Member ナチュラルワイン 徹底解説 醸造

ビオとナチュラル | 醸造面から見たその違い

更新日:

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。

 

最近、特に日本でよく聞くようになったこのワードですが、実はよく分からない、という方も多いのではないでしょうか?

自然派ワインとも呼ばれるため、漠然とビオなどと同じように身体にいい、健康的なワインのこと、と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

ところが、ビオとナチュラルは同じワインであってもその実態は大きく異なっています。部分的にはナチュラルワインがビオワインの一部に該当する、ということはありますが、ビオワインだからナチュラルワイン、ということはありません。

 

今回はこの似ているようで似ていない、誤解の多いワインの関係を醸造面から説明します。

この記事を読んでいただければもうビオワインとナチュラルワインの違いに悩むことはきっとなくなります。

 

ビオってなんだ、ナチュラルってなんだ

まずは醸造的な違いの説明に入る前に、この両者がなんなのかを確認していきましょう。ビオもナチュラルもよくわからない、という方はとりあえずこの部分だけ読んでいただければ大丈夫です。

 

馴染みがあるようでない、ビオロジック

本文中でビオというものはビオロジックの略、日本語に直せば有機栽培のことです。

一方でその内容は日本でいう有機栽培ではなく、EU内で規格化されている認証制度の内容に従います。このため、日本で考えがちな有機栽培とは内容が異なる可能性があります。またビオとビオディナミは本来別のものですが、今回の記事では特に分けずに話を進めます。

なお、ビオとエコ、つまりビオロジックとエコロジックは同じ意味です。文中でも混合して使うケースがありますが、単に言い換えているだけと理解してください。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, ナチュラルワイン, 徹底解説, 醸造
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.