Member 栽培

ワイヤーヒーター、新しい霜害対策となるのか

更新日:

ここ20年ほどで欧州においてブドウが遅霜による被害を受ける事例が増えてきています。ドイツで見てみれば、1997年、2003年、2011年、2017年と4度もの大被害を記録しているのです。

今年も4月に入ってフランスやドイツのあちこちで夜間の冷え込みが強くなることが予想され、霜の被害を受ける可能性が高くなったことから畑で火を焚いたり送風機を用意したりという事例が報告されています。

 

こういった被害の背景にあるのは冬の気温の上昇に伴うブドウの発芽の早期化です。

ブドウの発芽の早期化については「早すぎる程に早いブドウの発芽」という記事に、発芽したブドウの芽を冷害から守る対策については「冷害対策」という記事にも書いていますので参考にしてみてください。

早すぎる程に早いブドウの発芽

Quelle: Weinbau Meier 2日ほど前、FB上のポストをみて驚きました。まだ3月も半ばだというのに、もうブドウの木に発芽が確認された、というのです。これは発芽が大幅に早かった去年と比較 ...

続きを見る

冷害対策

先日ブドウの芽吹きが早まることにより冷害リスクが高まる、という記事を書きましたが、この冷害への対策にはどんなものがあるかご存知でしょうか? 参考 早すぎるほどに早いブドウの発芽に関する記事はこちらから ...

続きを見る

 

「冷害対策」の記事でも書いていることですが従来の遅霜対策は、

  • 焚き火
  • ヘリコプター
  • 送風機
  • 散水

というものでした。

 

今回はこれらとは別の新しいタイプの冷害対策である、ワイヤーヒーターについて紹介します。

 

ワイヤーヒーターは日本の雪深いブドウ産地で応用的な使い方が可能なのではないかとも筆者は考えています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ワイヤーヒーターとは何物か?

ワイヤーヒーターとはいわゆる電熱線です。

電気を通すことで発熱するワイヤーをブドウ畑に設置しているブドウの枝を固定するためのワイヤーと置き換える、もしくは共に設置することでそこに固定されたブドウの若枝を直接温め、遅霜の被害から守ろうというものです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 栽培
-, , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.