Member 二酸化硫黄

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 2

更新日:

 

前回は二酸化硫黄のもつ効能の一つとして、微生物や細菌に対する作用をご紹介しました。第2回目となる今回は、日本でももっとも代表的な使用例として認識されているであろう、抗酸化作用についてお話しをしたいと思います。

 

前回の記事はこちらから御覧ください。

⇒ 二酸化硫黄、正しく理解していますか? 1

 

二酸化硫黄の持つ抗酸化作用

日本で販売されているワインのほとんどでは、そのラベル内に「酸化防止剤(亜硫酸塩)」という記述を見つけることが出来るのではないでしょうか?この「酸化防止剤(亜硫酸塩)」という言葉が指しているものがまさに今テーマにしている二酸化硫黄のことです。

 

ちなみに、この「酸化防止剤」という言葉に非常に敏感に反応される方がいますが、酸化防止剤自体は極めて一般的なものです。例えば、なにか適当なジュースやお茶のペットボトルなどを見てみてください。そこに「ビタミンC」という表記は無いでしょうか?

これ、たまに味に酸味をつけているんだろう、と思われる方もいるようですが、実際は酸化防止剤として添加されています。ビタミンCは抗酸化作用を持った、酸化防止剤なのです。

 

このお話しをすると、じゃあワインにもビタミンCを入れればいいじゃない、と仰る方がいらっしゃいます。とても理にかなった考え方のようにも思えますが、実際はことはそう単純ではなく、ビタミンCと二酸化硫黄とでは反応速度に圧倒的な差があるため、ビタミンCを二酸化硫黄の代替品として使うことは出来ないのです。

話が逸れましたが、この日本のラベルに見られるような書き方をされていると、さもワインの酸化を防止することが二酸化硫黄を添加することの主目的、というように感じませんか?酸化防止剤なんだから、酸化を防止するために入れているんだろう、と。

 

これに関しては見方によって意見が異なる場合もあると思いますが、醸造的にも見ても、答えは否です。二酸化硫黄の添加は酸化防止を主目的とはしていません。二酸化硫黄を添加する主たる目的は、前回の記事で扱った、細菌や微生物の活動の抑制であって、酸化防止ではないのです。

 

酸化防止作用は単なる副次的効果?

もし仮に二酸化硫黄を添加することの目的が酸化防止ではなかった場合、なんで日本で流通するワインのラベルには「酸化防止剤(亜硫酸塩)」との記載が義務付けられているのか、おかしいではないか。というご意見もあるかと思います。まったくもってその通りなのですが、その答えを私は持ち合わせていません。

 

実際問題として、日本以外の国ではエチケットへの記載は「sulfit」とするのが一般的であって、どこにも酸化防止剤というような意味をもたせた記載はなされていないのです。つまり、これらの国では二酸化硫黄の持つアレルゲンとしての側面が注目されているのであって、酸化を防止しているかどうには注目されていません。以前の記事で書いたタンパク質などに関する記載と同じ扱いです。逆に言えば、日本ではこのような健康被害に備えた配慮はあまりなされていないように感じます。

 

タンパク質等のワインへの利用に関する記事はこちらをご覧ください

⇒ ワインは菜食主義者に優しくない

 

さて、その二酸化硫黄の抗酸化作用ですが、詳しいことを理解するには化学的な意味で「酸化」というものを正しく理解する必要があります。

 

酸化、という言葉を聞くと、さもある物質が酸素と結合する反応のことを指しているように思われるかもしれません。確かに昔はこの理解で良かったのですが、今は違います。今は、物質間で生じる電子の行き来における反応のことを酸化、もしくは還元と言っています。そして、二酸化硫黄はワイン中において還元剤としての役目を果たしています。

 

還元剤としての二酸化硫黄

ただこの還元剤としての役割、特に狙って行うようなものではないのです。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。 https://www ...

2

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

3

2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品がメダルを獲得 ...

-Member, 二酸化硫黄
-, , ,

© 2020 Nagi's Wineworld