ブドウ品種 赤ワイン用ブドウ品種

SYRAH - シラー

12/26/2018

Foto: Rebschule Freytag

概要

SyrahもしくはShirazと表記、呼称されるが同一品種。主にSyrahの表記はフランスを中心としたヨーロッパ圏で使用され、ローヌ地方に見られるような黒胡椒のニュアンスを伴ったスパイシーで繊細なスタイルのワインを、Shirazの表記はオーストラリアをはじめとしたニューワールドで主に使用され、Barossa Valleysに代表されるような力強いスタイルのワインをそれぞれ表していることが多い。

DurezaとMondeuse blancheの自然交配品種。

特徴

コンパクトに粒の詰まった、中程の長さの円筒形の房をつける。小粒で紫から青黒にかけた色の果皮をもち、その香りが特徴的。

果皮は薄く、果肉は柔らかく果汁を多く含む。うどんこ病に対しては耐性を持つ一方で、ボトリティスやべと病、害虫などに弱い他、花振るいもしやすい。発芽時期は遅めであるため、霜による被害は受けにくい。

風になどにより枝が折れやすい点にも注意が必要。

Foto: Rebschule Freytag

ワイン

プラムやミント、繊細なスパイスの香りを持った、なめらかなタンニンを含んだワインを造ることが可能。

一方でShirazのスタイルでは色の濃い果実やカシス、胡椒、特徴的なチョコレートやタバコのニュアンスを持った、力強いタンニンを感じさせるワインにも仕立てることができる。

植栽適正

気象条件に非常に影響を受けやすい品種であり、収穫時期の決定には注意が必要。

乾燥に対して敏感であるほか、風などで枝が折れやすい点にも注意が必要となる。樹勢は中程から強め。あまり保有水分量の多い、重い土壌には向かない。

主なクローン

  • INRA 99
  • INRA 100 など

▼ ドイツの老舗グラスメーカー、Zwieselが日本限定で贈るワイングラス。このグラスと一緒に素敵な時間を過ごしませんか?

ワイン用ブドウ栽培やワイン醸造でなにかお困りですか?

記事に掲載されているよりも具体的な造り方を知りたい方、実際にやってみたけれど上手くいかないためレクチャーを必要としている方、ワイン用ブドウの栽培やワインの醸造で何かしらのトラブルを抱えていらっしゃる方。Nagiがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。


サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle

  • この記事を書いた人

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。 フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

雨の多い年にブドウの栽培農家が特に警戒する病気があります。ベト病です。 ワイン用ブドウに関わらず植物の栽培をしていると避けることが出来ないのが、病気との戦いです。ブドウ畑ではいろいろな病気と出会います ...

2

ワインには欠かすことのできない要素があります。 アルコール? お酒ですからアルコールは必須です。これがないとせっかくお酒を飲んでいるのに酔えません。 タンニン? 赤ワインには適度の渋みが欲しいですね。 ...

3

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的と ...

-ブドウ品種, 赤ワイン用ブドウ品種
-, , ,