Member 栽培

ワインにとって土壌とはなんなのか、を考える

投稿日:02/17/2020 更新日:

さて、突然ですがちょっとブラウザを立ち上げて、「ワイン 土壌」とでもキーワードを入力して検索をかけてみてください。おそらくあっという間に検索結果が画面に表示されていると思います。

それでは、そこに出てきたいくつかのサイトの記事を流し読みでいいので読んでみてください。どうでしょう、粘土質の土壌はボルドーの右岸で有名なのはシャトー・ペトリュス、石灰岩土壌はシャブリやブルゴーニュのPinot Noirが代表的で酸やミネラル感のあるエレガントなワインを生み出す、というようなことが書かれているのではないでしょうか?

こうしていくつかのサイトを検索するまでもなく、ワインの勉強をされてきた方のなかには土壌と味の特徴を諳んじられる方も多いのではないかと思います。

ではここで質問です。

 

なぜ、特定の土壌からは一定の傾向に沿った味や香りを持つワインが生み出されるのでしょうか?

なぜ石灰岩の豊富な土壌からは酸のあるワインが生み出されるのか、なぜ粘土質の土壌からは厚みのあるワインが生まれるのか、考えたことはありますか?

 

土壌とワインの味や香りの特徴とを一対一対応させることはありがちなことではありますが、実際にはまったく簡単なことではありません。いくつもの要因が複雑に絡み合っています。

この記事ではそのあたりの複雑性の一端に触れてみようと思います。

 

土壌は本当にクリティカルな要因か

以前、TwitterでこんなPostをしました。

 

本気で、心の底から、ブドウ栽培、ワイン造りにおいて土壌が~、と思ってる生産者ってどれだけいるのかな、と

なんなら造ったワインの出来の全てを土壌のせい、もしくはおかげ、って言われるのもなんだかなぁ、と

 

このPostからもお判りいただけるかと思いますが、筆者自身は土壌がワインのすべてを決定する、という論調には否定的です。誤解を恐れずに言えば、土壌自体は何も決めてはいない、と言ってしまってもいいとさえ思っています。

こう書くと、方々から「いや、そんなはずはない。どこそこのワインメーカーは長年相応しい土地を探し求め、そしてようやく見つけたその土地で実際に素晴らしいワインを造っている。これは取りも直さず、土地がワイン造りにおいてとても重要なことを示す証拠ではないか」というようなお言葉をいただきそうです。

なるほど、確かに彼 / 彼女はその土地を探していたのでしょう。ただそれは土地、もっと言えば「環境」のことを指していると私は思います。土壌ではない、と。

 

土は作ることのできるものでもある

土作りという言葉があります。

農業だけではなく園芸でもいいのですが、植物を扱う際にはその植物を栽培するのに理想的な状態の土を作るということはいたって普通のことです。

 

もちろん食用野菜や果物類とワイン用のブドウの栽培条件は異なりますので、作る必要のある土も異なります。ただブドウという植物はそもそも生育のために必要とする条件が少なく、一般的な穀物類が栽培できないような土地でも栽培することのできる植物です。これはわざわざ土を作るまでもなく、栽培のために選べる土地の候補が多いということでもあります。

 

それにもかかわらず、本当にワインメーカーは長い年月をかけて一つの土壌を探したのでしょうか?



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

ブドウ栽培をしていくうえで、単位面積あたりに何本のブドウの樹が植えられているのか、という点は畑全体をデザインしていくうえで重要な情報になります。とはいっても畑の形状は千差万別。しかも周囲との状況によっ ...

2

二酸化硫黄、もしくは亜硫酸、という単語は、最近の日本のワイン業界では蛇蝎のごとく忌み嫌われる不健康ワードの代表のようになってしまっている印象を受けます。その一方で、これらの酸化防止剤を添加しない、二酸 ...

3

  このBlogでも度々話題にしている二酸化硫黄、やはり注目度の高い話題のようで、多くの方に御覧頂いているようです。ただその一方で、この物質を正しく解説したものが少ないからなのか、この二酸化 ...

-Member, 栽培
-, , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld