de Noir (ブラン・ド・ノワール) です。これらはRotlingとは違い、今度はロゼのヴァリエーションの名前となります。

ヴァイスヘルプストとは95%以上同一のブドウ品種から作られたロゼのことです。ただし、ここにロゼはロゼでもより赤ワインとしての意識の強いロゼである、という注意書きが付きます。

これだけ聞くと理解し難いかもしれませんが、単純に言えば1リットルのうち50 ml分までは異なる品種を混合することが許された、限りなく単一品種に近いロゼである、ということになります。分かりにくいですね。実はここに少しした意識的なトリックがあるのです。

ロゼに限らず、すべてのワインは必ずしも単一のブドウ品種から造られなければならないわけではありません。ドイツで言えば、85%以上を単一の品種で造っていればそのワインのエチケットには単一品種の名前を記載できます。つまり、白ワインのエチケットに“リースリング”と記載されていればそのワインは少なくとも85%はリースリングから造られている、ということです。

赤ワインや白ワインではエチケットに記載されたブドウ品種に割と敏感な方が多いのですが、なぜかロゼではこの意識が希薄になりやすいようです。これはおそらく、ロゼを無意識的にでも赤に白を混ぜたもの、という考えがあるため、もしくはシャンパンがそうであるためなのではないかとも思うのですが、ロゼに関しては比較的、元から複数のブドウを混ぜて造っていると思われることが多いのです。

そうは言っても、ロゼのエチケットにブドウ品種名が記載されていれば、当然そのロゼは85%以上、単一のブドウ品種で造られていることになります。

限りなく、単一品種に近い、ヴァイスヘルプスト

ここでヴァイスヘルプストです。

ワイン業界的にはボルドーのような例外もあるものの、なんとなく、単一品種=いいワイン、という意識が根強くあるように思います。これは世界的にもそうで、単一品種で造っていることをアピールすることはプラスになりこそすれ、マイナスになることはまずありません。

そんな中で、ヴァイスヘルプストは95%を単一品種で造っているのです。これは非常に強いアピールポイントである、きっとワイン法でこのワインの規定を決めた人はそう考えたのだと思います。

実際、ワイン法におけるヴァイスヘルプストに関する規定を読んでみても、ロゼである、というよりは単一の赤ワイン用ブドウ品種から造られた軽く絞られた赤ワイン、というようなニュアンスが強く感じられます。

このような意味では、ヴァイスヘルプストもロゼではなく、色は薄いけれど、赤ワインに区分されているようなものなのです。ちなみに面白いことに、しっかり赤ワインに造ったものに関しては上記の85%を区切りにした区分以外には、ブドウ品種の比率に関する規定はありません。なので、いくら単一品種にこだわって赤ワインを造ったとしても、エチケットにヴァイスヘルプストのようにそのことをアピールするような文言を入れることは出来ないのです。

色の薄いロゼ、ブラン・ド・ノワール

ブラン・ド・ノワール (Blanc de Noir) とはもともとはシャンパンの名称なのですが、これがドイツに来て少し意味を変えて使われています。

シャンパンにおけるブラン・ド・ノワールはシュペートブルグンダー (ピノ・ノワール)とシュバルツリースリング (ピノ・ムニエ) を混合して造られたを指していたのですが、ドイツでは一般的なロゼよりもさらに色の薄いロゼ、という意味で使われています。

この名称にはドイツワイン法における定義付けなどはなく、使用者が自分の感覚で自由に使うことが可能です。このため、ブラン・ド・ノワールという記載がエチケットにあるワインでもものによってその色味や味、香りなどは本当に様々です。醸造的にも、ロゼよりも抽出を軽くして色味をより明るく、ほとんど白ワインのように造った赤ワイン(ロゼ)、というイメージです。

ワインの色や抽出に関するこちらの記事も参考にしてみてください

⇒ 大豆は大粒、ブドウは小粒

ワイン用ブドウ栽培やワイン醸造でなにかお困りですか?

記事に掲載されているよりも具体的な造り方を知りたい方、実際にやってみたけれど上手くいかないためレクチャーを必要としている方、ワイン用ブドウの栽培やワインの醸造で何かしらのトラブルを抱えていらっしゃる方。Nagiがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。


サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle

  • この記事を書いた人

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。 フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

2日ほど前、FB上のポストをみて驚きました。まだ3月も半ばだというのに、もうブドウの木に発芽が確認された、というのです。 これは発芽が大幅に早かった去年と比較してもさらに1ヶ月ちかくも早い発芽になりま ...

2

先日書いた二酸化硫黄を添加しないワインの作り方の記事について、大変ありがたいことにご質問をいただきましたので、今回はそのご質問にお答えする形でもう少し具体的に二酸化硫黄無添加ワインの作り方についてみて ...

3

このBlogでも度々話題にしている二酸化硫黄、やはり注目度の高い話題のようで、多くの方に御覧頂いているようです。ただその一方で、この物質を正しく解説したものが少ないからなのか、この二酸化硫黄というもの ...

-醸造
-, , , , , ,