Member 品質管理

ワインと重金属

更新日:

飲んでいるワインを表現する方法、言葉使いは本当に人それぞれです。

最近ではワインから受けたイメージを言葉にするのではなくそのまま絵にして表現する、という方法も取られています。

 

ただワインの表現方法としてはまだまだ言葉を使って行うことが一般的ですし、そういった中で出会う頻度の高い単語というものは存在しています。その筆頭にあるのが「ミネラル」という単語ではないでしょうか?

この「ミネラル」という単語をワインの表現として使うことの是非については非常に多くの議論があります。筆者個人としては使うことを極力避けている単語でもあります。

これだけ多くの人に使われている表現でありながらなぜ議論があるのか、なぜ筆者は使うことを避けているのか、その理由を説明するとそれだけで一つの記事になってしまいますので今回はその点には目をつぶります。

 

今回はワインに含まれるミネラル(鉱物)、さらにそのなかの重金属についてです。

 

重金属とは何なのか

まずは重金属というものについて簡単に説明しておきます。

重金属とは金属の中でも比重が4以上のものを指します。一般的には鉄よりも大きな比重を持つ金属で、アルカリ金属とアルカリ土類金属を除くほとんどの金属が重金属に分類されます。

代表的な重金属としては鉄、金、白金、亜鉛、銅、マンガン、モリブデン、コバルト、クロム、鉛、ニッケル、スズ、バナジウムなどがあります。

 

ミネラルと重金属とワインの関係

ミネラルという単語はそもそも鉱物のことを指しています。

この鉱物というものは金属と非金属に大別されますが、その金属の分類のなかのさらに比重が4以上のものが重金属と呼ばれています。つまり重金属はミネラルの一部です。

ですので、ワインを飲んで「このワインはミネラル感が強く、、、」という感想をお持ちになったのであれば、実際の含有の有無は別として、そこには上記のような金属類の存在を認めているということになります。

 

重金属はワイン中に存在するのか

ミネラルというとどこか健康にいいようなイメージを受けますが、重金属というと途端に体に悪そうな印象になります。実際には一部の重金属に関しては人体の必須金属として認識されていますのでその全てが悪というわけではありません。

人によっては鉄や亜鉛をサプリメントで摂っている場合もあると思いますのでこのあたりは理解していただきやすいと思います。含有されていたからといって、即、大問題、というものではないのです。

ただやはり自分で分かって摂取しているのと知らずに摂取してしまっているのとでは話が大きく異なります。その気もないのにワインを楽しんでいたらいつの間にか多量の重金属も摂取していた、などと言われたらやはり気持ちのいいものではないでしょう。

 

ところがこれは起こり得る事態です。

ワインには一部の重金属が含まれているものが存在しています

 

ワイン中の重金属はどこから来るのか

ワインに含まれる可能性が高い重金属は主に鉄、銅、亜鉛の3種類で、これにアルミニウムが続きます。これらの重金属がワインに混入する経路は以下の2つに大別されます。

  1. ブドウの成長過程における土壌からの吸収
  2. 外的要因に由来する混入

 

1に関しては実際のところ問題になることはありません。実はこのことが上述のミネラルを巡る議論につながるのですが、ここでは割愛します。今回の記事のケースで問題になるのはほぼ100%、2の経路です。

 

ワインに含まれる重金属は何が問題か

ところでワインに重金属が含まれていたとして、これが問題になるのはどういう場合だと思うでしょうか?
表面的な話をすれば、テイスティングコメントとして「ミネラル」という単語がこれだけ使用されている状況です。仮に実際に重金属が含まれていても問題ないようにも思えます。

 

一般的にワインの製造過程において義務付けられている検査項目において、重金属系の物質の測定項目は存在しません。もしかしたら一部の国や地域においては義務付けられているかもしれませんが、少なくとも筆者はそのような測定項目の存在を認識したことはありません。

ですので造り手さえ実際には自身の造ったワインにどの程度の重金属が含有されているのかは知らないことがほとんどです。そのような状況ですので、飲み手の側にもそれに関する情報は拡散されませんし、それに基づく問題提起がされることもまずありません。言ってしまえば、誰にも認識されないまま通り過ぎてしまうようなものです。

 

そのような性質のものにも関わらず、時として醸造家はこの問題と向き合わなければならないことがあります。

その最たる事例が、味への影響を伴う澱としての析出です。

 

沈殿する重金属

ワイン中に混入した重金属はその含有量が増えるとワイン中に存在する他の物質と反応することで析出し、澱として沈殿します。これがワインの生産および販売において大きな問題となります。

逆に言えば仮にワインに多量の重金属が含有されていたとしても多くの場合は澱として沈殿するため体内に取り込まれる可能性は少なく、健康被害につながることはほとんどないとも言えます。ですが、見た目は非常に悪くなりますので顧客からは購入段階で忌避されやすくなってしまいます。なによりも味にも悪影響が出ますので、ワインとしては完全な欠陥品といえます。

またこの場合の味は多くの場合苦味を伴ったものとなりますので、一般的に「ミネラル」と表現される類の種類のニュアンスとはかなり異なったものでもあります。

 

問題となるほどの重金属の混入経路

すでにワイン中に含まれる重金属の混入経路が外的な要因に基づくものであることは書きました。では具体的にどのような経路があるのかというと、これも醸造所内外の2種類に区別することができます。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, 品質管理
-, , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld