ブドウ品種 赤ワイン用ブドウ品種

PINOT NOIR | SPÄTBURGUNDER - ピノ・ノワール

更新日:

Foto: Rebschule Freytag

概要

ローマ時代の文献にすでにその存在を確認することのできる、世界中で最も古くからある赤ワイン用ブドウ品種の一つ。ブルグンダー種。ブルゴーニュを起源とする野生品種の一つと考えられている。

冷涼な地域や海の近い地域に広く分布している。成熟は遅い。Pinot BlancやPinot Grisなど多くの品種の祖先であることが判明している。

 

特徴

変異しやすい特徴があり、クローンによって極めて多岐に渡る外観の房をつける。その範囲は小さくコンパクトなものから、バラ房気味で中程度の大きさのものまで様々である。

房は多くの場合円筒形をしており、粒は丸型からオバール形状、果皮は薄く、青みがかった紫色。

 

ワイン

熟度や醸造手法によってイチゴやチェリー、熟したプラム、カシスまで多岐に渡る香りを持ったワインを造ることができる。またローズマリーやミント、アーモンド、モカなどのニュアンスを含むことも多い。

完熟するとナッツのような苦味を持つ。過熟してしまうと繊細な香りがなくなる場合がある。

 

植栽適正

土壌の特徴や微小気候に対して非常に繊細で、植栽の立地を選ぶ品種。

果皮が薄いためカビ系の病気にかかりやすい反面、乾燥に対しても弱く、夏の間にも十分な水分の供給を受けられる必要がある。風通しのいい、多少地熱を持ちやすい土壌での栽培がとくに適している。

半ばから強めの樹勢を持つ。成熟の速度はクローンによって大きく差があり、同じ畑で栽培していてもクローンによって収穫時期は7日から10日ほど異なる場合がある。

 

主なクローン

  • F 105
  • Gm 18, Gm 20
  • Fr 52-86
  • Wi 5/6
  • F 105 Classic
  • SMA 185, SMA 191 など

 



あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-ブドウ品種, 赤ワイン用ブドウ品種
-, ,

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.