ワインあるある 二酸化硫黄

酸化防止剤が頭痛の原因というのは本当か | ワインあるある

02/25/2019

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。

サークルに入らなくても記事をご覧いただける方法をご用意しています。くわしくはこちらをご覧ください。

https://note.com/nagiswine/n/n318398622cee

最近は耳にすることが幾分か減ってきている気もしますが、ワインに含まれる酸化防止剤、つまり亜硫酸や亜硫酸塩と呼ばれる添加物がワインを飲んだ際に生じる頭痛の原因だとする言説があります。

まことしやかに囁かれ未だに信じている人も多いであろうこの説ですが、本当に正しいのでしょうか?

今回はワインを飲む際に生じる頭痛の原因についてまとめるのと併せて、それらと酸化防止剤との関係についてまとめます。

そもそも酸化防止剤とはなんなのか

まずはおさらいです。

ワインに添加される酸化防止剤とは一般的には二酸化硫黄と呼ばれる化学物質で、SO2という化学記号で書き表されます。一方でよくワインのエチケットに見られる亜硫酸とはH2SO3という化学記号で表現される物質を指しています。

化学記号から分かる通り、亜硫酸とは二酸化硫黄と水が結合する形で構成されているものです。

また亜硫酸塩とは亜硫酸がさらに一部の別の分子と結合したものです。代表的な物質としては亜硫酸カリウム (K2SO3) や亜硫酸水素ナトリウム (Na2SO3) などがあります。

いずれの物質にもSO3という部分が含まれていることがお分かりいただけるかと思います。細かい化学的な解説は横に置きますが、このSO3という物質が含まれているという点で、これらの物質がいずれも基本的には二酸化硫黄と同じものなんだな、と思っていただければ大丈夫です。

以前この二酸化硫黄 (SO2) について、「品質管理のキホンのキ | 二酸化硫黄の使い方」と題した記事でこの物質が果たしている役割と、その役割を遂行するために必要となる添加量について解説しました。そしてそこで「遊離型SO2」というものについても解説をしています。

今回の記事では後ほど、この「遊離型SO2」という考え方がとても重要になってきます。これがどのようなものだったか、不安があるようでしたらぜひこちらの記事でおさらいをしてから今回の記事を読み進めてください。

品質管理のキホンのキ | 二酸化硫黄の使い方

ワイン醸造における品質管理を考える際にもっとも基本となることは亜硫酸の添加です。 この亜硫酸、亜硫酸塩、酸化防止剤などともラベル上で記載されています。亜硫酸と亜硫酸塩とでは厳密には異なる物質を指してい ...

続きを見る

二酸化硫黄は頭痛の原因となるのか?

結論からいえば、「その可能性は極めて低い」です。

二酸化硫黄は胃を経由して人体に吸収されると基本的には無害化されます。またそうでなかったとしてもワイン中に含まれる遊離型SO2の量は瓶内に含まれる酸素との結合を通して経時で低下するものですので、たかだかボトル1本くらいの量のワインを飲んだくらいでは大した量は摂取されません。もしこれで頭痛をおこすようであれば、ドライフルーツなどを食べた場合には大変なことになってしまいます。

ワイン以外の食品に含まれる二酸化硫黄の量については「二酸化硫黄、正しく理解していますか? 4」という記事でいくつか例を上げて数値を記載していますので、ご興味があれば参考にしてください。

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 4

これまで3回に渡り二酸化硫黄の持つ効能の解説と、ワイン内に存在する理由の解説をしてきました。今回はさらに別の側面から二酸化硫黄がワイン中に入ってくる可能性についてお話していきたいと思います。 &nbs ...

続きを見る

二酸化硫黄が人体にとって有害であることは事実

別の記事でも事あるごとに書いていますが、二酸化硫黄という物質自体が人体にとって有害であることは事実です。このため、一度に極端な量を摂取すれば頭痛では済まないレベルで健康被害が出る可能性はあります。

また二酸化硫黄に対して、アレルギーとまではいかなくてもかなり敏感な体質の人もいます

実際に筆者がそうなのですが二酸化硫黄の含有に対して過敏と言えるくらいに敏感で、ケラーで仕事をしていても同僚は全く知覚しないのに一人で硫黄臭い!と騒いでいたりしています。

またケラーでは二酸化硫黄を直接扱う仕事も多々あるので、そのたびに涙を浮かべながら咳き込んだりしています。

こうした過敏症気味の人は体質的に実際に頭痛を覚えることもあるでしょうし、そうでなくてもその存在を感じてしまっているがためにイメージ先行で付随的に頭が痛くなったりするケースがあるとは思います。一方でこれらは一部の特殊なケースに分類できるものでもあります。

頭痛の原因はなんなのか

まず頭痛が起きる生体反応としての原因は、血管の拡張および収縮によっている、とされています。筆者は医療業界の人間でありませんのでこのあたりの厳密なメカニズムを追求されると回答できません。この点に関しては予めご了承ください。

頭痛の原因として考えられるものは実はいくつかあります。原因として化学物質が関わっているものに関しては、いずれも血管の拡張や収縮作用を持っているものであり、上記の「血管の拡張および収縮」が頭痛の原因になる、という説を裏打ちしています。

  • 飲み過ぎ
  • アセトアルデヒド
  • 生体アミン
  • イメージ (思い込み)

順番に見ていきます。

量ではなく、アルコール度数で飲みすぎの可能性

これは普段あまりアルコールを飲まない方に多い原因として想定されるものです。

一般にあまりお酒を嗜まれない方は日常的にも低アルコール度数のお酒を飲まれている場合が多いと思われます。仮にお酒自体はアルコール度数が高かったとしても水やお湯、お茶などで割ることで結果的にアルコール摂取量が少なくなっていることもよくあります。

一方でワインは基本的になにかで割ることはありません。しかも日本によく入っているものは比較的アルコール度数が高いものが多くなっています。そのため飲んだ量はそれほど多くなかったとしても摂取アルコール量に直すとそれなりの量を摂取しており、結果として体内で分解できる量を越え、頭痛や二日酔いの原因になってしまう可能性があるのです。

楽しくお酒を飲んでいる時にアルコールの分解可能量などを計算しながら飲むことはあまりないと思いますが、ワインは基本的にアルコール度数が高い、ということを前提に楽しんでいただくと良いかと思います。

なおアルコールの体内での分解や二日酔いの防止については「二日酔いを避けるために。アルコールの分解を知ろう!」の記事を参考にしてください。

二日酔いを避けるために。アルコールの分解を知ろう!

日本でもドイツでも年末年始は普段に増してアルコールを飲む機会が増えます。機会が増えれば飲む量も自然と増えるもの。 今回はそんなアルコールの分解と、上手に二日酔いを避けるための方法についてです。 IND ...

続きを見る

こちらの記事でも紹介していますが、二日酔いの防止には実はL-システインを多く含んだハイチオールCが高い効果を発揮します。ワインに限らず、普段から気を付けていても飲酒をすると二日酔いになりやすい方は試してみてもいいかもしれません。

【第3類医薬品】エスエス ハイチオールCホワイティア 120錠
価格:2159円(税込、送料別) (2021/1/2時点)楽天で購入
L-システインがアルコールの代謝に必要となる酵素を活性化することで二日酔いを防止することが証明されているエスエス製薬のハイチオールC

次のページ以降では以下の内容に沿ってお話を続けていきます。

  • 毒性の強いアセトアルデヒド
  • ヒスタミンに代表される生体アミン
  • これが一番可能性が高い?!イメージによる頭痛の可能性
  • 各原因と二酸化硫黄との関係
  • アセトアルデヒドは二酸化硫黄のベストパートナー
  • 生体アミンの生成原因と二酸化硫黄の関係
  • 量を飲むことと二酸化硫黄の関係
  • 今回のまとめ
ワイン用ブドウ栽培やワイン醸造でなにかお困りですか?

記事に掲載されているよりも具体的な造り方を知りたい方、実際にやってみたけれど上手くいかないためレクチャーを必要としている方、ワイン用ブドウの栽培やワインの醸造で何かしらのトラブルを抱えていらっしゃる方。Nagiがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

次のページへ >


サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle

あなたへのおすすめ記事

1

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的と ...

2

スパークリングワインといえば、シャンパンがその作り方である瓶内二次発酵という言葉と共にとても有名です。しかし、この瓶内二次発酵という作り方、実はいくつかのヴァリエーションがあることはご存知でしょうか? ...

3

棚に並んでいるワインのボトルを見ていると、実に様々な種類の栓を使ってボトルが密閉されていることがわかります。コルク、合成コルク、スクリューキャップなどなど。最近は技術の発展に併せてシリコン系のものも出 ...

-ワインあるある, 二酸化硫黄
-, , , , ,