Member 品質管理

ワインと重金属

更新日:

飲んでいるワインを表現する方法、言葉使いは本当に人それぞれです。

最近ではワインから受けたイメージを言葉にするのではなくそのまま絵にして表現する、という方法も取られています。

 

ただワインの表現方法としてはまだまだ言葉を使って行うことが一般的ですし、そういった中で出会う頻度の高い単語というものは存在しています。その筆頭にあるのが「ミネラル」という単語ではないでしょうか?

この「ミネラル」という単語をワインの表現として使うことの是非については非常に多くの議論があります。筆者個人としては使うことを極力避けている単語でもあります。

これだけ多くの人に使われている表現でありながらなぜ議論があるのか、なぜ筆者は使うことを避けているのか、その理由を説明するとそれだけで一つの記事になってしまいますので今回はその点には目をつぶります。

 

今回はワインに含まれるミネラル(鉱物)、さらにそのなかの重金属についてです。

 

重金属とは何なのか

まずは重金属というものについて簡単に説明しておきます。

重金属とは金属の中でも比重が4以上のものを指します。一般的には鉄よりも大きな比重を持つ金属で、アルカリ金属とアルカリ土類金属を除くほとんどの金属が重金属に分類されます。

代表的な重金属としては鉄、金、白金、亜鉛、銅、マンガン、モリブデン、コバルト、クロム、鉛、ニッケル、スズ、バナジウムなどがあります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 品質管理
-, , , , , , ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.