栽培

早すぎる程に早いブドウの発芽

投稿日:03/16/2018 更新日:

2日ほど前、FB上のポストをみて驚きました。まだ3月も半ばだというのに、もうブドウの木に発芽が確認された、というのです。

これは発芽が大幅に早かった去年と比較してもさらに1ヶ月ちかくも早い発芽になります。1981年から2010年の長期観測による発芽時期の平均が4月末であることからみると実に1ヶ月半も早い発芽になります。今年の冬は非常に暖かかったのが原因なのは間違いありません。

 

早い発芽がもたらすもの

さて、この発芽の時期というものはいろいろと大きな意味を持ちます。

 

ワイナリーは通常、長年の経験に基づいて一年の行動予定を大体のところで立てているものです。ですので、その予定が突然一ヶ月以上も早まってしまうと仕事の段取りが大きくくるいます。これは非常に困ったことです。

ただ、それよりも遥かに大きな問題なのが、気温の低下による冷害の発生です。この時期はまだまだ突発的に夜間の気温が下がる日が多いため、このタイミングで新芽が出てしまうとせっかく発芽した芽が冷たい空気によってダメージを受けてしまう可能性が非常に高まってしまうのです。冷気によってダメージを受けた芽はそれ以上成長しなかったり、成長しても早々に枯れてしまったりします。

 

迫る冷害のリスク

かくいう今回も、今週末は気温がマイナスになる予報が出ている状況です。

昨年も似たような状況で冷害が発生。被害が大きく、地域によっては秋の収穫量を大きく落としました。このような問題は世界規模で発生しており、昨年のフランスは冷害を理由に春先にその年の値上げを決定した場所があったくらいです。実際問題、このようなことが原因で経営に影響を受けているワイナリーが多いのが現状なのです。

 

気候変動の影響はワイン業界においても無視できない問題となっています。

冷害への対策に関してはこちらの記事も併せて御覧ください。

冷害対策

先日ブドウの芽吹きが早まることにより冷害リスクが高まる、という記事を書きましたが、この冷害への対策にはどんなものがあるかご存知でしょうか?   参考 早すぎるほどに早いブドウの発芽に関する記 ...

続きを見る

ワイヤーヒーター、新しい霜害対策となるのか

ここ20年ほどで欧州においてブドウが遅霜による被害を受ける事例が増えてきています。ドイツで見てみれば、1997年、2003年、2011年、2017年と4度もの大被害を記録しているのです。 今年も4月に ...

続きを見る

 

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当は ...

2

ドイツに住んで、ワイン関係の立場にいるとちょくちょく日本からの観光客の方からこんな質問をいただきます。まぁ、一般的な日本人からすればドイツと言えばビールにソーセージ、そしてサッカー。ワインのイメージな ...

3

まず皆さんに質問です。   世界的に見て、最も造りにくいワインといえばどんなワインかわかるでしょうか?   例えば、ドイツワインを見てみましょう。 今までにも何度か見てきたように、 ...

-栽培
-, ,

© 2020 Nagi's Wineworld