Member 徹底解説

徹底解説 | オレンジワインの造りかた

更新日:

前回、「オレンジワインは自然派ワイン? | ワインあるある」と題した記事でオレンジワインの定義や成り立ち、どうしてオレンジワインが自然派ワインと同一視されやすい環境が出来上がってしまったのかといった点について解説を行いました。

 

今回はより醸造的な側面からこのオレンジワインというものを解説していきたいと思います。

 

この記事を読んでいただくことで、醸造における基本的な注意点や特徴である色味の根拠とその抽出方法、適正なブドウ品種などについて知っていただくことが出来ます。

 

オレンジワインを定義づける「色味」

前回の記事において、オレンジワインには公式な定義がないことを書きました。またオレンジワインとは極端に言ってしまえば

白ワイン用のブドウ品種を使用しており、多少濃い色味がついているワインのこと

であるとしました。

 

つまりオレンジワインの醸造において最も重要なポイントは、いかにその色味をワインに与えるか、という点に尽きると言えます。

 

メモ

オレンジワインの特徴をワインとしてのテクスチャやストラクチャーに求める一方で、色味は気にしない、という意見もあります。これは後述していますが本質的には正しい判断です。

しかしこのような特徴付けをしてオレンジワインを語ってしまうと白ワインカテゴリーのワインとの区別ができなくなるため、ここでは多少やりすぎなくらいにその色味にこだわってオレンジワインを扱っていきます。

 

本末転倒なオレンジワインの立ち位置

前回の記事でも間接的に触れていることですが、現在「オレンジワイン」という名前で流行しているワインは本来はその色味を目的に造られたワインではありませんでした。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 徹底解説
-, , , , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.