Member 栽培

ワインにとって土壌とはなんなのか、を考える

更新日:

さて、突然ですがちょっとブラウザを立ち上げて、「ワイン 土壌」とでもキーワードを入力して検索をかけてみてください。おそらくあっという間に検索結果が画面に表示されていると思います。

それでは、そこに出てきたいくつかのサイトの記事を流し読みでいいので読んでみてください。どうでしょう、粘土質の土壌はボルドーの右岸で有名なのはシャトー・ペトリュス、石灰岩土壌はシャブリやブルゴーニュのPinot Noirが代表的で酸やミネラル感のあるエレガントなワインを生み出す、というようなことが書かれているのではないでしょうか?

こうしていくつかのサイトを検索するまでもなく、ワインの勉強をされてきた方のなかには土壌と味の特徴を諳んじられる方も多いのではないかと思います。

ではここで質問です。

 

なぜ、特定の土壌からは一定の傾向に沿った味や香りを持つワインが生み出されるのでしょうか?

なぜ石灰岩の豊富な土壌からは酸のあるワインが生み出されるのか、なぜ粘土質の土壌からは厚みのあるワインが生まれるのか、考えたことはありますか?

 

土壌とワインの味や香りの特徴とを一対一対応させることはありがちなことではありますが、実際にはまったく簡単なことではありません。いくつもの要因が複雑に絡み合っています。

この記事ではそのあたりの複雑性の一端に触れてみようと思います。

 

土壌は本当にクリティカルな要因か

以前、TwitterでこんなPostをしました。

 

本気で、心の底から、ブドウ栽培、ワイン造りにおいて土壌が~、と思ってる生産者ってどれだけいるのかな、と

なんなら造ったワインの出来の全てを土壌のせい、もしくはおかげ、って言われるのもなんだかなぁ、と

 

このPostからもお判りいただけるかと思いますが、筆者自身は土壌がワインのすべてを決定する、という論調には否定的です。誤解を恐れずに言えば、土壌自体は何も決めてはいない、と言ってしまってもいいとさえ思っています。

こう書くと、方々から「いや、そんなはずはない。どこそこのワインメーカーは長年相応しい土地を探し求め、そしてようやく見つけたその土地で実際に素晴らしいワインを造っている。これは取りも直さず、土地がワイン造りにおいてとても重要なことを示す証拠ではないか」というようなお言葉をいただきそうです。

なるほど、確かに彼 / 彼女はその土地を探していたのでしょう。ただそれは土地、もっと言えば「環境」のことを指していると私は思います。土壌ではない、と。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 栽培
-, , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.