二酸化硫黄

最近は耳にすることが幾分か減ってきている気もしますが、ワインに含まれる酸化防止剤、つまり亜硫酸や亜硫酸塩と呼ばれる添加物がワインを飲んだ際に生じる頭痛の原因だとする言説があります。

まことしやかに囁かれ未だに信じている人も多いであろうこの説ですが、本当に正しいのでしょうか?

 

今回はワインを飲む際に生じる頭痛の原因についてまとめるのと併せて、それらと酸化防止剤との関係についてまとめます。

 

 

そもそも酸化防止剤とはなんなのか

まずはおさらいです。

ワインに添加される酸化防止剤とは一般的には二酸化硫黄と呼ばれる化学物質で、SO2という化学記号で書き表されます。一方でよくワインのエチケットに見られる亜硫酸とはH2SO3という化学記号で表現される物質を指しています。

化学記号から分かる通り、亜硫酸とは二酸化硫黄と水が結合する形で構成されているものです。

 

また亜硫酸塩とは亜硫酸がさらに一部の別の分子と結合したものです。代表的な物質としては亜硫酸カリウム (K2SO3) や亜硫酸水素ナトリウム (Na2SO3) などがあります。

 

いずれの物質にもSO3という部分が含まれていることがお分かりいただけるかと思います。細かい化学的な解説は横に置きますが、このSO3という物質が含まれているという点で、これらの物質がいずれも基本的には二酸化硫黄と同じものなんだな、と思っていただければ大丈夫です。

 

以前この二酸化硫黄 (SO2) について、「品質管理のキホンのキ | 二酸化硫黄の使い方」と題した記事でこの物質が果たしている役割と、その役割を遂行するために必要となる添加量について解説しました。そしてそこで「遊離型SO2」というものについても解説をしています。

今回の記事では後ほど、この「遊離型SO2」という考え方がとても重要になってきます。これがどのようなものだったか、不安があるようでしたらぜひこちらの記事でおさらいをしてから今回の記事を読み進めてください。

品質管理のキホンのキ | 二酸化硫黄の使い方

ワイン醸造における品質管理を考える際にもっとも基本となることは亜硫酸の添加です。 この亜硫酸、亜硫酸塩、酸化防止剤などともラベル上で記載されています。亜硫酸と亜硫酸塩とでは厳密には異なる物質を指してい ...

続きを見る

 

二酸化硫黄は頭痛の原因となるのか?

結論からいえば、「その可能性は極めて低い」です。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

Member ワインあるある 二酸化硫黄

酸化防止剤が頭痛の原因というのは本当か | ワインあるある

Member 二酸化硫黄

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 4

Member 二酸化硫黄

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 3

Member 二酸化硫黄

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 2

Member 二酸化硫黄 醸造

二酸化硫黄、正しく理解していますか? 1

Member ナチュラルワイン 二酸化硫黄 発酵 醸造

ナチュラルワインは甘くないんじゃなかったんですか? 其の弐

Member ナチュラルワイン 二酸化硫黄

ナチュラルワインは甘くないんじゃなかったんですか? 其の壱

Member ナチュラルワイン 二酸化硫黄

二酸化硫黄無添加ワインの作り方

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.