Member 栽培

ワイヤーヒーター、新しい霜害対策となるのか

更新日:

ここ20年ほどで欧州においてブドウが遅霜による被害を受ける事例が増えてきています。ドイツで見てみれば、1997年、2003年、2011年、2017年と4度もの大被害を記録しているのです。

今年も4月に入ってフランスやドイツのあちこちで夜間の冷え込みが強くなることが予想され、霜の被害を受ける可能性が高くなったことから畑で火を焚いたり送風機を用意したりという事例が報告されています。

 

こういった被害の背景にあるのは冬の気温の上昇に伴うブドウの発芽の早期化です。

ブドウの発芽の早期化については「早すぎる程に早いブドウの発芽」という記事に、発芽したブドウの芽を冷害から守る対策については「冷害対策」という記事にも書いていますので参考にしてみてください。

早すぎる程に早いブドウの発芽

Quelle: Weinbau Meier 2日ほど前、FB上のポストをみて驚きました。まだ3月も半ばだというのに、もうブドウの木に発芽が確認された、というのです。これは発芽が大幅に早かった去年と比較 ...

続きを見る

冷害対策

先日ブドウの芽吹きが早まることにより冷害リスクが高まる、という記事を書きましたが、この冷害への対策にはどんなものがあるかご存知でしょうか? 参考 早すぎるほどに早いブドウの発芽に関する記事はこちらから ...

続きを見る

 

「冷害対策」の記事でも書いていることですが従来の遅霜対策は、

  • 焚き火
  • ヘリコプター
  • 送風機
  • 散水

というものでした。

 

今回はこれらとは別の新しいタイプの冷害対策である、ワイヤーヒーターについて紹介します。

 

ワイヤーヒーターは日本の雪深いブドウ産地で応用的な使い方が可能なのではないかとも筆者は考えています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ワイヤーヒーターとは何物か?

ワイヤーヒーターとはいわゆる電熱線です。

電気を通すことで発熱するワイヤーをブドウ畑に設置しているブドウの枝を固定するためのワイヤーと置き換える、もしくは共に設置することでそこに固定されたブドウの若枝を直接温め、遅霜の被害から守ろうというものです。

 

今まであまり耳にする機会は多くない方法ですが、発案自体は意外に古く、2008年にオーストラリアのニュー・イングランドで1998年にフランスで登録された特許を利用した事例として報告されています。

 

報告された事例における効果

2008年の事例では、外気温マイナス2.5℃の状態が4時間継続した際の比較結果として報告されています。

調査時点のブドウの状態はすでに発芽済みで、枝の長さは平均して39cmだったとのことです。

 

この事例ではワイヤーヒーターを導入していない区画においては41.3%の芽が被害を受けたのに対して、ワイヤーヒーターを導入した区画では最大で13.1%の被害に留めることができたとしており、有効性の高い対策であることが確認されていました。

 

いろいろなタイプの製品群

ブドウ畑に導入することを前提としたワイヤーヒーターは実は複数の国で製品化されています。

 

それぞれの違いはいくつかありますが、大きな違いは被覆の有無とその素材です。

 

例えばオランダで開発されている製品は被覆を持たず、ワイヤーヒーターが直接ブドウの枝に接触するタイプですが、ニュージーランドやドイツで開発されている製品は樹脂製のカバーで被覆されています。

また剪定時に使用する電動ハサミや収穫時に投入される大型収穫機であるハーベスター等によりワイヤーヒーターが切断されることを防止するため、アルミ製の筒に通すタイプの製品も存在しています。

 

参考

Danfoss GX Grape Frost Protection

販売会社: Danfoss (http://products.danfoss.com)

HEM-SYSTEM WINE FROST CONTROL

販売会社: Hemstedt (www.hemstedt.de)

 

導入コストはどのくらいなのか

ワイヤーヒーターの導入コストは初期の設備費用と可動のためのコストに大別されます。

 

設備費用に関しては導入する製品によって大きく異なりますが、一つの事例を以下に挙げます。

これはドイツ国内でDLR Rheinpfalzという組織が調査を行った際に提示した事例に基づくもので、使用された製品はアルミ製の筒にワイヤーヒーターを通して使うタイプのものです。

 

それによると、1 haのブドウ畑に設置するための導入費用は13,000ユーロとされています。

この内訳は、

  • ワイヤーヒーター
  • 被覆用のアルミカバー
  • 接続用器具
  • 電線用端子

のセットで1 mあたりの価格が2.6ユーロであり、1 haに必要となるワイヤーの長さが5000 mなので、

2.6ユーロ/m x 5000 m = 13,000 ユーロ

ということでした。

 

可動コストに関しては投入電力量と電気代によって大きく異なるため具体的な数値は出しにくいですが、Hemstedt社では1 haあたりおよそ25ユーロ/時間という数字を提示しています。

 

なお必要となる投入電力量に関しては20 W/mという数字も挙げられていますが、10 W/mなどより少ない投入電力量で十分な成果を得ることが出来るかどうかの調査が行われているようです。

仮に投入電力量が20 Wから10 Wに抑えることが出来た場合、1 haあたりで必要となる電力量が100 kWから50 kWになりますので大きな節約が可能となります。

 

ワイヤーヒーターを使う場合の注意点

ワイヤーヒーターを導入する場合、誘引の方法の変更の可能性を含めて以下のような注意点があります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 栽培
-, , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld