ワイン 醸造

引き算で考えるワイン造り

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。

サークルに入らなくても記事をご覧いただける方法をご用意しています。くわしくはこちらをご覧ください。

https://note.com/nagiswine/n/n318398622cee

ワイン造りは難しい。そう思ってはいないでしょうか。

確かにワイン造りを細かく見ていこうとすると、そこには微生物学の知識や化学の知識が必須です。ブドウの栽培からお話を始めると、ここにさらに植物生理学や土壌学、気象学、物理学など必要となる知識は増える一方。とてもワイン造りは簡単です、とはいいにくいのが実情です。

ただそんな細かい知識が求められるのは本職の人間だけ。ワイン造りの基礎を学ぶのであれば、このような知識は実は不要です。

むしろそんな面倒くさい話をされれば、人間、好きなものも嫌いになってしまうのが道理というもの。なので、この記事では可能な限りそうした面倒くさい部分に触れずに簡単にわかりやすく、ワインの造り方を解説してみたいと思います。そしてそのための方法が、"引き算"です。

では、"引き算でわかってしまうワインの造り方"のお話をはじめましょう。

ワインの基本は潰したブドウを置いておく

ワインというお酒をものすごく簡単に一言で説明すると、「ブドウを潰しておいておくと出来上がるお酒」です。

意外に思われるかもしれませんが、今も昔もこれがワイン造りの基本であることは全く変わっていません。現在ではワイン造りは「醸造学」という学問として確立されてはいますが、やっていることの大本は「ブドウを潰しておいておく」。これだけです。

これだけのことでワインが出来上がります。

ワインはこれだけで出来上がりますが、そのワインは色であったり、苦みであったり、青臭さであったりといろいろと含んでいます。なので、ここからいろいろないらないものを引いていきます。これを「醸造」といいます。

醸造で必要になる引き算のいろいろ

ワインの醸造ではいくつかのタイミングで引き算をします。そのタイミングはざっくり分けると以下のような区分になります。

  • ブドウの収穫後 ~ 発酵前
  • 発酵中
  • 発酵後

順番にみていきます。

ワイン用ブドウ栽培やワイン醸造でなにかお困りですか?

記事に掲載されているよりも具体的な造り方を知りたい方、実際にやってみたけれど上手くいかないためレクチャーを必要としている方、ワイン用ブドウの栽培やワインの醸造で何かしらのトラブルを抱えていらっしゃる方。Nagiがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

次のページへ >


サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle

あなたへのおすすめ記事

1

この記事を含むすべての記事が読み放題になるオンラインサークルのメンバーを募集中です。 醸造家の視ているワインの世界を覗く部 | Nagi@ドイツでワイン醸造家 ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的と ...

2

  2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品 ...

3

Phylloxera (Viteus vitifoliae). Woodcut engraving from the book "Gartenbau-Lexikon (Encyclopedia of ...

-ワイン, 醸造
-, , , , ,