ブドウ品種 白ワイン用ブドウ品種

CHARDONNAY - シャルドネ

更新日:

Foto: Rebschule Freytag

概要

ブルグンダー品種の一つであるが、世界中のあらゆる気候帯において植栽されているワイン用ブドウ品種におけるグローバルプレーヤーの一つ。DNAの鑑定結果によればピノ種とGouais Blancとの自然交配種である。

 

特徴

典型的な円筒形の房をつけ、丸い形状の粒をつける。果皮は薄く、黄色の入った緑色。果実の熟成が進むにつれて色は黄金色からアンバー系に色づいていく。

半ばから強めの樹勢を持つが、副梢の成長は控えめであることに加え、樹が熟成しやすいため寒さにも強い特徴を持つ。

 

ワイン

バリックなどの木樽による醸造に対して高い適性を示している。品種としての特徴的な香りはカナリアメロン、アプリコット、熟したパイナップル。バリックによる醸造を行うことによって、バニラ、ドライフルーツ、トースト香、カラメル香などを付加することが出来る。

全体的にボディのある、複層的なワインとなる品種

 

植栽適正

暖かく、通気の良い立地を好む。Oidiumに対して特に弱い。

花振るいを避けるため、防風策を用意しておくことが好まれる。

 

主なクローン

非常に多くのクローンが存在する。以下は収穫量の多い伝統的なクローン

  • St 130
  • Gm 1 / 2 / 3
  • Fr 152
  • D 250 / 260 / 271
  • INRA 96 / 277
  • SMA 130

 

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-ブドウ品種, 白ワイン用ブドウ品種
-, ,

© 2020 Nagi's Wineworld