Member 仕事の流儀

ワイヤー上げでの注意点

更新日:

今日も今日とて芽掻きとワイヤー上げに従事しています。

 

昨日の記事、”なくなる余裕”を書いていた時点ではまだ芽掻き組とワイヤー上げ組は別れて作業を行っていたのですが、今日はいよいよ余裕がなくなってきたので全員でワイヤーを上げつつ、芽掻きをしながら進んでいく、という作業に変わりました。ぶどうの成長が速すぎて、来週にはもうワイヤーをもう1段階上げるようなのではないかと感じているくらいです。

 

ワイヤー作業で避けられないリスク

さて、昨日の記事でも触れましたが、ぶどうの枝はとても脆く、本当に簡単に折れてしまいます。

このため、ワイヤーの上げ下ろし作業中には注意しながら行わないと、折ってはいけない枝があっさりと折れてしまった、なんてことが本当に日常茶飯事で起こってしまいかねません。

 

メインの枝はその代役である副梢よりも太く、実の付きもいいため、このメインの枝を折ってしまうとその年の収穫に大きく響くことなります。そうなったなら、一大事です。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 仕事の流儀

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.