ブドウ品種 白ワイン用ブドウ品種

CHARDONNAY - シャルドネ

更新日:

Foto: Rebschule Freytag

概要

ブルグンダー品種の一つであるが、世界中のあらゆる気候帯において植栽されているワイン用ブドウ品種におけるグローバルプレーヤーの一つ。DNAの鑑定結果によればピノ種とGouais Blancとの自然交配種である。

 

特徴

典型的な円筒形の房をつけ、丸い形状の粒をつける。果皮は薄く、黄色の入った緑色。果実の熟成が進むにつれて色は黄金色からアンバー系に色づいていく。

半ばから強めの樹勢を持つが、副梢の成長は控えめであることに加え、樹が熟成しやすいため寒さにも強い特徴を持つ。

 

ワイン

バリックなどの木樽による醸造に対して高い適性を示している。品種としての特徴的な香りはカナリアメロン、アプリコット、熟したパイナップル。バリックによる醸造を行うことによって、バニラ、ドライフルーツ、トースト香、カラメル香などを付加することが出来る。

全体的にボディのある、複層的なワインとなる品種

 

植栽適正

暖かく、通気の良い立地を好む。Oidiumに対して特に弱い。

花振るいを避けるため、防風策を用意しておくことが好まれる。

 

主なクローン

非常に多くのクローンが存在する。以下は収穫量の多い伝統的なクローン

  • St 130
  • Gm 1 / 2 / 3
  • Fr 152
  • D 250 / 260 / 271
  • INRA 96 / 277
  • SMA 130

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

この記事は2018年6月2日に投稿されたものを一部加筆・修正し再掲したものです   2018年という年は少なくとも欧州におけるワイン業界では極めて良好な、歴史的な大豊作のヴィンテージになった ...

2

ワインの勉強をしているとほぼ確実に耳にするであろう、”ワイン用ブドウ栽培の北限”と呼ばれる地域が最近、従来北限と言われていた国よりもさらに北にシフトしつつあることを以前の記事で書きました。これは主に世 ...

3

ワインの発酵とその間の温度管理はきっても切り離せない、とても重要な関係にあります。 ブドウを搾ったジュースがワインに変化していく発酵過程において、その間の液温が低すぎれば酵母が活動できずに思ったような ...

-ブドウ品種, 白ワイン用ブドウ品種
-, ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2019 All Rights Reserved.