Member 発酵

発酵に酸素は必要か?

更新日:

以前の記事”二酸化硫黄、正しく理解していますか? 2”で酸化は酸素と結合することではない、という内容のことを書きました。この内容自体は正しいことなのですが、この一方で、酸素の存在が”酸化”という現象を引き起こしやすいことは事実です。

つまり、そこに酸素があることで電子の移動が生じやすくなる、ということです。

 

酸素を完全に排除すれば酸化は防止できるのか

ワイン造りの工程のすべての場所から酸素を排除することができれば、確かにワインの酸化はほぼ防止することが可能です。ただし、酸素の介在がなかったとしても電子の移動は起こりうるため、すべてがすべてを防止できる、というものではありません。また、酸素に全く触れなくなることで様々な問題も発生します。

 

酸素との接触がないことで生じる問題としては、還元香などとも呼ばれる、代表的なオフフレーバーである硫化系の香りの生成などが挙げられますが、その最たるものが、発酵の不良です。

 

発酵に酸素は必須?

発酵は酵母の代謝活動であることはすでにお話しをしてきました(関連記事: 発酵について語ろう)。そして、この酵母というものが微生物であることもすでにご説明済みです(関連記事: 酵母ってなんですか?)。酵母は微生物であるため、その生存過程において酸素を必要とするタイミングというものがあります。

 

具体的にいえば、Saccharomyces系の酵母の場合には増殖時点において酸素が必要です。一方で、この酵母は糖をアルコールにする代謝活動には酸素を必要としません。

 

つまり、仮に発酵工程中から完全に酸素を除外したとすると、Saccharomyces系酵母は増殖は出来ないけれど、アルコール発酵自体は行える、ということになります。

これだけ聞くと、発酵過程から酸素を除外しても問題がないように聞こえるかも知れません。しかし、事実は全くの逆で、仮に特殊な手法を用いない状態で発酵過程から酸素を除外してしまったら、問題しか生じません。

 

発酵には数の力が重要

ちょっと想像がつきにくいかも知れませんが、発酵のピーク時における酵母の数は膨大です。具体的にどれくらい、という目安もあるのですが、単位あたりで軽く百万のオーダーを超えます。当然、これだけの数の酵母を人工的に添加したり、野生酵母として天然環境から取得することは通常、不可能です。

この数を満足するためには、発酵過程における酵母の増殖に頼る他ありません。

 

そんななか、発酵の工程から酸素を除外したらどうなるでしょうか?



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

先日、フランスでナチュラルワイン、いわゆる自然派ワインとかナチュールと呼ばれている種類のワインが具体的にどういうものであるべきかの定義が公式に決まった、という報道がありました。 https://www ...

2

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

3

2018年2月に行われたMUNDUS VINIの春の国際ワインコンクールには世界44カ国から6,770のワインが出品され、大賞33品、金賞1,102品、銀賞1,575品の合計2,702品がメダルを獲得 ...

-Member, 発酵
-, , ,

© 2020 Nagi's Wineworld