Member ナチュラルワイン

ナチュラルワインを買う理由

更新日:

der deutsche Weinbauという雑誌にとても興味深い記事が掲載されたため、その内容を紹介したいと思います。

 

印象か、感覚か

まずこの記事のタイトルは"Image vs. Sensorik"。敢えて少し意訳すると、"印象か、感覚か"となります。

 

この記事はとある調査結果について書かれたものでした。

その調査の内容は、

  1. ブラインドでナチュラルワイン仕様に仕立てたワインと、通常のワイン仕様に仕立てたワインをテイスティングさせ、その結果を取る
  2. その後、被験者にナチュラルワインの仕様に仕立てたものについて口頭でワインやその造り手としてのコンセプトなどを説明し、そのワインを購入したいかどうか調査する

というものでした。なお、この調査における被験者はいわゆるワインの愛好家100名で、平均的なワイン消費者ではありませんでした。つまり、平均以上にワインに詳しく、かつワインの消費行動やワインの評価基準に対してもすでに自分なりの軸を持っているような人が対象とされたことになります。

 

また調査に使われたワインについては、プレスし、発酵が完了するまでは同じものを使用し、その後に通常のワイン仕様に仕上げるものは二酸化硫黄の添加とフィルタリングを実施、逆にナチュラルワイン仕様に仕立てるものは二酸化硫黄の添加もフィルタリングも行わないで瓶詰めしたものを使用したようです。ワインとしては、ワイン中の総酸量はどちらも同じでしたが、残糖は通常仕様が7 g/l程度残ったのに対して、ナチュラルワイン仕様のものは瓶内にて乳酸菌発酵が行われた結果、残糖はほぼ0 g/lとなったとのことでした。

 

この場合の乳酸菌発酵に関しては、"二酸化硫黄、正しく理解していますか? 1"の記事でも書いたとおり、二酸化硫黄無添加を前提とした醸造手法を用いる限り制御のしようがありませんので、調査としてはそれぞれのワインの状態が変わってしまうのは望ましくありませんが、止むを得ないものだと理解できます。

 

あまりに明確だったテイスティング結果

さて、それぞれのワインのブラインドテイスティングの結果ですが、残酷なまでに明確だったようです。

 

被験者に対して最大9点満点で点数付けを求めたところ、通常のワイン仕様に仕立てたものが平均で5.6点、最大で9点満点だったのに対して、ナチュラルワイン仕様に仕立てたものは平均3.4点、最高得点は8点に留まりました。また、点数の分布では通常仕様のものが7点を中心に4~8点に広く分散しているのに対して、ナチュラルワイン仕様のものは2点を中心に2~4点で回答の70%程度を占めました。

 

つまり、ブラインドテイスティングによる評価では圧倒的にナチュラルワイン仕様のものが低く、通常であれば飲み手が満足できるようなワインとは評価されない、つまり購入されることのないワインと判断できる結果となっていたのです。ちなみに、回答者の47%はこのナチュラルワイン仕様のワインを、ワインではないもの、と判断し、全体の21%の被験者は明確に不味い、と回答したそうです。

 

それでも購入されるナチュラルワイン

この調査の結果が面白かったのはここからです。

 

確かにブラインドテイスティングの結果ではナチュラルワイン仕様のワインは買うに値しないものと判断されました。しかし、その後に被験者に直接、口頭でこのワインがナチュラルワインであり、そのようなコンセプトに基づいて造られたものであることを説明した上でこのナチュラルワイン仕様のワインへの購入意思を確認した結果、実に全体の40%の被験者がこのワインに対して購入意思を示したそうなのです。

 

ただここで注意が必要な点があります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

2

先日の「ワインは畑ごとに味が違う、は本当か?」と題した記事で、ワインの味はブドウの実一粒単位で味が違うところをたくさん重ね合わせることでその違いを平均化しながら表現したものですよ、と書きました。 こち ...

3

Foto: PIWI International (https://www.piwi-international.de/de/)   Cabernet Blanc、Cabernet Jura ...

-Member, ナチュラルワイン
-, , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld