Member 栽培

優良畑はいつまで優良か | ブドウ畑の立地

更新日:

先日の9月12日に筆者が勤めるワイナリーで2019年シーズン初となるブドウの収穫がありました。ブドウの成長が異常に早く、それに伴い例年よりも1か月近くも収穫が早まった2018年ほどではないものの、2019年もやはり長期平均の視点から見ればかなり早いシーズンの幕開けとなりそうです。

 

このようなブドウの成熟の早期化の背景には年間平均気温の上昇があります。

地球全体での気候変動が叫ばれて久しいですが、実際にブドウの成熟過程を通して日々その変化を目にしているとその影響の大きさがまさに身をもって実感できます。

 

そしてこのような変化を目の当たりにして悩ましくなるのが、“ブドウ畑の立地”です。

 

以前、「山と川は必要か?ブドウ畑の立地条件」という記事でブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性について触れました。

今回はこれとは違った視点からブドウ畑の立地条件というものを見ていきたいと思います。

山と川は必要か?ブドウ畑の立地条件

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

続きを見る

 

ブドウ畑の立地と等級評価

ワイン産地の多くにはワインの等級を評価するシステムが存在しています。ワインの世界において“旧世界”と呼ばれるヨーロッパではどこの国に行ってもこのシステムがあり、それぞれの国におけるワイン法として規定されています。

 

その内容はドイツのように収穫されたブドウの果汁糖度によって規定しているものもありますが、多くはフランスの ブルゴーニュの制度のようにブドウを栽培している畑、つまり土地に根差した評価制度を用いています。

ドイツにおいてもワイン法では果汁糖度による等級の区分を用いていながら、VDP (Verband Deutscher Prädikats und Qualitätsweingüter、ドイツ高級ワイン生産者連盟)のように独自で畑に根差した格付けを規定し、運用している団体も増えてきています。

 

これらの制度に基づいた“格付けの高いワイン”というものは直接的にその品質が高いことを保証しているわけではなく、あくまでも決められた規定をクリアしたものが高格付けになるにすぎません。しかしその一方で、こうした格付けの高いワインほど品質的に高くなる傾向が強く、制度の裏付けともなっています。

 

高格付けの畑とはどのような畑なのか

ワインの等級を決める各制度において高格付けの根拠とされる畑はなにもむやみに選ばれているわけではありません。これらの畑は長い年月をかけて観察され、ある程度平均して高品質のブドウを産出できる土地であることが確認されてはじめて、リスト化されたものです。

 

つまり評価の高い(等級の高い)畑とは、よりよいブドウを安定して収穫することのできる畑、という意味であるにほかなりません。

そしてこの“よりよいブドウ”とは、健康状態が良好で糖度の高いよく熟したブドウ、という意味です。

 

これをより具体的に解釈すれば、

  • 風通しがよく乾燥しており、“立地として”病気への耐性が高い
  • 日照時間を確保しやすく日中の温度が上がりやすい、ブドウの成熟に適した環境

と読み解くことが出来ます。

 

少し穿った見方をするのであれば、立地が優れているために黙っていても毎年安定してある程度以上の品質のブドウを収穫することのできる土地、です。

 

なおすでにお分かりの通り、この畑に基づくワインの等級評価制度においては畑の立地とワインの格付けが同一線上で扱われています。この制度においてワインは半ば完全に畑に紐づけられている格好です。

立地に優れた畑で収穫されたブドウをもとに造ったワインであればそれは当然のこととして一定以上の品質を持ったワインになるはず、という前提がそこにはあります。

 

果汁糖度に基づく評価と立地に基づく評価は対立するのか

ここで少し横道にそれますが、最近のドイツでは従来からあるワイン法によって規定された収穫した時点におけるブドウの果汁糖度に基づく格付け制度から外れ、独自に畑の立地に基づく格付け制度を採用する団体が増えてきています。

 

一見すると対立するようにも見えるこの両制度ですが、本質的にはあまり差がありません

 

すでに書いたように、優良な畑とは立地に優れる畑であり、黙っていても安定して高品質なブドウを収穫することのできる畑です。こうした前提で高格付けとされた畑から収穫されるブドウは比較的安定して高い熟度を保つことが出来ますし、むしろそうでなければなりません。そして熟度が高いとはそのまま、収穫時のブドウの果汁糖度が高いということにほかならないのです。

 

つまり結果的には収穫したブドウの果汁糖度で等級評価を行っているのとほとんど変わらない、ということです。

 

成長と熟成の早期化の裏にある問題

昨今の年間平均気温は上昇傾向にあり、夏場などヨーロッパにおいてさえ40℃近い気温になる日が増えています。

このような気象の変化を背景にブドウ栽培の北限と呼ばれていた地域は北上を進めていますし、従来はブドウの栽培が難しかった土地でも高品質なブドウが収穫できるようになってきています。

ブドウ栽培の北限の現在

当サイトの”ドイツはブドウ栽培の北限の地か…?”という記事がありがたいことに非常に多くの方に興味を持っていただき、読んでいただけています。 こちらの記事で指摘したことなのですが、最近のワイン用ブドウの ...

続きを見る

 

また従来からあるワインの産地でも生育自体が以前よりも早く、かつ熟度が高くなり、より力強いワインが造れるようになったとこのような変化を歓迎するよう向きもあります。言ってみればこの気候の変化はかつてあった気温というボトルネックに対して地球規模でのボトムアップとして作用し、ブドウ栽培における熟度の向上というハードルを押し下げているわけです。

 

ここだけ見れば確かにブドウ農家にとっても喜ばしいことですが、実際には頭を抱える栽培家が少なからずいます。それも、従来、好立地として高い評価を得ていた土地に畑を持っている栽培家ほどその傾向が顕著です。

 

良い畑が過剰な畑になりつつある

繰り返しになりますが、従来の畑の立地に基づく等級評価制度において優れているとされている土地は

  • 乾燥している
  • 日当たりがよく気温が上がりやすい

というものです。

 

以前はこういった立地上の特徴は得難いものであり、それ自体が希少性を持つものでした。

こうした希少性を背景にワインの等級は高くなり、名声となり、そして価格となりました。希少な特徴を持つ畑の面積が少ないためにそこから造られるワインの量を増やすことはできず、そのことがさらなる希少性となって価格を押し上げ、高くて買えないものを買って飲めるという行為が飲み手のステータスの反証となってよりそのワインの格を押し上げました。

しかし昨今の気候変動はこのような前提を根底からひっくり返しつつあります。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

ワインをより深く学ぶことを目的としたサークルを運営しています。サークルメンバーの方はサークル内で行われている各種テーマでのディスカッションにご参加いただけるほか、筆者への個別の質問や当サイトNagi's wineworldに掲載された全ての記事をご覧いただけます。
ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle




あなたへのおすすめ記事

1

ワインの味を話すときによく、「ワインは畑ごとに味が違う」ということを聞いたりしないでしょうか? これ、実はものすごく当然のことです。 というか、この言説に納得している人、誤魔化されています。いろいろと ...

2

  赤ワインはなぜ赤いのか?   こんな疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか? この疑問の回答を得るべく調べてみると、割と簡単に得られるのが以下のような情報です。 & ...

3

ソムリエさんがワインのサービスをしてくださるレストランなどでワインをボトルで頼むと、コルクを抜いた後でコルクの香りを確かめている姿に遭遇します。なぜソムリエさんはコルクの臭いをかいでいるのでしょうか? ...

-Member, 栽培
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld