ブドウ品種 白ワイン用ブドウ品種

AUXERROIS - オーセロワ

更新日:

Foto: Rebschule Freytag

概要

中世から存在しているフランス原産のブルグンダー品種の一つ。ブルグンダー種とGouais blancの自然交配による掛け合わせ品種。アルザスなどのフランス北部、ルクセンブルク、ドイツなどで植栽されている早熟品種。

 

特徴

中ほどの大きさで比較的バラ房気味の実をつける。粒は丸からオパール形状で、黄緑色の果皮を持っているが果実の熟成が進むと茶色くなる。樹勢はそれほど強くない

Foto: Rebschule Freytag

 

ワイン

酸が少なく丸みを帯びた味となるため、辛口に仕立てることがより適している。またアルコール度数が多少低めであっても十分なボディとボリューム感を感じることが出来ることも特徴。ピノ・ブランに似た味わいになることも多いが、ピノ・ブランよりもリッチなアロマを持つ。

典型的な香りはセイヨウカリン (マルメロ)、メロン、ミラベル (セイヨウスモモ)、スパイスなど

 

植栽適正

ピノ・ブランと同様。果皮が薄く、早熟であるため、収穫のタイミングには注意が必要

 

主なクローン

  • Gm 5
  • Gm 14
  • Gm 20
  • D 64

 


あなたへのおすすめ記事

1

ここしばらく、急にドイツの赤ワインに関する記事を目にすることが増えたように思います。そして、その多くが近年におけるドイツの赤ワインの品質向上と、世界的な地位の向上を伝える内容となっています。 Cont ...

2

前回は主にドイツにおけるEcoとBioの違い、そしてEcoの認証をとるために求められる条件についての説明をしました。   関連 ビオとエコは違うのか?   今回は、ワイナリーが苦労 ...

3

  このBlogでも度々話題にしている二酸化硫黄、やはり注目度の高い話題のようで、多くの方に御覧頂いているようです。ただその一方で、この物質を正しく解説したものが少ないからなのか、この二酸化 ...

-ブドウ品種, 白ワイン用ブドウ品種
-, ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2019 All Rights Reserved.