業務日誌

ホコリまみれ

05/06/2019

  • 場所: Wallhausen (ヴァルハウゼン)
  • 天候: 曇り
  • 気温: 18℃くらい

本日の業務内容

  • Fräseを使った畑作業
  • 取り替えた柱の捜索・回収

週末に引き続きFräseで作業を

先週末はBingenという場所にある畑でFräseを使った作業をしたのに引き続き、今日はワイナリーの本拠地があるWallhausenという町で同じ作業を行う。

昨晩多少とはいえ雨が降ったので少しはマシかと思ったのだが、相も変わらずものすごいホコリが立つ。

どうやら今年のドイツは乾燥しすぎていて、ちょっとやそっとの雨では地面を湿らせるには足りないらしい。この作業、むしろ雨の中やった方がいいのではないだろうか。。。

もっともそんなことをしたら細かくなった土が雨で流れ出てしまうので、作業者がホコリまみれになるなんてもんじゃないレベルで害が生じるのだけれども。

柱の捜索は重労働

3つの畑にトラクターを通したところで連絡が入る。

どうやら急斜面にある畑の一つに取り替えたまま忘れ去られた柱があるらしい。トラクターを通す時の害になるのでそれを探して回収する必要がある、ということで現場へ。

現地について斜面の下から列を見上げながら柱を探してみても見当たらない。

どうも伸びてしまっている下草に隠れてしまって見えなくなってしまっているらしい。こうなるとすべての列を実際に歩いて地道に探すしかない。

ただ問題はこの畑が相当な斜面に造られていること。ここを独りですべて歩いて何本あるか実際にはわからない柱を探すのはなかなかに骨が折れる。

もっともすでに一度、回収忘れの柱でトラクターがタイヤをパンクさせる事例が発生してしまっているのでやらないわけにはいかない。

結局、畑全面を歩いて上り下りして見つかった柱は1本のみ。

1本だけで済んだことを喜ぶべきなのか、散々斜面を上り下りしてたった一本しかなかったことを嘆くべきなのかは難しいところだ。

なにはともあれ、そんなこんなで1日の作業を終了。

▼ ドイツの老舗グラスメーカー、Zwieselが日本限定で贈るワイングラス。このグラスと一緒に素敵な時間を過ごしませんか?

ワイン用ブドウ栽培やワイン醸造でなにかお困りですか?

記事に掲載されているよりも具体的な造り方を知りたい方、実際にやってみたけれど上手くいかないためレクチャーを必要としている方、ワイン用ブドウの栽培やワインの醸造で何かしらのトラブルを抱えていらっしゃる方。Nagiがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。


サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle

  • この記事を書いた人

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。 フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

ボトルに入れられワイナリーから出荷されたワインはいろいろな面から影響を受け、その味を変えていきます。この味が変化していく状況を熟成や劣化と表現しています。ワインの熟成や劣化と聞いて思いつくのは、多くの ...

2

南アフリカワイン。 安くて美味しいワインとして今や欠かすことのできない存在です。一時期は「安くて美味しい」といえばチリワインが代名詞でしたが、最近は南アフリカがこのカテゴリーの筆頭に挙げられることも増 ...

3

ワインを造っていると、さまざまな問題に出くわします。何事もなく、造っている本人も驚くほどスムーズにすべてが終わる時もあれば、何かしらの問題が起きてそれを解決したらすぐさま次の問題が起きる、などという悪 ...

-業務日誌
-, , ,